<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

帰ってきました!

昨日、無事日本に戻ってきました。

毎日恵まれた環境の中で、たくさんのことを受け取り、本当にあっという間に時間が過ぎていってしまいました。たくさんの花に触れ、エッセンスが作られるカリフォルニアの太陽と大地、様々な自然に触れ、感情と体を使って、頭の中だけにとどまっていた知識を自分の奥深くに染み込ませていった日々のように思います。

ここで得たものを、たくさんの方々に提供していければと感じております。

まずは、帰国のご報告まで。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-29 09:13 | インテンシィブセミナー | Trackback(1) | Comments(0)

行ってきます!

今日、いよいよ出発です。

結局直前までばたばたしてしまって、必要な買い物も昨日怒涛のように済ませました。幸いあちこち探し回らなくても済んだので、良かったデス。そして夜遅くにやっとパッキングも終わって、なんとか無事本日を迎えられました。

以前、バターカップの花は小さいけれどもチカッとした黄色がとても目立つ花だと聞いて、その光のような様がまさしくバターカップのエッセンスの持つ性質なのだということを聞いた時から、エッセンスに使われている花たちを実際にこの目で見てみたいと思っていました。そしてその花たちが育つ場所を丸ごと味わえたなら、より深くエッセンスを理解することが出来るのではないかと。

それは頭で得たものではなく、体の奥深くにしっかりと届くものだろう、という思いもあり、今回このようにそれを体験できる機会を得られたことに、大きな喜びと感謝を感じています。

セミナーに関係する方々や今回快く送り出してくれた周囲の方々、帰国後の話を楽しみに待っている家族や友人達に感謝を込めて。

それでは、行って参ります。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-21 09:30 | インテンシィブセミナー | Trackback | Comments(0)

豊かな夕げ

旬のホワイトアスパラが届きました。一緒にグリーンアスパラも。

グリーンアスパラは少ししゃきっとする位に火を通すと、食べた時に香ばしさが口の中に広がります。ホワイトアスパラは皮を剥き、芯がなくなるまでじっくりと火を通すと、甘味が引き出されてきます。同じアスパラでもその特性の活かし方はそれぞれ、なんですね。

どちらもおいしく頂いて、それぞれのおいしさを与えたくれた大地に感謝を込めて「ごちそうさま」と言えた今日は、とても豊かな夕げでもありました。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-11 21:29 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

アメリカに行ってきます

6/21~6/28まで、アメリカで行われるFESインテンシィブセミナーに参加してきます。その期間、お仕事もお休みを頂くことになっているので、今は前倒しでできることはできるだけ旅行前に済ませようとしているところです。周囲の方からも「帰ってきたら頑張ってくれればいいよ」と言って頂いてはいますが、何しろ木曜日出発なので、微妙に休む日が増えちゃうんですよね。土曜日出発だと、1週間のお休みで済むんだけどな。

そんな訳でなんだか慌しくて、それ以上に気持ちが慌しくて、進んでいるのかいないのか?といった感じのこのところ。やらなきゃと思っているあれやこれやに気持ちがそがれてしまうのが、その原因だったりするんです。でも一時にできることはどう頑張っても一つだけなんだし、と割り切って今取り掛かっているものに集中してきちんと終わらせることが大切なんですよね。

そうは言っても予定外のことが急に飛び込んでくるのもよくあること。気持ちが他のことにそれても、飛び込みの用事が終わったらまた今までしていたことに戻れば良い。そんな気持ちで進めて行きたいところです。

そしてこんな時にはインディアンピンクのフラワーエッセンス。慌しい中でも、きちんとセンタリングすることをサポートしてくれます。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-10 18:57 | フラワーエッセンス | Trackback(1) | Comments(0)

情熱を持って生きる

なんとなくですが、「情熱的に生きる」というとパワフルにエネルギーを外に発しつづけていくようなイメージを思い浮かべてしまいます。色で言うと「赤」でしょうか。けれども決してそうではないのだということに、ふと気付いたことがありました。

ある日、どうにもこうにもやる気が湧かなくなっている自分に気がつきました。それは知らず知らずのうちに自分から何かが漏れ出て行って、気が付いた時にはそこから抜け出る気力さえ残っていないような感じでした。カスカスのエンジンを無理やりかけて前に進む車のようで、一体自分は何をしているのだろうかとさえ思いながら。

ふと頭の中にカリフォルニアワイルドローズが浮かびました。その花はカップ型をしたピンクの花びらを持ち、その花から作られるフラワーエッセンスは情熱を持って人生を生きていくことをサポートしてくれるのです。その花の姿を思いながら、何故この花が「受け止める」カップ型の姿をしているのかが理解できたような気がしたのです。

この世界に貢献していくということ。それは大それた話ではなく、自分が熱意を持って取り組んだことで、誰かが笑顔になっていくことなのだろうと思います。けれどもそれは空っぽの自分では決して果たすことの出来ないことで、その為には自分の中に幸福感や豊かな気持ちであったり、知恵や知識であったり、優しさだったり、夢や希望であったり、物やお金の場合もあるでしょう、そんな提供できるもので自分を満たす必要があるのです。そして満たしに満たして周囲に惜しみなく溢れさせていった時に、初めて情熱的に生きていくことが出来るのだろうと気がついたのです。

何かをしたいと言う気持ちばかりで、肝心の提供できるもので自分を満たすことを怠っていた私が息切れを起こしていたのは、その事に気がつく必要があったからのでしょう。

カリフォルニアワイルドロースのエッセンスは、ハートを通した熱意と共に人生を生きていくことをサポートしてくれます。それは他者への自愛と共に、自分自身への愛も含んだ生き方なのだろうと感じました。
[PR]
by sweetflowers | 2007-06-02 12:39 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)