<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出し惜しみの奥に

ソニア・ショケットは、その著書「第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法」の中で、「しかし、ときどき私たちは、自分でさえ気づかない微妙なやり方で愛を出し渋ることがあります。」と記しています。

このエピソードとして、彼女の親友が自分のオフィスに置いてある大好きなセントポーリアを枯らしてしまった話をあげています。
その友人は仕事で走り回っている時にセントポーリアが少し枯れているのに気づいたものの、その時は仕事を中断することができませんでした。そして「水をやらないと」と気にかけつつも日が経っていきます。数日後、本当にセントポーリアが水を必要としている状態であることに気づきましたが、そのまま仕事を続けます。更に数日が経った時、遂にそのセントポーリアは枯れてしまったのです。

その友人はそのことに罪悪感を感じ、如何に自分が花の必要としていたことを無視していたのかに気づいたそうです。

ソニアはこの出来事について「愛を閉じ込めておくことは、花に水をやらなかったように、たましいにとっての死を意味すること」、「心ではなく、頭に閉じ込められ、エゴの法則に従うようになると、真実に反応する能力が大きく減退すること」、そして「残念なことに友人が心を開くには大好きな植物を失う必要があったこと」を述べています。

この文章が目に付いたのは、実を言うと、つい先日、忙しさにかまけてまさにこのセントポーリアと同じような状況で植物を枯らせてしまったからなのです。割と丈夫な植物だったので、過信もあったのですが、ようやく水をあげた時には既に手遅れで、枯れてしまいました。

ほんのちょっとの水遣りの手間を、どうしてこんなにも惜しんだんだろうかと思うのですが、その根底には「不足感」があるのだと感じました。

私が持っているエネルギーには限りがあって、できれば自分が望むことに集中させたいという気持ち。それは誤りではないのですが、正直に言えば、その出し惜しみしたエネルギーを全て無駄なく自分の望むことに注いでいるかといえば決してそうでもないのです。むしろ散漫になっているからこそ、不足感を感じていたのだと思います。

さて、今年もたくさんの方に支えて頂き、無事過ごすことができました。よりご縁を深めた方、新しいご縁を頂いた方、直接はお会いできなくても陰ながら支えて頂いた方々。自分が思う以上に、実はたくさん頂いているのだと改めて思い、来年は出し惜しみせずに過ごしていきたいと感じています。

今年一年、本当にありがとうございました。

皆様も、どうぞ良いお年をお過ごし下さいませ。
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-31 11:22 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

お茶会のお知らせ

フラワーエッセンスと気軽に親しむ時間が提供できれば良いな、と思いまして、この度お茶会を開くことにしました。

フラワーエッセンスが初めての方も、そうではない方も楽しくお話をしながらその世界を味わって頂き喜んで頂ければ本当に嬉しく思います。

今回は、6月のインテンシィブ・セミナーに参加した際に頂いたアファメーション・カードを使ってみようと思っています。このカードはフラワーエッセンスに使われている花々の写真と、その花ひとつひとつにFESのディレクターでもあるパトリシアによるアファメーションが記載されたカードで、まだ日本では発売されていないものです。

花はその姿、色、在り様からたくさんのメッセージを私たちに送ってくれています。何気なく選ぶ花のカードには、実は私たちのとても奥深いところにある願いを表現することをサポートしてくれます。

そんなカードと共に、新しい年を迎えてみては如何でしょうか?

お茶会の場所を提供してくださる花カフェさんのご協力で、ケーキとワンドリンクも付いています。おいしいケーキと飲み物を頂きながら、ゆったりと楽しい時間にしたいな、と思っています。

ご興味をお持ちの方は是非ご参加下さいね。私も皆様とお会いできます事、楽しみにしています。

  **** フラワーエッセンスでお茶会☆ ****

  1月のお茶会のテーマ:フラワーカードでフラワーエッセンスを選んでみましょう

  日時:1/19(土) 14:00~17:00
  場所:赤坂 花カフェ
      元はお花屋さんだったというカフェ。
      こじんまりとして落ち着いた空間で、お茶を楽しめます。
  会費:3,000円(ケーキとワンドリンク付き)
      ※当日お支払い下さい。
      ※当日選んだエッセンスをトリートメントボトルとしてお持ち帰りになりたい
        方には、ボトル代実費(400円)にてお持ち帰り頂けます。

  お申し込みはメールにてどうぞ♪
  HPにも掲載していますので、そちらもご覧下さいませ。
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-29 20:52 | フラワーエッセンスでお茶会 | Trackback | Comments(0)

積み重ねが生む幸せ

今年のうちにすっきりしておきたい、と先日美容院へと出かけました。行くとなると時間も掛かるし、ここのところ忙しかったので、ちょっと久し振りとなっていたのです。

数年前より、私の髪はOさんにお願いしています。不器用な私でもそれなりにできるスタイルにしてくれるので、パーマをかけるのか、とか、長さを、それも「今と余り変わらない長さで」とかそんな感じで伝えるだけでほぼお任せ状態です。

そんな感じで今回も長さだけ伝えると、Oさんは私の髪に鋏を入れていきます。顔の横にある髪にレイヤーが入るとそれだけで雰囲気が変わり「わぁ、これだけでも変わるんだぁ、面白いね」なんて話すと「そうなの、面白いでしょう」とOさん。

Oさんは座っているお客様の後ろに立った瞬間に、いつもぱっとその人のためのスタイルがイメージできるのだそうです。逆にごく普通に目の前に立たれて「どんな髪形がいいと思う?」と聞かれても「?」という感じで全然イメージが湧かないらしいのです。でもその定位置に立った時には、相手が何も言わなくてもその人が髪に持っているコンプレックスまでもが分かるのだとか。

「どうしてですか?」と聞くと「多分、初めて美容師として働き始めた時から徹底して訓練してきたからだと思う」との答え。

美容師になって最初に働いたお店では、カットモデルでの練習のたびに事細かく先輩に質問されたのだそうです。例えば「その人がこれから就職活動を迎える学生」といったライフステージやライフスタイルを説明し、それを考慮した結果どんなスタイリングを行ったのか。それからカットをするのもただ鋏を入れるのではなく、なんの目的でその場所にレイヤーを入れたのか、といったスタイリングの根拠も質問されるので、自分が行うこと全てが説明できるように意識的に作業を行うように叩き込まれたのだとか。また、アシスタントとしてお店に立っている時は、先輩がカットしている後ろでどんな風に鋏を入れているのかじっと観察をして、その後自分がブローをしている時に「あ、だからここをこんな風にカットしたんだ」と気が付いたり、確認したりしたのだそうです。

指摘されてへこんだこともたくさんあったけれど、それでも本当に辞めたいと思ったことはない、とも。そうして最初のお店で教わったことをその後も独自に訓練を積み重ねていって、ベテランとなった今でもそんな勉強の日々はまだ続いているのだということでした。

「美容師って遊んでいるように思うかもしれないけれど、全然そんなことない。生活全てが美容に繋がっているし、その為に例えば友人関係とか犠牲にするものも多い」とOさんは教えてくれました。そうやって何年もかけて積み上げてきたものが生み出すOさんの技術は、本当にたくさんの人を喜ばせてきたのだと思います。

「技術で仕事をするってそういうことですよね」と言うと、Oさんは大きく頷いていました。

私自身も今、自分の生活全てがセッションへと繋がっていることをしみじみと感じていたこの頃でしたので、Oさんのお話は自分への励ましのようにも思えました。

さて、全てのスタイリングが終わって、Oさんが私の後ろに立ちながら説明してくれます。「顔の横にレイヤーをいれてあるから、ほら、こうやって後ろで結んでも髪が少し残るからいいでしょ?」

長くなってきた髪を結んだ時に、ひっつめた感じにならないように、そんなこともいつの間にか計算していたようです。鏡の中のOさんに向かって、私も笑顔で答えます。

「わぁ、嬉しい。ありがとう、Oさん」

これで髪も新年を迎える準備ができました。
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-28 00:25 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

地球が丸く見える場所

12/23が誕生日なので、年号が平成になって以来、誕生日はお休みの日なのでした。そんな訳で毎年どこかに出かけているのですが、今年は太陽を見ようと犬吠崎の温泉へと出かけて参りました。海へと突き出たこの場所は、小高い丘から海を眺めると水平線が丸く見えるところでもあります。

犬吠崎へは3年程前に一度行っているのですが、今回もまたその時と同じ「ぎょうけい館」にお世話になりました。ここは海辺に立つ宿で、天気が良ければ海に沈む夕日も、また海から昇る朝日も楽しめるお宿です。なのに、着いた日は曇りで夕日は拝めず、翌朝は雨で朝日は見えず。「おかしい、天気予報では少なくとも1日目は晴れでは?私は雨女じゃ無かった筈・・・。」と、思わず一緒に出かけた友人に疑いをかけそうになりました。そして思い出す3年前。あの時も同じ、1日目は曇りで2日目は雨。もしや私はここでは夕日も朝日も見ることは出来ないのだろうか?

そんなこんなで、帰る時に頂いた宿泊割引券を手に、三度目の正直を試そうかどうかと思案中です(笑)

ところで銚子といえば(?)銚子電鉄。赤字路線ながら健気に頑張る銚子電鉄のお役に立とうと、乗ってみました。1両編成の小さな電車ですが、赤と茶色の配色が可愛い。天井を見上げると大きな古ぼけた扇風機が・・・。友人曰く「江ノ電を彷彿とさせる」だそうです。確かに家の合間をすり抜ける小さな線路といい、そんな感じかもしれません。

犬吠駅では、名物のぬれ煎餅を手焼きしています。じっと見ていると、おばさんが「あったかいのもあるよ」というので出来たばかりのお煎餅を購入。駅周辺に広がるキャベツ畑を眺めながら、まだほんわりと暖かいお煎餅を頂きました。

そんな感じで特に何をするでもなく過ごした休日。けれどものんびりとできた、いい休日でもありました。

みなさんはどんな三連休を過ごされましたか?
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-26 22:53 | My Trip | Trackback | Comments(0)

トリートメントボトルについて

先日、クライアントさんからご質問頂いたお話で、面白いなと思いましたのでこちらに書いてみたいと思います。

セッションでは選んだフラワーエッセンスをトリートメントボトルにしてお渡しします。これは遮光ガラス瓶に保存料としてブランデーを1/4、ミネラルウォーターを3/4入れた中に、選んだエッセンスをそれぞれ2~4滴垂らします。これを一日数回飲んで頂くわけですが、このトリートメントボトルを作る際に、手のひらにボトルの底をあてるように、縦にぽんぽんと何回か叩きます。こうすると中のエッセンスが活性化され、より効果的なのです。

クライアントさんからの質問は、こうやって作ったトリートメントボトルは、作る人の個性が表れるように思えるけれど、そうなんでしょうか?というものでした。

面白い話なのですが、これはどうやらあるようです。ボトルを作る際にするぽんぽん、という動作。どうやらこうやって作る間に、作った人のエネルギーも加わっていくようです。

その方の話では私の作るボトルはほっこりと何かに守られるような、そしてじっと内面を見つめことをサポートしてくれるような感じがするのだそうです。側で見守られている感じもするとか。

そしてご自身で飲んで頂く時にも、同じように活性化して飲んで頂きます。つまりは、その方がその時手にしているのは、誰のものでもない、その人だけのエッセンスになっているのだと私は思っています。

ですから、どうぞ愛着を持って、フラワーエッセンスと共に過ごす時間を味わって頂けたらと思っていますし、もしその時に大変辛いお気持ちで過ごされているのだとしても、決してお一人ではないことも思い出して頂ければと思っております。
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-17 21:13 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(6)

気になる音

癒しのハーモニーベル あなたの部屋に幸運を呼びこむCDブック
という本があります。以前時間つぶしで立ち寄った本屋さんで平積みされていて、なんとなく気になって手にしてみたものの、なんだか怪しげな感じ・・・・・。で、結局その時は買わなくて、一月半ほど経った今日。知人の家で気になる音が。「これ、何の音ですか?」と聞いて出てきたのが、まさにその本でした。

ハーモニーベルと言う、元々は楽器をチューニングするための道具を使って奏でられる音は、不思議な響きを持って体にじんわりと染み込んできます。早速購入してセッションの時にかけてみると、クライアントさんもどうやらこの音が気になる様子。時に耳障りとも言える音もあるのに、何でか気になる!といった感じのようです。

さてこの本。知人の家からバスでサロンに向かう途中で購入したのですが、それも本当に偶然でした。

どうしてもこの本が気になった私。Amazonで買えばいいのは分かっていても、できれば今すぐ欲しい。けれども知人の家の周辺にもサロンの近辺にも本屋は無かったような?ところがあったのです、本屋さん。目的の一つ手前のバス停を過ぎた直後。「あ!本屋さん」駅の出口からサロンがある方向とは反対側に小さな本屋さんがあったのです。こんなことなら一つ手前のバス停で降りれば良かった・・・・・。

さて、次のバス停で降りて本屋さんに戻ろうと思っても、かなり戻らないといけないし、いいや、帰りにでも余裕があったら寄ろう。そう思って歩き出した途端、ああ、やっぱり戻らなきゃ、という気持ちが湧いてきました。こういう時って、自分の感覚に従った方が確実なのは経験済み。なのでえいこらと本屋さんへと戻り店内へ。自己啓発書などが並ぶ辺りを見ても見つからず、やっぱりないのかな?と思い、レジの近くまで戻る途中、ふと女性向の本が並ぶ棚が目に入りました。その辺りを見ているうちに、ありました、目的の本。

こうして無事本を手に入れ、その後のセッションでCDをかけるに到ったのでした。

感覚に従って動くと、とってもスムーズに物事が運んだりします。自分の中がごちゃごちゃしていると、時に迷ったり、信頼が持てなくなったりしてしまいます。それでもその感覚は大事にしていきたいな、と思っています。
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-16 21:23 | ヒーリングあれこれ | Trackback | Comments(2)

ありがとうの月

12月は私が生まれた月です。

毎年この時期は、1年の終わりが近づく中、慌しさと共にこの1年を振り返り、そして感謝の気持ちと共に次へのステップへと踏み出す準備を行う時期でもあるのです。

そうやって振り返ってみれば、感謝することが一つも無い年はなく、ひとつ感謝をするとまたひとつ感謝したい出来事を思い出したり。どうやら連鎖するようです。

そんな訳で、別名「ありがとう月間」の今月。いつもHPやブログを読んで下さったり、またセッションに足を運んでくださった方々に感謝の気持ちを込めて、プレゼント企画を行おうと思いつきました。ほんの少しではありますが、宜しければ是非ご応募下さい。

プレゼントは赤坂にあるHana CAFE さんで購入したマンハッタンソープ。自然素材で作られた石鹸は香りも柔らかで、幸せなバスタイムが過ごせそうです。今回は「Rose」「オレンジブロッサム」「Heart to Heart」の3種類をそれぞれ1名様、計3名様にプレゼント致します。(写真は光の関係で色がいまいちなんですが・・・・)

d0018315_22584736.jpg


お申し込みはメールタイトルに「プレゼント応募」、メール本文に以下の内容を記載の上、info@sweetflowers.jpまでお申し込み下さい。

 -----☆------☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----

 ご希望の商品名:
 お名前      :
 当選発表時のお名前:(特になければイニシアルで発表させて頂きます)
 メールアドレス :
 宜しければ郁子宛に一言を!!:

 -----☆------☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----

当選された方はこちらのページで発表いたします。またメールでもご連絡させて頂きますので、折り返し送付先をお知らせ下さい。
お申し込み締め切りは12/20の20:00まで、です。
たくさんの方のご応募、お待ちしておりますね!!
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-13 22:53 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

地球的即興音楽

今日は午前中のセッションを終えた後、夕方から恵比寿ガーデンプレイスにて行われたishwishのイベントへと出かけてきました。

マイケル・ジャクソンの全盛期を支えた音楽プロデューサーのクリストファー・カレルとシルク・ドゥ・ソレイユ「KA」のリードボーカリストであるベス・クイストの二人によるグループ。今日はそれにヴォーカリストのikuko(って、同じ名前ですが、私じゃないんです。でも名前を呼ばれるたびちょっとどきどき)が加わった特別バージョン。ベスの声は本当に天と地が一直線に繋がるかのようにすぅーっと伸びていく。艶やかでしなやかで、まるで絹糸のようだと思いました。

今回CDジャケットを担当した知人から聞いた話では、ベスは天と繋がって音を下ろしてきているのだとか。(確か)

全部で3曲だけれど、その中の1曲は全くの即興なのだそうですが、そうとは思えないまとまりがあって、本当に不思議。

予定では30分の筈が終わってみると45分くらいやっていたみたいで、野外だったしかなり寒かったです。でも、年配の方が意外に多くて、お一人で来てらっしゃる方も何人か。これまた聞いた話ですが、リピーターも多いようです。

このイベントは後12/15と12/22に行われます。ご興味がある方は是非足を運んでみて下さい。でも防寒はしっかりとして下さいね。風の通り道なので、ほんと!寒いんです!!
[PR]
by sweetflowers | 2007-12-08 21:53 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)