<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

親子になる

先日の講座でこの1ヶ月間を振り返って体験したこと、感じこと、気付いたことなどとシェアして頂いた時のお話です。

お一人の方が「父と親子になってきたなぁと感じました」といったお話をして下さいました。

「親子になる」ってちょっと不思議な響きです。

「親子は親子」

そう思っていたけれど。

「親」だから、「子供」だから、愛せる訳でも愛される訳でも、理解できる訳でも理解される訳でもない。

一人の人間としてお互いにそれぞれ存在している。

そんなことを、つい忘れてしまったりするんですよね。やっぱり。

「理解なんてできる訳ない」と思っていても、ある日ふと、「親は親なりにそうなんだなぁ」とか思ったりして、なんとなく許せるような気持ちになったり、そんなにこだわらなくてもいいように思えたり。

「親と子」だからこそ、自分と同じであるように無意識におもってしまったりして、期待が大きくなってしまうのかもしれません。お互いに。

けれども、色んな体験を重ねていく中で「自分」というのが見えてくると、ほんの少しづつでも「親」と「子」に別れていくんじゃないでしょうか。

そうして初めて一人の人としてお互いを見ていけるようになってくるんでしょうね、きっと。

そして、一人の人間同士になった時、再び新たな関係を作り直していく。そんなことを繰り返して「親子」になっていく。何度も何度も生まれ変わるように。

そう、関係性はいつも新たに生まれ直すことを繰り返していく中で深みが増していくんですね。


さて、親子関係に対するフラワーエッセンスはいくつかありますが、今回は「再誕生」をテーマとする「イブニングプリムローズ」のフラワーエッセンスをご紹介します。和名で「マツヨイグサ」とも呼ばれるこの花、婦人科系の症状に効果があるといわれる「イブニングプリムローズオイル」もこの花から作られます。

母親の胎内にいる頃から乳児期までの間は、母親と子供はとても密接な関係にあります。「私はあなた」で「あなたは私」という一体化した状態の中で、子供は無意識のうちに両親、特に母親からの影響を強く受けます。この頃に受けた感情的な影響は本人の意識できないところにあり、母親の中に子供を産むことに対する抵抗感があったりすると、子供は無意識のうちに自分が拒絶されているような感覚を内に抱くこともあります。

そうした感情を癒してくれるイブニングプリムローズのフラワーエッセンスは、「望まれて生まれてきた」という感情的な栄養を与え、まさに再誕生とも言えるプロセスを促してくれます。結果的に感情的にオープンになり、安定した人間関係を結んでいけるようになってきます。

「言わなくても分かっている」

一番身近な人ほどそんなことを思ってしまったりしますが、そのいちばん身近な人に対して感情をオープンにすることができたら、それはとても大きな喜びなんじゃあないかとも思うのです。




いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-03-20 21:24 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

花咲くとき

d0018315_1055828.jpg梅の花が咲いていました

雪解けまではまだ遠くとも

誰に信じてもらわなくとも

花は己が花咲くときを知っているのです

そして、その時がきたら

逆らうことなく

ただ流れのままに

花咲くんですね




いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-03-11 10:57 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

「スピリチュアルと物理学」 スペシャルセミナー in 東京&大阪

物理学・・・・というと、なんだか縁が無いなぁ、と感じることないですか?

でも、フラワーエッセンスの働きを理解していく上で物理学の理論が役に立つってこと、ご存知ですか?

学校で量子の話を聞いた時、そして全てのものが振動していると知った時、そしてそして色というのは周波数によるのだと知った時。

この世界を成り立たせているものは決して確固たるものではない、と思いとても不思議に感じたものでした。

さてさて、ここで少しばかり不思議なお話をします。

今まであまり表では話してこなかった話です。

何しろちょっと不思議な体験なので・・・・。


高校を卒業した年の3月。

家の近くにある五叉路で、自転車に乗って信号待ちをしていた時でした。

信号が青になったので片道2車線の道路を横断しようと思ったのですが、急に世界が色を失い、「あれ?」と思って周りを見回すと、赤信号で止まっている車は勿論、反対側にいる人も車も動かないのです。

「時間が止まってる?」

ふとそんなことを思ったその時、右手の方から猛スピードで車が走ってきたのです。そして私の目の前を赤信号を無視して走り去っていきました。

そして、その車が走り去った途端、世界が色を取り戻し、同時に止まっていた全てが動き出したのです。

あの時。

信号が変わってすぐ横断歩道を渡り始めたら、私、その車に撥ねられていたかもしれません。

その時は「あら、良かったわ」位なもんでしたけれどね。

色と周波数の話を知った時に、ああそうようね、動きが無くなると色が無くなるよね、と思いました。録画した画像を一時停止させるとちょっと色が落ちるような、あんな感じですね。

フラワーエッセンスの講座では色のお話もします。同じ種類のお花でも黄色いお花を使うのと白いお花を使うのとではエッセンスの持つ性質が変わってきます。ですから、色がもつ基本的な性格を知るというのは大切なことなんですね。

そう、物理学とフラワーエッセンスの世界って決して無関係ではないんです。

ホログラムの話とか(FESフラワーエッセンス基礎講座でお話したこと、覚えてますか?<受講生のみなさん。そう、「知識ひけらかし系の話ですよ~」(笑)と言ったところです)、固有振動数の話とか、そんなことを知ると「ああ、そうなのか!」と納得できたりするんですね。

でもでも、「思いっきり文系です!」という私だったりあなただったりが物理学の本を読むのはちょっと(いや、かなり?)ハードルが高い。

とは言え、興味はあるし、って言う方に。

私が参考にしているのがこの本↓

“物理学者のセラピスト”がやさしく教える スピリチュアルと物理学

柊木匠 / BABジャパン



そのものずばりのタイトルですが、分かりやすいのでおススメです^^

そして、著者の柊木匠さんのセミナーが東京と大阪で開かれます。

<「スピリチュアルと物理学」 スペシャルセミナー in 東京&大阪>

東京は3/25(日)に開催されます。私も参加予定。興味のある方は是非、会場でお会いしましょ~♪




いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-03-09 18:17 | ヒーリングあれこれ | Trackback | Comments(0)

自分が気付かずにいた部分を教えてくれるのは

自分というものは分かっているようで分かっていない。

そんなことに、ハタと気付かされる瞬間というのがあります。

そしてそんな瞬間はいつも他の人からもたらされるようにも思います。

そう。

「私」という存在がいったいどんな存在で、どんな可能性を持っているのか。

それは、人や出来事といった体験を通して初めて認識できるんですね。

さて、先日ブログに掲載したいということである方からインタビューのお申し込みを頂きました。

「いいですよ」と軽~くお答えしたものの、いざ送られてきたインタビューメールを見て・・・・・。

「これは・・・・・かなりしっかりとインタビューして下さるんですね」とその時になってやっと実感いたしました。

ちゃんと事前に他の方のインタビューページを提示して下さっていたんですけどね、で、ちゃんと私も拝見させて頂いたんですが・・・・何故なんでしょうね、あのたじろぎは(笑)

でも質問に答えていく中で、ひとつ、またひとつ、と自分の中に整理されて収まっていくような感じで、「自分が気付かずにいた部分を教えてくれるのは、やっぱり人なんだな」なんてことを思ったりしました。

そんなたじろぎながらもお答えしたインタビュー。宜しければこちら↓でご覧になってみて下さいね。

夢咲璃いさまのブログ
【愛と光の女神達】 第3回 フラワーエッセンスプラクティショナー 小松郁子(こまつ いくこ)さん


今まであんまりお話してこなかったこと、お話しています^^



いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-03-05 23:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

フラワーエッセンス・メールセッションモニター体験談3

「ダイエット」をテーマとしたメールセッションモニターを継続して受けて頂いている方の感想が届きましたので、掲載します。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

<メールセッションモニターのご感想 A・O様>

使用したフラワーエッセンス:
ヘザー(バッチ)、シャスタリリー、セージブラッシュ、ハイビスカス(以上FES)



今回は、前回と違って、ボトルがあっという間に終わりました。

ダイエットですが、今回は±0です。
それはないよ、と言われるかもしれませんが…

一旦、ものすごいリバウンドをしました。
それで、元に戻ったのです。その差は-1.4です。

リバウンドすると永久に増えそうになるのを、上手くかわせた、と思います。

また、今回は「無」とか「空」を感じる事が多く起きました。
喜び事が無に帰ったり、予定していたことが今までにない理由で全部流れてしまったり、今までの努力が全く報われない、とか、本当にありえない、と叫びたくなるくらいの一カ月でした。

とかくこういったことが起きると、私は甘い物に依存をしがちです。それも、気がつかないうちに。

ところが、今回は、甘い物に依存したものの、3日目くらいでしょうか。
とにかく「体中が甘ったるくて気持ち悪い」と、どこか体がスッキリしない、この状態はよろしくない、という指令が頭に飛び込んできました。
何故だろう?と考えたら、無意識に甘い物依存をしていたのですね。
それで、一気に全部やめることはしないけれど、気をつけることにしました。そうしたら、ゆるゆると抜けられました。

心の中のモヤモヤを空っぽにすることは難しいけれど、自分が努力した事で、それが悔いなく対処をしたにも関わらず物事が無に返るのは、自分の責任ではないから、無意味に自分を責めたりはせず、あっさりと手放す、そんな潔さは、とかく集団生活の中では難しい時もありますが、自分を大切にするためにも、これからも必要だな、と感じました。

なので、今回のテーマ、実は心のダイエットだったのかもしれません。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

前回のコンビネーションを飲み終えた後、ご自身の女性としての部分を強く意識するようになったとのことでしたので、女性性を中心に、また新しいご自身への移行を進めていくことをテーマにフラワーエッセンスを選びました。

そんなフラワーエッセンスの中でA.O様が強くその効果を感じたのは、セージブラッシュだったようです。

新しいライフスタイルへと移行するときに、それまでと同じものをもったまま移行するというのは時に難しいことがあります。今まで手元にあったもの、作り上げたもの、積み重ねたもの。そんなものを一度全て手放して、自分の内側に新しいものが入ってくるスペースを作り上げることが必要になります。

セージブラッシュのフラワーエッセンスはそうした過程を助けてくれますが、このプロセスはそれを手放す本人にとって辛さを伴うことも多いかと思います。

けれども、そうしたプロセスの中で自分なりにその出来事を理解し、腑に落ちる体験をすることで、手放したものは「智慧」というものに形を変えてその人の内面に新たな豊かさをもたらしてくれるのですね。

無くなる訳ではなく、その人そのものに加わっていくことでスペースを空けていく。

そんな風に考えることもできるんじゃないでしょうか?

A.O様の体験を読みながら、そんなことをふと思いました。

A.O様、体験をシェアして頂き、ありがとうございました。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

 メールでご相談頂けるフラワーエッセンス・メールセッション。
 お忙しい方、外出が難しい方にもお薦めです^^

   「フラワーエッセンス・メールセッション


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2012-03-01 21:13 | フラワーエッセンス体験談 | Trackback | Comments(0)