カテゴリ:アートな時間( 3 )

少し映画の話を~フランス映画「ミナ」

以前、あるインタビューを受けた際に、「好きな映画は?」という質問を受けました。

その時あげたのが、ロマーヌ・ボーランジェ主演のフランス映画「ミナ」。

d0018315_23192380.jpg

好きと言うよりは、少しおしゃれなフランス映画・・・のようなオープニングから悲劇的なラストに向けての展開があまりにも心が痛くて、映画を見た後数日間、心の重さが取れなかった・・・そのインパクトがいまだに忘れられない。

今調べたら、1993年に公開されていたんですね。

この頃は、エイズと言う病気が広く知られるようになった時期。「ミナ」の前年にロマーヌ・ボーランジェが出演した映画「野生の夜に」はこの映画の監督・主演であったシリル・コラールの自伝的映画で、この映画が完成した後にシリル・コラールはエイズで亡くなっています。

「野生の夜に」で第18回セザール賞新人賞を受賞した後に、ロマーヌ・ボーランジェが主演した「ミナ」。ロマーヌがほんっとうに!かわいかった!

ロマーヌ演じるミナとエテルという、冴えない二人の少女が友情を育み成長していく姿。やがて、ミナは新進気鋭の画家として脚光を浴びていきます。一方エテルは自分が思うような結果を出せずに悶々とする日々。けれどある手段を使ってジャーナリストして出世をしていきます。でもその「手段」がきっかけでミナとはケンカ別れに。

その後芸術家気質のミナは仕事も恋愛もうまくいかず、孤独を深めていく中、エテルと再び繋がり始めようとします。久し振りに会う約束をしたものの、エテルは家族との約束を優先してミナと約束した日程を変更します。

まさかそのことがミナを孤独に突き落すとは思わずに。

その後、ミナは絶望して、自殺をしてしまうんですね。

実は、私の心を重くしたのはこの映画の更に最後に描かれるあるシーンです。

この映画のストーリーテラーを務めた、ミナのいとこの女性。ラストシーンで、この女性がスタジオらしき場所で物語を語るシーンが映し出されます。まだ彼女が話しているにもかかわらず、スタジオでは後片付けが始まります。セットが片付けられ、スタッフが去り、電気が消され。

「私はここにいるのに!私の存在を無視しないで!」

暗くなった画面から、そんな彼女の悲痛な叫び声が響く。

なんというラストだ・・・・。

「自分」という存在に伴う不確かさ、「無名の存在」になっていくこと。

それは正に、光が消えていくようなものだとも思いました。

そしてもし、ミナにフラワーエッセンスを使うとしたら、一体に何を使うだろう?

一つは輝く個人性をもたらすサンフラワー、あるいは自己を確立させるエケネイシャか、自己価値というアプローチでバターカップなのか、それとも「私はここに居てもいい」という帰属意識をもたらすマリポサリリーか。それよりもハートにアプローチして、セイクレッドハートと言う選択もあるかもしれないし・・・。

最後は結局、フラワーエッセンスに辿り着いてしまいますね(^_^;)



[PR]
by sweetflowers | 2017-04-07 23:16 | アートな時間 | Trackback | Comments(0)

珪藻アートの世界

珪藻アートと言うものを、ご存じですか?

珪藻というのは単細胞性の藻類で、肉眼で見ることはできませんその珪藻を、顕微鏡を使って美しく並べたものが珪藻アート。

ミクロな世界に広がる造形の美しさに、びっくりしました。

カリフォルニア科学アカデミーのコレクションから。

d0018315_18543438.jpg


d0018315_1855289.jpg


d0018315_18572216.jpg


d0018315_18574118.jpg


珪藻アートの職人と言われるクラウス・ケンプ氏の作品。

d0018315_18593266.jpg


d0018315_18594946.jpg


d0018315_1954546.jpg


d0018315_196266.jpg


d0018315_1961825.jpg


この一つ一つが、自然の中に既に存在していることの不思議。
[PR]
by sweetflowers | 2015-05-13 18:51 | アートな時間 | Trackback | Comments(0)

天のしずく~辰巳芳子”いのちのスープ”

料理家・作家である辰巳芳子先生をテーマとしたドキュメンタリー映画「天のしずく 辰巳芳子”いのちのスープ”」を、恵比寿にある東京都写真美術館ホールに観に行ってきました。

d0018315_10335583.jpg


観に行くことになったいきさつがちょっと面白くて、友人と会った際にたまたま数日前にテレビで拝見した辰巳先生の話をしたんですね。そうしたら友人から、「実は今日の夜辰巳先生の映画を観に行こうと思ってるんだけど、行く?」と言われ、「行く!」と答えたのがきっかけ。その日友人に会って、辰巳先生の話をしなければそんな映画があることさえ知らないでいたので、きっかけってひょんなことだったりで面白いですね。

で、映画は先生が丁寧に作り上げる「いのちのスープ」を中心に、先生の行うお料理教室の活動やその食を支える農家さん、先生のレシピで作ったスープを患者さんに届けるボランティア活動やその活動のきっかけとなる医師の話など、全編に「スープ」を中心とした活動が記録されています。

丁寧に作られたスープを口にするというのは、愛情と尊重を口にしているのと同じなんだと思います。そうしたものに触れた時、人は本当に満たされるし、自分の奥深いところが打ち震える体験をするのだろうと思うのです。そして、それがあるからこそ、自分が今ここで生きていることに喜びを感じられるんじゃあないでしょうか。

映画を観終わった後、友人は「とっても豊かだよね」と口にしていましたが、「豊かさ」とは「余裕」なんだと思います。「手間をかける」という余裕を感じるからそこに豊かさを感じるし、そしてその余裕は単なる「余った時間」ではなくて、「何に時間をかけるのか」、つまりは「何を愛し、何に自分の命の時間を使うのか」という選択の結果生まれてくるものだと思います。そこには一つの意思があるし、その人自身が垣間見えてくる。そうしたものに触れた時、人は心から豊かさを感じられるものなんだろうなぁ、と思いました。

ひょんなことから観に行った映画でしたが、本当に豊かな時間をいただきましたね。


天のしずく公式サイト


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-11-19 10:37 | アートな時間 | Trackback | Comments(0)