<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「学ぶ」スタイルにも色々あって

そそっかしいなぁという自覚はあるものの(そう、先日も友達と一緒に歩いていて段差で見事にこけました)、改善される気配は一向に見えません。まぁ、そもそも改善しようという気があるのか、という問題もあるんですけどね(^^;)

さて、「学ぶ」と言うこと。

これもまた、なかなか奥深い話です。

このテーマに関するフラワーエッセンスも色々あって、一言に「学ぶ」と言っても実は様々な要素が絡み合っているのです。

ところであなたは、今までの人生の中でどんな学びのスタイルを取ってきましたか?

これは学ぶスタイルにも癖がある、と言うことなんですが・・・・。


私の友人は、大きな壁(これは勿論本物の壁ではなく日常に起きる課題とか問題という意味ですが)を作って、そこに体当たりをした上に突破する、という学びのスタイルをとっていました。

課題や問題というのは起きてくるものですが、それに向き合うときに自分に対してわざわざ心理的なハードルを掲げるんですね。「体当たりして突破するぞ!」と自分に言うことで力がわいてくると同時に問題を問題にしてしまう。もしかしたら、単なる対処すべき出来事の一つだったかもしれないのに。

この物事に向き合う時に無条件に「体当たり→突破」となっていた思考パターンを、「それ、わざわざ体当たりしなくてもいいんじゃない?」という私の一言で「確かにそうかも」と友人ははっとしたんですね。それで無条件に反応するのではなくて、そこで違うやり方を考えてみるという選択肢が増えたんです。

私自身について言えば、関連する情報を集めようとする傾向があるかなぁと感じています。広く集めて、その上でそこに共通するエッセンスが浮かび上がってきたところで自分なりに結論を出していく、というスタイルをとることが多いでしょうか。

仮説と検証を繰り返す方法を取ることもありますね。

こうしたスタイルを取っているから、好奇心が旺盛なのかもしれません。

学びのスタイルは、色々あると知っていくこと。そして学ぶことのスタイルを自分なりにバランスを取っていく。それは同時に自分の体験する幅もまた広がっていくと言うこと。



学びについても、自由自在でありたいものです。






☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-31 20:01 | 幸せな人生を生きるヒント | Trackback | Comments(0)

「感情は信用できない」というあなたに

「感情は信用できないから嫌だ」とセッション中にクライアントから言われたことがあって、何が信用できないかというところころ変わるから、なんだそうです。故に「感情は面倒くさい」とも。

「気分屋」という言葉はあまりポジティブな意味で使われないですし、確かにそうだなとは思いましたが・・・・・にもかかわらずその方は感情を扱うフラワーエッセンスのセッションを受けている事態でして、割と真剣にどうしたものかなぁと考えていました。

感情を恐れる人というのも、割といるんですよね。でも、本人はそのことを自覚していなかったりするんですが。

自分が望まない感情がわいてきていることに気付いてしまうとまずいとばかりに押さえ込んだり、また育ってきた環境の中である特定の感情を表現しないように強制されたり(「男の子なんだから、泣くのやめなさい」と親から注意された、なんていうことですね)、感情的な他人のせいで嫌な思いをしたといったような体験から感情表現に対する嫌悪感を持つといったことがあるんですよね。

それから、人によっては感情に飲み込まれ、自分で自分をコントロールできないことに対する恐れが根底に潜んでいる場合もありますね。

「コントロールをしたい」という欲求は安全欲求からくるので、なかなか手放していくのが難しい部分でもあるんですが・・・・。

自分の感情に対して安心感や信頼感をもてないと、自己信頼につながっていかないんですよね。

とてもロジカルなタイプの場合、自分の中にわいてきた感情を感じきる前に思考で分析して理解をすることで(それが本質的な理解に必ずしもつながっていないという問題もまたあるのですが)、安心を得ようとすることがあります。

得体の知れないものって、怖いんですよ。だからたとえ理解が間違っていようがなんだろうが、自分なりの見解を得られればとりあえずエゴは安心するんです。

逆に言えば、それだけ感情のパワーを恐れているとも言えます。

一見ロジカルで冷静に対処しているようですが、表現されなかった感情は必ず表面に出てくる道を探します。

ある人はセッションで話し始めると、いつも震える声で泣きながら話しました。まるで自分の中に押さえ込まれていたものが、声というヴァイブレーションに揺さぶられ、溶けだしてくるようでした。自分の感情を自由に表現できるようになると、こうした状態も無くなってきます。

さて、感情を自己信頼を得るためのツールとして使っていくにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは自分の感じていることを素直に認めていく、ということが大切です。

別に誰かに宣言する必要は無いわけですから、「こう感じてるんだな」と認めていくことを続けていって「どんな感情でも認めることでひどいことは起こらないらしい」と腑に落ちてくれば、感情表現に対する恐れが軽減されてくるかと思います。

同時に恐れを感じたときには、なにが起こることを恐れているのか、その部分を見ていけると良いですね。

認めることができるようになったら、次は自分一人だけの安全な場所でわいてきた感情を感じきる練習をしていきます。

そうやって感情を感じていって、時には痛みを伴う感情もありますが、それでも感情を自由に感じて味わえるようになると、どんなことが起こると思いますか?

その時には、感情の自由さがあなたの中に取り戻されてきます。

そしてそれは感情だけではなく、あなた自身をも自由にしていく方法でもあるのです。





感情は怖い・・・・という思い、少しは楽になりましたか?


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-26 20:10 | 幸せな人生を生きるヒント | Trackback | Comments(0)

感情表現には色々な方法がある

自分の感情とどう付き合っていくのか、と言うことは、人生の質をあげていく上でもとても大切なことです。

感情的なことは好ましくないとばかりに押さえ込んだり、過剰にコントロールしようとすると、胃痛や歯ぎしり、アレルギーといった身体症状として現れたり、精神的な抑鬱傾向として出てくることがあります。

また笑顔が堅くなったりする方もいらっしゃいますね。

「この人はかなり感情を押さえ込んでいるんじゃないかなぁ」と感じた方がいて、胃の辺りに触れてみるとパンパンに張っていて固かったんですよね。こういうときは、インナーチャイルドのケアが必要なことも多いです。

感情は抑えたりコントロールするのではなく、上手に表現していくことが大切です。

なんですが・・・・・表現には色々な方法があることはご存知ですか?

例えば、怒り。

あまり激しく表現するのは、とためらわれる方もいらっしゃいますが、手足をバタつかせるだけでもかなりすっきりとするんですよ。あの、子どもが寝転んで駄々をこねる感じですね。

それと怒りの持つパワーはかなりのものです。これを有効活用するというのもひとつの方法です。

私、実は怒っているときに物凄い集中力がでるんですよ(^^;)

なので、「やりたいけれど今ひとつやる気が出てないなぁ」とかやり切るパワーが出てこないようなものを実現化する方向に怒りのエネルギーを向けたりします。

普段はのんびりしてるんですが、こういうときにやたらと負けん気の強さが出てくる自分の性格が分かっているので、そっちの方向に向けるんですね。

車の運転と同じで、自分が行きたい方向にハンドルを向けたら、あとはアクセルを踏みます。

そう、感情って抑えるだけじゃなく、望む方向に向けてアクセルを踏んだっていいんです。思い切り発散させてしまえばいい。

昔、会社で働いていた頃。提出した資料をお客様からメッタクタにけなされて、「ばっかじゃないの!」とか心の中で悪態つきながら(^^;)修正した資料を翌日持っていき、逆に大絶賛を受けたということがありました。「ありがとうございます」とニッコリしながら、内心、ガッツポーズでしたよ(笑)

健全なんだか不健全なんだか分からないような感じですが、でもそういう使い方もあるし、自分の中でため込んでしまうよりずっと建設的じゃないかと思います。

感情の表現の仕方は、本当に様々です。その引き出しをできるだけバリエーションを持っておくと、心も人生も豊かになっていくんですよね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-25 19:45 | 美しく豊かな人生を生きるヒント | Trackback | Comments(0)

花粉アレルギーとおばさま方との関係性

人というのは常に周囲の人達や社会とのつながりの中で自分を見出し、成長していく生き物だと思います。

フラワーエッセンスでもそうした自己と社会との関わりをどのように持っていくのか、また人間関係でいえば幅広い関係性だけではなく恋人や夫婦といった親密な人間関係の中で如何に自己開示をしハートtoハートのつながりを作っていくのかといっところも癒やしのテーマとして扱われていきます。

日本では集団の中で個性を埋没させて生きていく方が都合が良いことも多いですので、そうした個性を如何に本来の自分に沿って表現していくのか、といったことがテーマになる場合も多いですね。

ずっと親の言う通りに生きてきて、でもその部分をセッションを通して深く深く見ていったら実は死にたくなるくらいに辛いと感じていた、そんなことに気付く人もいるくらい自己を表現していくことというテーマは奥深いのです。

社会と自己との関係性を扱うフラワーエッセンスのひとつとして、ゴールデンロッドというエッセンスがあります。このエッセンスは自我形成が弱く、周囲の影響を強く受けやすい人に使っていきます。

それは例えば、本当はそれはどうかなぁと思っている行為を周囲から浮かないためにしたくもないのにしている(これは思春期によく見られる集団で反社会的な行動をとるようなこともそうですね)とか、人の期待に無意識に応えようとしてやりたくないことをやってしまうとか、そんな状態の時です。

ある人は秋に花粉アレルギーの症状がでるということで、相談にいらっしゃいました。趣味のサークル活動の中でパワフルなおばさま方との距離感をどうとるかで悩んでいると言うことでしたので、このゴールデンロッドを試していただきました。

エッセンスを使っていく中で、おばさま方がその方の許容量を超えて内面に踏み込んできたと感じるとアレルギー症状がでることに気付いたことで、それからは何を言われようとも自分のペースを取るように心掛けるようになったそうです。

そうです。ゴールデンロッドは実はこうした強さも与えてくれますし、同時におばさま方を上手にあしらうしなやかさも与えてくれるんですね。

強さだけでいってしまうと、それはそれで新たな問題になったりしますもんね。

このバランスの良さがフラワーエッセンスの魅力かもしれません。

人間関係は時に面倒なこともありますが、同時に他人を通してこそ知ることができる自分というものもあります。

そしてフラワーエッセンスは面倒なことを避ける方向ではなく、自分が本来持っているものを十全に生きていく方向へと促していくものです。

それは時にチャレンジにもなりますが、だからこそそこを乗り越えたときには多くのものをもたらしてくれるんだろうと私は思っています。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-24 20:13 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

花たちが与えてくれる時間

人と人との関係性の中で生まれてくるものは、時に思わぬものを見せてくれます。

私はフラワーエッセンスを通してその人の人生を垣間見ますが、これもまた考えてみると不思議なことです。だって、その人と私の間でしか見ることができないものが生まれてくることがあるんですから。

パートナーとの関係性をより良いものにしたくて、セッションに通ってきていたある人。

数回のセッションを経て、ある日その彼と別れることを決めました。

その時私が彼女からお願いされたのは、その別れの時をお互いをいたわり合うような時間にしたいということ。だから、そんな時間を過ごせるようなエッセンスを、と言うのがオーダー。

ひとつは別れの時という自分自身が崩れていくような時でも本来の自己を保てるようにとエケネイシャを、またひとつは優しい言葉で語りかけることができるように、それから相手の言葉を暖かく受け止めて心のこもったコミュニケーションができるようにとカレンデュラを。

そして最後のひとつは、無私の愛をもたらして豊かな母性で包み込んでくれるスプレンディッドマリポサリリーを加えました。

スプレンディッドマリポサリリーを加えたのは、そのエッセンスを使うことで私自身がパートナーとの関係性の中で相手をさらに深く理解する方向へと向けていってくれた経験があったので。


さて、翌月のセッションに現れた彼女が、こんな報告をしてくれました。

それはお互いが優しいもので包み込まれるような感覚の中で、ハートとハートを共有し、二人で過ごした時間を慈しむような時間を過ごすことができたということ。そして愛と感謝にあふれた時間を最後に二人で過ごせたことが、彼女が前に進んでいく後押しになったということ。


花たちが与えてくれる時間は、愛と優しさにあふれているな。

そう感じました。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-20 20:31 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

過去に感謝を、未来に祝福を

甘い香りのハニーサックルが咲く季節となりました。

ハニーサッルの花は筒状になっていて甘い蜜が吸えることから、和名では「スイカズラ(吸い葛)」と呼ばれています。その葉と茎は抗菌作用や解熱作用があるとされ、漢方薬では「忍冬」という名前なんだそうですが、これは常緑性で冬の間も葉を落とさない姿が冬場を耐え忍ぶようにみえるからのようです。

ハニーサックルのフラワーエッセンスは昔を懐かしむあまり今や未来に対して気持ちが向かず、正に過去に生き続けているような人に使っていきます。

ハニーサックルやゴースなど冬場を堪え忍ぶ花は、春になると思い切り花の内側から甘い香りを放ちます。辛かった冬の時期を嘆き続けるのでもなく、寒かった時期に引きづられて花咲くことをためらうこともなく、今を生きる喜びを前面に出し切っているようにも思えます。

それはハニーサックルが過去の甘い思い出に浸るのではなく、今現在を思い切り生きることでそこにもまた甘い喜びがあることに気付かせてくれることにもつながっているようです。

フラワーエッセンスを通して人の感情に向き合っていくと、過去のその人と出会う時があります。

その時私が意識することはその人の過去の出来事ではなく、出来事によってその人がどんな思い込みを持ったり感情を味わったのか、或いはどんな思い込みや感情のアンバランスさがあってその出来事がその人の人生に現れてきたのか、の部分になります。

そういう意味では過去の出来事すべてをなぞる必要もなくて、その人が「あ、そういうことか」と気付くことができれば良いのです。

過去はあなたの味方であって、あなたの可能性を制限するものではない。

それは私の信条のようなものかもしれません。

と同時に大切なことは、その出来事やそのときの自分に、そしてそれでも今まで生きてきた自分に対して感謝や愛する気持ちが湧いてくることかなと思っています。

感謝は全ての出来事をあなたの智恵に変えてくれる、とても豊かな土壌を作ってくれるので。

それから大切なことがもう一つ。

今とこれからのあなたに祝福を。できれば関わった人たちやあらゆるものにも。

それは「もっと幸せになりますように」と願うことですが、同時に自分自身にも「幸せになる許可を与える」と言うこと。

これ、やってみるととてもパワフルですよ。

私はこれで、自分の人生の根本にあった思いに気付くことができたので。

過去に感謝を、未来に祝福を。

そしてそれは今を生きるあなたの幸せに。


あなたの人生が喜びに溢れますように。






☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-19 18:23 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

リトリートその2

フラワーエッセンスを長年使っていると、ある日ふと「これは数年前に使ったあのエッセンスの働きじゃないかしら?」と思うようなことが起きてきます。

その時ははっきりと変化として感じられなかったものが、数年かけて自分の人生に働きかけてくる。それはそのことに気付いていけるだけの器が自分の中に出来上がるのを待ってくれているような、そしてその器が育つように人生を後押ししてくれるような、そんな感覚です。

取り分けレンジオブライトシリーズのエッセンスは、非常にスケール感が大きいものも多いように私は感じています。

ある一時期、ルーピン(自分の個人的な欲求ではなく高い視点からコミュニティに関わっていく)やトールマウンテンラークスパー(高い視点に立ってリーダーシップを発揮していく)といった社会とどのように関わっていくのかをテーマとしたフラワーエッセンスを集中的に使った時期がありました。

その時々で気付きがあったり、不要なものを手放す体験はしましたが、それらのエッセンスがいったい私をどこに運ぼうとしていたのか?を実感したのは昨年くらいからでした。

それらのエッセンスの中で特にインパクトがあったのが、モンクスフード。

使っている時期はとにかく大変でしたが、今の時期になってようやくモンクスフードのエッセンスが私にもたらしてくれたものを理解できるようになってきました。

そしてそれは私の癒やし手としての在りよう、それは「ただクライアントの前に立つ」と言うことを一段階押し上げてくれたようにも思います。

本当の私というものはいったい何者なのか?

そんな問いかけをモンクスフードは以前、私に投げかけました。

数年かけてその答えを知り、それを自分自身に織り込んだ。

そんなことを行ったリトリート後半。かなり充実した日々でもありました。




そして、ふと思ったこと。

こうした体験を直接シェアする場をこれから持とうかな?

ということで、多分、近々お話会を開こうかと思います。

詳細はまた、そのうち。





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-15 17:10 | ヒーリングあれこれ | Trackback | Comments(0)

リトリートその1

GWも終わり、明日から本格的に仕事が始まる方も多いかと思います。

私は、かなりゆっくりと過ごすことができたGWでした。

自分なりに前半、後半、そしてクロージングと期間を分けて自分と向き合うリトリートを行ったお陰で、とても深い気付きがありました。

リトリートを始める前に、「これから仕事のやり方が変わるかもしれない」とふと思いました。

活動的に動いていく、それは時に本来人生を流れているリズムを無視してでも成果を得ようともがくことへとつながっていきます。それはとても消耗するし、周囲からのサポートも得られないと感じて孤独を味わうことへもつながります。

けれど、流れを信じて委ねることは言葉で言うほど簡単でもなく。

それは「このままいったら大変なことになる」という恐れと常に向き合うことですし、自分が状況をコントロールできないという恐れとも向き合うことになるから。

前半は、第2チャクラの持つパワーがテーマとなりました。

身体の下腹部辺りに位置するエネルギーセンター、第2チャクラではコントロールというテーマがあります。人生に様々なものを引き寄せてくるのも、第2チャクラの働きです。人を引きつける魅力のある人はこの第2チャクラのパワーを使っているわけですが、それを必ずしも健全に使っている人ばかりでもないんですよね。

ただ、やり方はどうであれパワーそのものを否定してしまうとそれを自分が使っていくことができなくなってしまいます。あくまでもやり方の問題であって、パワーそのものを否定することではないんですよね。

第2チャクラはまた、人間関係を通して自分が学ぶべきことを鏡のように映し出す働きもあります。

あなたの学びはまた、私の学びでもあるのです。そして私ができることは私自身に働きかけていくことだけなので、私は私の中にその学びをみて癒していく。

嫌だと思ったのであれば「じゃあ、自分はそのパワーをどう使うことで社会に役立てていこうと思っているのか?」、そんな視点でみていくことでパワーに対する抵抗感が薄れてきます。

そんな所から始まって、第2チャクラとサイキックなパワーとの関係性について自分なりに認識を深めていきました。

私の場合、本を読むだけではなくどうしてもこうやって自分で人体実験(笑)しながらでないと、腑に落ちてこないんですよね。そう言う意味でも、あくまでもプラクティショナーなんだと思います。

さて、そうやって認識を深める中で数年前に使ったフラワーエッセンスのひとつが、後半のテーマとして浮き上がってきました。

ちょっと長くなってきたので、その話はまた次の記事で。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年3月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. せっかくだから、24日まで楽しもう
3. インナーチャイルドが癒されたときに起こること①
4. 人間関係の質を変えていくもの
5. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
6. あなたのその悩み、父親と関係があるかもしれません
7. それをすることを止めました
8. インナーチャイルドが癒されたときに起きること②
9. 実は本当のあなたではないかもしれない
10. インナーチャイルドが癒されたときに起きること③

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-05-08 16:51 | ヒーリングあれこれ | Trackback | Comments(0)