<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花瓶に注ぐもの

d0018315_2031313.jpg

時間というのはあれば有効に使えるという訳でもなく、ふと気がつくとなんだかいつの間にか1日が終わってしまった、ということもあったりします。だからといって毎日毎日「有効に使わなくては!」と気を張っていても、それもなんだか息がつまりそう。

で、先日シンクロナイズドスイミングの選手でもあった田中ウルヴェ京さんが書いていた記事でなるほどな、と思う記事を見つけました。

念願達成力「今を大事にする」

この記事の中でイギリスの説話を紹介していますが、かいつまんでご紹介するとこのようなお話になります。

ある大学教授が学生たちの前で花瓶を取り出し、最初にゴルフボールを詰めていきます。そしてゴルフボールでいっぱいになった花瓶に、今度は小石を入れると、ゴルフボールの隙間に小石が流れ込んでいきます。さらに砂袋を取り出し、件の花瓶に流し込み、ゴルフボールと小石の隙間にぎっしりと砂が詰まっていきます。
この中のどの状態も花瓶がいっぱいの状態であるわけですが、教授はそれぞれをこう表現しました。
ゴルフボールは「人生の中でなによりも重要なこと」で、たとえゴルフボール以外のすべてを失ったとしても「自分の人生は十分に幸せだったと思えるもの」。小石は次に重要なもの。そして砂はそれ以外の「くだらない日常のこと」。もし先に人生を砂で埋め尽くしてしまったら、本当に時間を注いでいかないといけないゴルフボールが入る隙間がなくなってしまう。だから、絶対に大切なものにエネルギーを注ぐこと。そしてゴルフボールの隙間に砂が入り込んでいったように、日常の雑事は大切なことの隙間にいくらでも入り込んでいけるのだから、優先順位を考えなさい、といったようなお話です。

この例えは、とてもわかりやすい例えだなぁ、と感じました。

花瓶にたとえられた私たちの人生という枠組みの中に、もっとも中心を成すものとして何をいれていくのか?ということを、人生の中で突き付けられることがあります。それは大きな選択の場合もあるでしょうし、今という時間を目の前にいる人とともにどう過ごしていくのか?といった日常の些細な、でもとても大切な出来事の場合もあると思います。

あわただしい時間の中で、花瓶に一生懸命砂を注ぎ込むようなことをしてしまうこともあったりします。そして、そのことにさえ気がついていないこともあるかもしれません。まして砂はするすると加速をつけながら注がれていったりして、気がつくとなんだか砂でいっぱいでした、ということにも。

けれども、今自分が花瓶に入れようと手にしているものは一体何なのか?そんなことを一瞬でも考えてみることで、手にしているものを選択しなおすチャンスが来るのだろうとも思います。

今日は砂を注いでしまったけれど、明日はゴルフボールにしよう。そうやって選択を繰り返すことで、少しずつ大切なものが積み上がっていくのだろうな、と感じました。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-29 20:33 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

最善の結果

先日、自宅で使っているノートPCを新しく購入しました。

購入前に一度お店に行って実物を見て、パンフレットをもらって帰ってきました。ついでにデジカメも新しくしようと、こちらもお店の方にアドバイスを頂いて、でもその日は買わずにやはりパンフレットを頂いて帰ってきました。

で、翌週再度お店に行く前に、ちょっとしたおまじないをしてみました。といっても怪しいことではなく「最善な買い物ができますように」と心の中でお願いするだけです。

その結果どうなかったというと、予定していた機種ではなく、同じスペックで1万円ほど安い他メーカーのものを購入することになりました。というのもお店の方の「絶対こっち」という力説にあい、まぁ、そんなもんかなぁ、という感じでした。その後デジカメも購入したのですが、こちらも予定とは別の機種となりました。結果的に予定よりも多少安く買えたし、いいか。その時はそう思っていたのですが・・・・・。

さて、翌日。HPの打ち合わせの際に買ったばかりのデジカメも持って行きました。なんとなく気になったからなのですが、ちょうど1年前に行ったアメリカでとってきた花の写真が使えないかと見せようと思い、SDカードをデジカメにセットし、再生・・・・・・。あれ?できない。

何度やり直しても「初期化してください」のメッセージが・・・・。

どうしよう・・・バックアップとってないし・・・・。
前のデジカメでは再生できていたし、スロットが変わればもしかしたらまだ大丈夫かも?

でも、以前のデジカメはすでに下取りに出していて、手元にありません。

その時ふと思い出したのです。PCを買う時に店員さんが話していたことを。

「この機種だけ、SDカードスロットが標準で付いてるんです」

そうだ、家に帰って新しいPCで試してみよう。

結果、無事読み込めたのです。無事、バックアップも取れました。

そんなわけで、アップした写真はアメリカFESのセミナーに行った際に撮った、テラフローラ敷地内に咲き乱れていた花々の写真です。

最善の結果をお願いするって、ちょっと面白いと思いませんか?

d0018315_0465640.jpg

[PR]
by sweetflowers | 2008-06-25 00:47 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)

HP更新中

今のHPはVer2なのですが、今回ご縁を頂いて新たにHPを作って頂くことになりました。

今までは全部自分でやってきたのですが、デザイナーの方にお願いするのは初めて。本日第1回目の打ち合わせがあり、何からお話したらいいのだろう?と戸惑いつつも、丁寧にお話を聞いていただく中で私なりの方向性も見えてきたように感じました。

どんなデザインになるのだろう?と今からとても楽しみです。今のHPよりも少し情報量も多くなるかと思いますし、私が作るよりもずっと分かりやすい構成になるかと思います。そんなことを考えると今から出来上がるのが本当に楽しみです。

公開時期はもう少しはっきりしてきたらお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみに。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-22 22:46 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

お茶の声を聴く

とある番組で、ある茶師の方を取り上げていました。

茶師、とはお茶をブレンドする人のことですが、ブレンドと言ってもただ混ぜるのではないのです。組み合わせた時にもっともおいしくなるお茶を仕入れるわけですが、そのお茶自身は最高級の品質と言うわけではなく、むしろ欠点があるようなお茶。けれども組み合わせた時に(合組みというのだそうです)「光るお茶」を仕入れるのだそうです。そして、余分なゴミを手作業で取り除き、軽い茶葉を飛ばす作業をしたり、香りが弱い茶葉であれば火入れをしてお茶を淹れた時に最も良い香りとなるように手を加えたり、と手間をかけ、磨き上げていくのです。

この茶師の方は、競技会で上位入賞を果たし得意になっていた頃、茶師である父から「お茶が見えていない」と言われ、なんと5年と言う長い間、模索する時期があったそうです。数ヶ月でも模索する時期が続くと苦しいと思うのですが、彼は「充分に模索する時間を周囲が与えてくれたことでこの時期を乗り越えていくことができた」といったようなことを話されていました。

例えば私がその立場だったらどうだろう?
何かと向き合っていく時間を充分に自分に与えられるだろうか?
あるいは自分の周囲にそうした人がいたとして、私はその人が自分自身で何かをつかめるまで、せかさずに傍らにいることができるだろうか?

物事には時期がある、ということを私はしみじみと感じるときがあります。それは「そろそろいいんじゃない?」なんていう自分の都合とは全く別の流れの中で、何かが育まれているのだと感じます。けれどもそのことに気付けるかというと、苦しい時期にはそれがなかなか難しい。世の中の物差しの中で「いい加減この辺でどうにかしないと」と頭で考えて、なんとか切り上げてしまおうとしたり。けれどもそれは、充分な時間を自分に与えることをも拒否してしまうことになってしまうのだろうと思います。

茶師の方はお茶と向き合っていくことを、「お茶の声を聴く」と表現されていました。さて私は?というとフラワーエッセンスのボトルを前に「花の声を聴こう」としますし、「相手の方の声を聴こう」と耳を傾けます。そして「自分の内面からの声を聴く」ことを大切にしていきたいと感じています。

でも・・・・これが一番おろそかになってしまうのでした。自分自身に対して充分に時間を割いていないからなのでしょうが、そういった意味では時間の使い方にもう少し優先順位をつけていきたいところです。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-17 23:48 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

願いを叶えること

願いを叶えたい・・・・。

と言う気持ちは勿論あるんですが、あれもこれも、と次々と叶えていこうとするのは、まるでハードル競走のようで、なんだか息苦しい。

そう感じてしまう私は、少しひねくれものかもしれません。

今朝、ふと目に入った洗濯機を見て、「そろそろ新しいのが欲しいかな」とぼんやりと思いました。と言っても、どうしても欲しい、という訳でもなく、まぁ、新しくなったらいいかな?くらいの感じです。

その後ゆっくりとしていた時に、不意にあるイメージが湧いてきました。

それは、宙に洗濯機がゆらゆらと浮いているイメージでした(笑)そしてそこには洗濯機だけではなく色々なものが浮いていて、「そうか、宙にお願い事を放ってしまえばいいのだ」と思ったのです。「そうやって放たれた願いがこうやって浮かんでいるから、後は手を伸ばせばいいのだ」と。

更に「果物のなっている木」のイメージも湧いてきました。願い事が叶うイメージとはこういうことなのだなぁ、と思いました。実をならせるために、私たちは水をやったり栄養を与えたりといったことはできるけれど、果物そのものを形作り、実らせるのは「木」の仕事です。だから木に任せてしまうしかないのに、自分で頑張って作ろうとするから苦しくなるのだと感じたのです。

そうして果物が実った時には、遠慮なく手を伸ばし、そしてありがたく頂けばいいのだと思います。充分にそのおいしさを味わって、最後に感謝を込めて。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-14 19:52 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(2)

オーナーさんいらっしゃい!!

私がセッションの際に場所をお借りしている護国寺のサロンは、複合型サロンとして何人かのセラピストが利用しています。なので、色んな人が色んなことを行っていて、店内に置いてある他の方のチラシを見ては、これ受けてみたいなー、などと思ったりしています。勿論、私のチラシも置いてあります。知らなかった方は、今度いらした時にお声をかけてください(笑)

さて、ある日サロンのオーナーさんから突然セッションの申し込みが・・・・。何でも店内に置いてあるチラシを見て、いつか受けてみたい、と思っていたのだとか。(みんな一緒なんですね)

そんな訳で、先日オーナーさんのセッションを行いました。

オーナーさんは、ご自身のサロンを立ち上げる前はアパレルメーカーで働いてらした方で、きれいでハキハキとされた方。一体どんな感じになるのだろう?とワクワク、ドキドキしていたのです。いつも顔を合わせても、なんだかバタバタしていたりしてなかなかゆっくりとお話する機会も無かったのですが、こういう機会に色んなお話を聞くことができて、とても参考になりました。

こんな風に、色んな方の色んなお話を聞くことが、私自身とても楽しいですし、感動したり、感心したり、刺激を受けたり。そうした中でいつも思うのは、その人が何を考え、何を選択してきたことで今目の前にいるその人と成り得たのか、ということです。その積み重ねてきた時間を思い、そして今私の目の前にいる不思議さ。

私は人に興味があるのだなぁ、とつくづく思います。

そんな楽しい時間を頂く度に、幸せだなぁ、と感じたりしています。

サロンのオーナーさんがご自身のブログにセッションのことを書いてくださいました。
「働くサロン経営者&子育てママのブログ」
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-10 00:32 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

フリーマーケット

本日は新宿中央公園にて行われたフリーマーケットに、友人と2人で参加してきました。

捨てるのもちょっと・・・・と思っていたものを持っていきましたが、殆ど売れて、お部屋も少しすっきりしたようです。

少し笑ってしまったのが、ある男の子。「これいくら?」と値段を訊いて、自分のお財布からお金を取り出しながらふと思い出したように「安くして」と一言。続けて「お母さんから買うときは安くしてもらえって言われてるから」とのことで、どうやらそれを忠実に守っているよう。そうは言っても彼的に「どうしても安く!」という感じではなく、ちょっと安くしてあげるとあっさりと引いてくれるのがまたおかしくて、友人と二人で笑ってしまいました。

かと思えば私たちの後ろのスペースで出展していたおじさんは、近くで行われているミネラルフェアに行く前に、と何故か出展していて、そのゆる~い感じと軽~いトークで、私たちを楽しませてくれました。

ところで、件の男の子。終わる頃にまたやってきて、ひとつお買い上げ。その時もお決まりの値段交渉をしていったのは言うまでもありません。

色んな人がやってくるこういう場は、普段とはまた違った人と話せるので、結構楽しいですね。

友人は「いつでもまた参加できるよ!」とのことなので、そのうちまた参加するかもしれません。でも夏場は室内がいいなぁ。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-07 17:50 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)

7月のお茶会のお知らせ

7月のお茶会のお知らせをHPにアップしました。

今回はフラワーエッセンス入りのスプレーボトルを作ります。

スプレーボトルは体の周りにスプレーしたり、部屋の浄化用に使用したりと、手軽にフラワーエッセンスを楽しめます。例えばリフレッシュ用のスプレーボトルを作っておいて、お仕事の合間に一噴き、なんて使い方もできます。
また、小さなお子様や入院中の方など、口からフラワーエッセンスを摂る事が難しいような場合にも、お使いいただくことができます。

今回は香り付け用のアロマオイルも用意致しますので、香りもお楽しみください。

お茶会開催日時:7/12(土)15:00~17:00

場所:五反田 サロン・ド・クライス

参加費:3,500円(お茶、お菓子、スプレーボトル付き)差し入れも大歓迎です!!
    ※お菓子はお茶会で好評のそばSeed’sさん手作りのお菓子をご用意します。
     お楽しみに!!

定員:5名様まで

お申し込み方法:タイトルに「お茶会(7/12)申し込み」と記載の上、メールにてお申し込みください。
その際、メール本文に以下の内容を記載願います。

 ・お名前
  (ご一緒に参加される方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も)
 ・メールアドレス
 ・当日の緊急連絡先(電話番号)

お申し込み頂いた方には折り返しメールでお返事いたします。

毎回和やかで、とても楽しい時間を参加された方々と過ごさせて頂いており、私自身とても楽しみにしています。
今回はどんな方が参加してくださるのか、今からワクワクしています。
皆様のご参加、お待ちしております。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-01 21:25 | フラワーエッセンスでお茶会 | Trackback | Comments(0)

青いたんぽぽ

先日、赤ちゃんについてこんなご質問を頂きました。

泣き出すととまらず、抱いていると泣き止むような状態であるということ。夜間でもそれは同様で、ご夫婦で交代で抱いてあげているので、体力的にも大変きつい。
そんな赤ちゃんの為に、何か良いフラワーエッセンスはないだろうか、というものでした。

直接お会いした訳ではないので、お話を伺った範囲ではありますが、チコリのエッセンスをお薦めしました。

チコリはハーブとしても良く知られていますが、その花は美しい青色で、朝だけ咲き、そしてすぐ枯れてしまうはかなさも持ったお花です。またダンディライオンの仲間でもあり、青い色をしたたんぽぽ、といった感じでしょうか。フラワーエッセンスとしては、感情的に何かをとても必要としていて、その必要を満たす為にネガティブなやり方で相手の興味を引こうとしてしまうような状態の時に使っていきます。

チコリのフラワーエッセンスの持つテーマは、「手放すこと」「解放すること」です。それはチコリの花の命の短さのように潔く、そしてぱっと開いた花びらのようなふんだんさをもって、その方が本来持つ深い愛情を表現していくことをサポートしてくれるのだと思います。

今回ご相談いただいた赤ちゃんは、ご両親からの関心を泣くことで得ようとしていたのかもしれません。けれども泣くことを止め、笑顔を見せた時、とても大きな喜びを今度はご両親にプレゼントしてくれるのではないのかな、と思ったりしています。
[PR]
by sweetflowers | 2008-06-01 01:08 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)