2017年 03月 31日 ( 1 )

過去と未来を現在につなげるストーリー

今や世界中で一体何十社あるんだろう?と言う位に、数多くのメーカーがあるフラワーエッセンス業界。

それぞれ個性があって面白いなと思う反面、一口にフラワーエッセンスと言っても作り手が違えば異なるヴァイブレーションとなり、ゆえに例え同じ花から作られていてもやはり作り手の個性が出てくるんですよね。

例えば、一体どれだけのメーカーが作っているんだというバッチエッセンス。

私は普段ヒーリングハーブスのバッチエッセンスを公私ともに使っていますが、クライアントの状況によってはFESリサーチのバッチエッセンスを使うこともあります。エッセンスの基本的な解釈はメーカーが違えど同じですが、働きかける領域が異なると私は感じるので、ヒーリングプロセスも変わってくるように思うのです。

こんなこと書いていると、なんだかフラワーエッセンス樹海にでも迷い込んだ気分。

それからプラクティショナーの個性、それはクライアントに対してどういったアプローチをしていくかがプラクティショナーによって異なるので、複数のプラクティショナーが同じクライアントとセッションを行ったとしてもそこで選びだされるフラワーエッセンスはそれぞれ。

たったひとつの正解があるのではなく、関係性の中から選び出されてるものだから、関係性の数だけ組み合わせ方があると言っても良いのでしょうね。


さて、そんな組み合わせ方に関して。

フラワーエッセンスを何種類か選んで使用する時に、ただ気になる症状に対応するものを全て選べば良いというものではありません。

「シングルレメディ(1種類のレメディ)に勝るものはない」

これはFESの講座で言われることですが、1種類だから効果が弱いという訳ではなく、最も本質的な問題にピンポイントでアプローチできるのであれば、それは鋭いレーザー光線のようにシャープに働きかけてくれるということ。

故に、複数種類を選んでトリートメントボトルを作成する場合には、1種類と同じだけのまとまりをもった選び方が出来るかどうかが大切だと言われています。

私が開発したハーモニアス・リーダーシップは12種類のフラワーエッセンスが使われていますが、12種類の花のエネルギーが散漫にならないように、いくつかの工夫がしてあります。

そんな工夫のうちの一つを体験して頂く場を作ってみようかと思いまして、久し振りにお茶会を開くことにしました。

テーマは「
過去と未来を現在につなげるストーリー

お一人づつ、花のカードを使って3種類のフラワーエッセンスを選んで、過去と未来を現在に繋いでみようと思っています。

そして選ばれたフラワーエッセンスをその場で使いながら、簡単なワークができればいいなと思っています。


場所は、私が時々強制的に(^_^;)読書タイムを設けるときに使ったりする、落ち着いたホテルのラウンジにて。

いつもと違う時間の流れも味わって頂けるんじゃないかと思います。

詳細、お申込みはこちら↓をご覧くださいね。
2017年4月のお茶会:過去と未来を現在につなげるストーリー


皆様のご参加、お待ちしております。

d0018315_17310105.jpg




いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-03-31 18:17 | フラワーエッセンスでお茶会 | Trackback | Comments(0)