2017年 04月 02日 ( 1 )

SNSと自己同一性が抱える課題

1月のセミナーで、「ヤローエンバイロメンタルソリューション(YES)は、これからも需要が高くなると思います」的な話を一瞬だけ触れました。(時間が無かったので)

その時はAYA世代(15歳位~30歳前後)のがん患者(2万人位いると言われています)の話に、これまた一瞬だけ触れました。
これは、免疫について魂が抱えるテーマと言う側面から見ると「自己の確立」と関係性があるので、若い世代の自己確立の話と関係する・・・・のかなぁ?とか思うところもあり。

現代を生きる私たちが直面する課題・・・にも関係するのかなぁとかとか思いつつ・・・・何分時間が無かった。

インターネットが普及し始めた頃から、私はインターネット環境が人に与える影響についていくつかの危機感を持っていました。でもそれは「だからインターネットは止めましょう」と言うことではなく、その利便性を取り入れつつ、如何に人の精神の健全さもまた保っていけるのか?といった個人的な興味でもありました。

とりわけここにきて急激に広まったSNSとの接し方は、とても興味深いと思っています。

最近、SNSでのリア充演出をサポートするサービスがあるんですよね、「1日いくら」とかで。ある意味自己演出さえ上手ければ、別な仮面をいくらでも被ることさえできてしまう。理想の私、自分が良いと認めることが出来る私だけを見せることも可能ですよね。

そうでなくても、現代社会は一人の人間がその場や役割に合わせて色んな顔を持つことが多い。それがいけない訳ではないけれど、あまりにも使いすぎたときに人格の一貫性を保つことが可能なのか?また、「SNS上で見せたくない私」が更に抑圧されていくのではないか?という課題がそこには潜んでいると思うのです。

まして自己があいまいな若い世代が、他者の視線をひたすら意識せずにはいられない環境に無防備にさらされるとしたら、「自分自身とは何か?」といった感覚が容易に崩れ去ってしまうのではないかしら?

それがどこかの段階で免疫に関連する病気として表れるかもしれないし、うつなどの心理的な病として表れるかもしれない。

FESではキク科の植物から作られるフラワーエッセンスが多いんですが、キク科はこの「自己の確立」というテーマに深く関連しています。これは現代人が抱える主要なテーマの一つである、と言えるのかもしれないですね。

そして
最初に挙げたYESは5種類のキク科のフラワーエッセンスが組み合わされたもので、自己の確立を助けると共にネガティブなエネルギーから守ってくれます。

こんなにも雑多な情報に自己がさらされる時代って、人類は初めて迎える訳ですよね。そう考えると、自分が認識している以上に魂のレベルでは葛藤が起きているのかもしれません。

そんなことを考えていくと、「YESはこれからも需要が高くなると思います
」といった話に繋がっていく訳なんです。(よし、繋がった)


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


バーストラウマ・セッションがリニューアル。
4月30日までモニター価格で受けられます。
バーストラウマ・セッション

4月15日(土)、4月20日(木)開催!
2017年4月のお茶会:過去と未来を現在につなげるストーリー

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-04-02 23:55 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)