<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夢について

フラワーエッセンスを飲むと夢を見やすくなる、と言われています。勿論個人差はありますが、最近印象的だなぁ、と思った方のお話があるので、ここに書いてみたいと思います。

Aさんは、12月からセッションに通い始めて、先日2回目のセッションを受けにいらっしゃいました。その際に、フラワーエッセンスを取り始めてから夢を良く見るようになったとお話して下さいました。それまでは、二人のお子さんのお母さんでもあり、またお仕事を持ってらっしゃるということもあって、連日睡眠時間は4時間ほど。夢を見る暇もない、といったような状況でした。

フラワーエッセンスを取り始めてから数日間は、断片的に夢を覚えているような状態で、また夢の内容も日中の忙しさを再現するようなもので、起きた時にはどっぷりと疲れている、そんな状態だったそうです。

そんな日が暫らく続いた後、モノクロのストーリー性のある夢を見るようになります。この頃になるとノートにメモして頂いていた夢の内容も、単語の羅列のようなものから、文章で数行に渡るようなものへとなっていきます。

そして更に数日経つと、今度はカラーの夢を見るようになったということで、大変驚いていらっしゃいました。

Aさんはとても天真爛漫な雰囲気を持った方で、その天真爛漫さとは逆に、大人になってからの人生は本当に山あり谷ありの人生。よくこの天真爛漫さを保ってらしたな、と思うと同時に、その資質があったからこそ乗り越えてこられたのかもしれない、とも感じています。「昔のことはあまり覚えていない」とご本人が仰るように、本当に全てを捨てて、今の生活にやっと辿り着かれたのだろうと思います。

とにかく目の前のことにただひたすら取り組む時間の中では、Aさんが本来持っている豊かな内面性を一時的に抑えることも必要だったのだろうと思います。

何ページにも記録された夢のお話をされるAさんを見ていて、フラワーエッセンスと共に過ごす時間の中で、今まで抑えてきたAさんの内面の世界が、饒舌に、そして色鮮やかに息を吹き返してきたのだろうと、感じました。

さて、Aさんに今回取って頂いたフラワーエッセンスは、体との繋がりを強く感じていただけるようにと選んだエッセンスです。ご自身の今ある体をしっかりと感じる中で、同時に夢の世界も豊かになっていくというのは面白いことだなと思います。やはり私たちは、夢と言う内面の世界と同時に肉体との繋がりも必要な存在なのでしょう。

Aさんは、やりたいと感じつつもなかなか取り組めずにいたことを、今少しづつご自身の生活に取り入れ始めています。生き生きとした夢の世界を取り戻されたAさんの、これからの変化がとても楽しみです。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-23 00:06 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

お茶会を終えて

本日のお茶会、無事終了いたしました。寒い中足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回は、皆様にカードから花をひとつ選んで頂きました。その花に関するお話などをした後に、ちょっとしたワークを行いました。ご自身で選んだ花の絵を描き、そこからご自身が受け取ったメッセージを書き記していくというものです。

「絵を描くなんて、何年振りかしら?」

そんな言葉も聞こえる中、それぞれ個性溢れる絵が完成しました。

絵を書くためにはじっとその花を見つめる作業が発生します。その中で改めて気が付いたことや感じられたこと。

それらをシェアする中で、また私も新たな気付きがあって、とても興味深かったです。

最後にご自身が感じられたことやカードに書かれたアファメーションを絵に添えて、ご自身へのメッセージカードとしてお持ち帰り頂きました。

花を描くことで気付くことがあるように、私たちの周囲にはたくさんのメッセージが溢れています。そのメッセージに気付いていくことで、その人本来の輝きを持って、この人生を味わっていくことができるのではないかと私は感じています。

そしてその為のお手伝いとしてフラワーエッセンスを使って頂けたら、それは大変幸せなことだと思っています。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-19 21:23 | フラワーエッセンスでお茶会 | Trackback | Comments(6)

伊香保へ~その3~

d0018315_22455252.jpg

さて、2日目はとても良い天気。昨日降った雪が残ってはいるものの、真っ白い雪の上に日差しが降り注ぎ、きらきらとした世界をバスで榛名湖へと向かっていきます。

榛名湖の向こうに見える榛名山を眺めていると、寒いけれどもなんだか心もすっきりしてきます。

d0018315_2257468.jpgここから高崎方面へと向かうバスに乗り換え、榛名神社へ。

ここは随分前に一度来た事があり、それ以来私のお気に入りの場所となっています。

山の中腹にある榛名神社への参道は、両脇に茂るたくさんの木々たちに迎えられるような道です。その参道のすぐ横には川が流れ、緑濃い季節には、本当にほっとするような空間となっているのです。今回はさすがにほっとは出来ませんでしたが、清々しい雰囲気は冬の空気の中、より一層際立っているように感じられます。

そこそこ参拝客はいたのですが、何故か私たちが本殿近くにいる間は人も殆どいなかったので、友人と二人ぼんやりと静かな時間を過ごすことができました。

ところで、榛名神社の山門近くに、私のお気に入りのお店があります。そこはお店の方が楽しそうに働いていて、季節によって手作りのジャムやドライフルーツ、健康茶などを販売しており、店内ではやまぶどうのジュースやオリジナルの雑穀で作られたほんのりピンク色をした甘酒などを頂くことができます。初めてここに立ち寄った時、実は店内にあるお座布団がとても清潔で、また、ふかふかと座り心地が良かったのが行き届いている感じがして、なんだかいいな、と思ったのです。

d0018315_2364876.jpgここでは甘酒で体が温まったのを良いことに、調子に乗ってこけももアイスまで食べてしまいました。そしてお土産にと買ったのがオリジナルのハーブティー。以前購入してとてもおいしかったので、今回も是非、と思っていたのです。

せっかくなので翌日のセッションにいらした方にお出ししたところ、「おいしい」と喜んでくださいました。それからこちらのお店の話になり、やはり愛情を持って作られたものは幸せだね、と納得したりしました。

今回のお土産はそのハーブティーと手作りのこけももジャムでした。どちらも「榛名神社」と書かれた金色の小さなシールが一枚貼られているだけ、という商売っ気の無さ。けれどもおいしい食事とのんびりと過ごさせてくれる居心地の良さに、今度もまた立ち寄ろう、という気持ちになってしまいます。

きっとお店の方は楽しいんだろうな。楽しく生きるって、やっぱりいいな。

そんなお土産も頂いた旅の終わりでもありました。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-18 23:20 | My Trip | Trackback(2) | Comments(2)

伊香保へ~その2~

d0018315_1911551.jpg山に近いから雪も珍しくはないのだろう、と思っていたのですが、宿の方曰く「雪が降るのは年に5,6回位」だそうで、しかも「この冬は暖かったから、今年に入って初めての雪」なんだそうです。

本当に?と思いつつ、外はどんどん雪景色となり、なんだか墨絵のようです。明日はどうなるのかしら?これってツイてないのかな?

夜になると、丁度露天風呂の前にある山がライトアップされていました。「きれいだねぇ」と言いながら二人でのんびりお湯に浸かっていると、若い女性が一人入ってきました。

「わぁ、きれいですねぇ」と声をあげる彼女。

「10時までライトアップされているようですよ」などと聞いた情報を話しながら、今度は3人で「きれいだねぇ」とまたのんびり。そしてまた一人、また一人、と入ってきて、入って来る度にみんなが山を見れるように入っている位置をちょっとずらして、また「きれいだねぇ」と言葉を交わす。

そうこうしているうちに、急に木々たちがはっきりと目に映り始めたのです。ちょっとびっくりしたのですが、さっきまで固まりのようにぼんやりとしていた木の1本1本が、その葉の形まで見えるかのようにはっきりとした色で、輪郭までもがくっきりと浮き上がって見えたのです。

何度見ても、はっきりと見えます。

「ああ、なんていきいきとして綺麗なんだろう」

その時、心からそう感じました。

隣に並んで入っていたおばさまが「毎年お正月にここに来てるけれど、雪が積もっているのを見るなんて何年振りかしら?」と呟き、最初に入ってきた女性が「雪景色が見れるなんてラッキーですね」と弾んだ声で近くの人に話し掛けます。

そうね、雪だからこその景色だものね。たまたま雪が降った日だからこそ、こんな風に見ず知らずの人と景色の美しさを共有できたんだね、きっと。

ふと、ここのところ自分はとても狭い視点で物事を見ていたのかな、と思いました。木々がその輪郭を際立たせたように、広い視野で人生を見るからこそ、日常のディテールもより際立つのかもしれません。

そしてその広い視野を支えるのは、この世界に対する驚きなのだろうと感じたりました。

d0018315_19271889.jpgさて、そんな墨絵のような景色も、翌朝には雪も止み、青空!!

2日目は榛名方面へと向かいます。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-16 19:30 | My Trip | Trackback | Comments(2)

伊香保へ~その1~



この土日に友人と二人、伊香保温泉へと出かけてきました。

d0018315_22104252.jpg一月ほど前に「伊香保温泉って行ったこと無い」などと話しているうちに日にちが決まり、宿も取り、でその日をワクワクしながら待っていたら天気予報は生憎の天気。友人と二人、苦笑い。というのも、その友人と1年程前に出かけた日光でも1日目に吹雪いた事があり、「またなの?」という嫌な予感。でも二人とも変にお気楽で「なんとかなるでしょ」と出かけたのです。

けれども、渋川駅に着いた時には残念ながらの雨。でもそんなに激しい雨でもなし、ということで伊香保温泉からバスで10分ほどのところにある水沢観音へと向かってみました。この辺りは水沢うどんが有名です。水沢観音近くに並ぶおうどんやさんの中でも、今回は「清水屋」さんで頂くことに。このおうどんやさんではメニューはざるうどんの大・中・小のみ、でとても腰のあるおうどんをごまだれで頂きます。普通は中サイズで、とお店の方はおっしゃっていましたが、いやいや、ずしりとお腹に溜まりました。

d0018315_22112091.jpgその後水沢観音にお参りし、面白半分で鐘をついたら、その予想外に大きな音に体がワンワン。でも、年の初めに煩悩は落ちた・・・のかもしれません。

さて、水沢観音の駐車場に、かわいい出張カフェを見かけました。お店のお兄さんに聞くとエスプレッソマシーンがついていた中古車を手に入れ、内装は自分で行ったとか。「写真撮らせて貰ってもいいですか?」と聞くと「じゃあ、僕写らないように隠れてますね」と隠れてくれる気遣いばっちりのお兄さんでした。勿論コーヒーもおいしかったです。

d0018315_22114568.jpgなんでも雑貨も好きだそうで、カフェと雑貨のお店を開きたいのだとか。ちなみに車の下部分にディスプレイされていたピカソの絵は、なんと100円ショップで購入したのだとか。侮れないなー、と感心してしまいました。

そんなこんなでふと気が付くと、何時の間にやら雨が雪に。それもあれよあれよと言う間に降り積もってくる。「ああ、やはり日光再びか」と顔を見合わせる友人と私。

どんな光景だったかは、次回に写真を載せますね。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-14 22:14 | My Trip | Trackback(1) | Comments(0)

お茶会準備中

19日のお茶会に向けて、只今準備中です。

参加頂いた皆様に楽しんで頂ける時間にしたいと思って、ご自身なりのカードを作って頂こうかと思っています。

と言っても、そんなにかしこまったものではないので、ご安心を♪

絵を書いたり、花から受け取ったメッセージを書いてみたり。その方なりの得意な表現で花とコミュニケーションを取って頂けたらと思っています。

そう。花をじーーーーーと見ていると、必ず語りかけてきます。ある人はイメージで、またある人はメッセージで。もしかしたら、会話ができる方もいるかもしれません!?

そんなこんなで、楽しい雰囲気で進めていけたらと思っています。

まだ枠に空きがございますので、ご興味をお持ちの方は是非どうぞ♪
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-08 23:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶

年末年始の過ごし方&一年のごあいさつ!

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えると、やはりひとつの区切りを感じます。何とはなしにそのままになっていたことに向き合ってみようかと思ったり、新しいことにチャレンジしてみようかと思ったり。新年を迎える時ほど気持ちが切り替わるイベントは無いかもしれません。

今年のお正月は家族とゆっくり過ごしたり、久し振りに高校時代の友人達と楽しくおしゃべりをして過ごしました。友人達と過ごした密度の濃い時間は、何年経っても面白いくらいに克明に思い出せたりして、そんな思い出話に現在の話が織り込まれ、笑いが尽きない時間となりました。(そしてあの頃より大人になった分だけ、ちょっとだけ真面目な話も)

東京に戻ってきてからは、疲れも出たのか微熱を出してしまい、恒例となっている大学時代のサークルの新年会を欠席してしまい、少し残念な思いも。(でも、あの集いは、万全の体調で出ないと、多分倒れる。物凄いテンションなのです。みんな大人なのに・・・。)

なのにその間何をしていたかというと、メルマガの整理、なのでした。なんとなく見る気がしなくて実に半年間も溜め続けた色んなメルマガ。たまに読んだりしていたのだけれど、自分のペースがとっても遅いので、溜まる一方。

どうしたもんだろうかと思い、決めました。

一番古いものから順に、機械的に読んでいこう。

あっち読んだりこっち読んだりせずに、順番にただ開いて、読む。開いた時にざっとみて「読まないな」と思ったものは、そのまま削除する。

そうやっていくと実にスムースに片付けていくことができました。

気が向かないものはこうやって片付けていけばいいんだぁ、と思いつつ、最初のアクションがなかなか起こせなかったりするんですよね。それってやっぱり圧倒されちゃうからなんだと思います。だから全体を眺めずに、目の前のことだけをただ淡々と。

これができれば、今年の私は去年と違う・・・・筈。多分。

そんなお正月でしたが、皆さんはどんなお正月を過ごされたんでしょう?
宜しければコメント残してくださいね。

それでは、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by sweetflowers | 2008-01-04 18:36 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)