主体性とはなんなのでしょう?

昨日は、「ハーモニアスリーダーシップ体験シェア会」が行われました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ただ体験をシェアするのもなんだしと思い、「そもそもリーダーシップって何?」といったこともお話したんですが、そのお話しの中からひとつ、「リーダー」に関するお話しを。

リーダーというのは、自分の人生を自ら引っ張っていける人、つまりそれは「主体性を発揮している人」ということになります。

では、その主体性とは何なのでしょう?

行動的であることが主体的ではなく、自分がやりたい(と思っている)ことをやっている人が主体的かというと、実はそうでもないんですね。

例えば、職場にこんな人がいるかもしれません。

上司の目がある時には一生懸命に仕事をするけれど、上司がいなくなると途端に手を抜き始める人。時には周囲の人にまで「今日は部長もいないし、適当にやりましょうよ」と言ったりして。

この人がなぜこんな行動をとるかというと、上司がいる時は怒られないように、あるいは上司に「私仕事がんばってます!」とアピールして褒められるように仕事をしているので、上司がその場にいるかどうかで仕事への取り組み方が変わってしまうのです。

これは自分以外の要因で自身の反応を変えていることになるので、自主性があるとは言えないんですね。
こういう人は例えどんなに素晴らしい実績をあげていたとしても、リーダーとは言えない、と言うことになります。

「褒めて育てる」といったこともよく言われますが、自主性と言う点からは注意が必要です。と言うのも、「褒められるからやる、褒められないからやらない」状態になりかねず、褒められるかどうかで行動の選択が変わってしまうので、必ずしも自主性が育まれる訳ではないからです。

さて、先ほど「自分がやりたい(と思っている)」と書きましたが、これもちょっと注意が必要です。

「人から凄いと言われるからやる、凄いと言われないからやらない」
「社会的に価値があると言われているからやる、価値が無いからやらない」

奉仕活動に熱心に見える人の根底にこうした自己無価値感からくる欲求があって、それが行動の欲求になり、いつの間にか自分のやりたいことだと思いこんでしまうことも少なくないのです。

過剰な使命感や自己犠牲感が伴う場合には自己無価値感が関係していますので、その場合にはまず自身の中にある自己無価値感と向き合うことの方が大切ですね。

ハーモニアスリーダーシップに自己無価値感を癒すバターカップが加えられているのも、こうした理由になります。

これらは全て、他人の反応や社会的評価などで自分の行動を決めていることです。自分以外の物を意思決定のベースにしている訳ですから、状況によってくるくると態度が変わります。「あの人、何だかわからないんだけれど信用できない」と言われる人の場合、主体性が無いことも多いです。

では主体性とは何なのでしょう?

それは、「どのような状況に置かれても、自分の価値観に基づいて行動を選択すること」です。

自分がそれをやろう、と思ったら、例え周りがそれをやっていなかったり、周囲から評価をされなかったとしてもやれる人は主体性がある人です。

良い意味でのマイペースさとポジティブさ。
これがリーダーの条件かもしれないですね。

d0018315_22411791.jpg


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


無意識下に働きかけ、無理なくスルスルと変化していく
Sweet Flowersのセッションメニュー

コラム更新中です。
すてきなパートナーシップを築きたいなら

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

[PR]
# by sweetflowers | 2018-01-28 22:49 | フラワーエッセンス

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

かなり久し振りのブログ更新となりました。
こんなに書かないでいたのは、開設以来初めてのことだと思います。

2017年は自分が想像していなかったような様々な体験をすることができ、自分の枠が大きく広がっていったと感じた年でした。

自分が本来持っている可能性の大きさに気付くと同時に、それをあまり表現することなく生きることへの息苦しさにも気付きました。

大きく大きく膨らんだ風船にはたくさんの可能性が入っているのに、その風船のあちこちをぐるぐるとしばりつけて、詰まらせていく。

そのしばりつけていたものは恐れだったりする訳ですが、それをはずす恐れと葛藤し、でもえいっ!と飛び込んでみたり。

飛び込むたびに、知らなかった自分や知らなかった世界を知っていくことができて、これはこれでとてもいい経験だったと思っています。

さて、2018年ですが、昨年中に種を蒔く・・・・というよりは種集めをしてきたもののいくつかを実現していこうと考えています。

そのうちのひとつですが、久し振りにフラワーエッセンスの講座を開催する予定です。

色々な経験をすることで、やっと自分がやりたいなぁと思っていたことと自分がしっくりするようになってきたので、どうにかカリキュラムが作れそうになってきました。

私がフラワーエッセンスを学ぶ上でずっと大切にしてきた3つのこと、知識を得ること、実践して変化を体感すること、プロセスを振り返って自分なりの見解を得ること、これらをベースにフラワーエッセンスの理論や解説、関連する情報、実際にセッションで行っているワークの実践などを組み込む予定です。

そして何よりも大切な自己肯定感を高めていくこと。

講座を通して、夢を実現していける自分になっていけるように。

楽しみにしていてくださいね。

d0018315_14433427.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


無意識下に働きかけ、無理なくスルスルと変化していく
Sweet Flowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

[PR]
# by sweetflowers | 2018-01-04 14:44 | お知らせ

「怒り」を表現するのが難しい・・・

先日、知り合いのセミナーに参加したんですが、そこで感情を認めていくことの大切さをその方が話してらしたんですね。

フラワーエッセンスを扱う私としては「そうそう、そうなのよ」な話だったわけですが、同時に改めて気付くこともありました。

シェアリングのパートナーが、「怒りを表現することが難しい」と話していました。穏やかなそうな男性だったんですが、「怒りを表現するとトラブルになりそうで、抑えてしまう。」とも話していて、確かにそう感じることはありますよね。

「怒り」が問題になる時は実はコミュニケーションの問題なんだってことに気付くと、アプローチが変わってくるんです。「抑えなくてはいけないもの」から「抑えるのではなくどう伝えたらいいのか?」というものに変わってくる。

コミュニケーション・・・それは自分と相手もあるし、自分と自分、というのもそうですね。

ふと、先日が私が体験したことを思い出していました。

郵便局に行った際にドアのところでおじさんとすれ違ったんですが、そこでちょっと肩がぶつかってしまったんです。っていうか、むしろおじさん若干こっちに寄ってきてませんでしたか?って感じだったんですが、とにかくそこでおじさんに怒鳴られた。

イラッ(-"-)
そっちが悪いんじゃない・・・・。

さて、ここでなぜ私はイラついたんだろう?ということに考えが飛んだんですね。

ドアの所ですれ違うってことは、それまでの動線よりも若干中心に寄る必要がある訳ですが、そこで取れる対応はいくつかある訳なんです。

「相手を先に通す」
「相手にドアの手前で待ってもらう」
「お互いにすれ違いやすいように、ちょっと体をずらし合う」

とかとか。

こうした色々な対応がとれるにも関わらず、無意識に私は「相手がぶつからないようになんらかの対応を取ってくれる」という前提を採用していたんです。そして相手がそのニーズを満たさなかったとこにいら立ち、更には相手がそのことに気が付かないと感じたことで自分を被害者にしてしまったんですね。

怒りを感じる時には理不尽な思いも同時に抱えていることが良くあるんですが、それはこうした無意識のニーズが満たされないことから発生していたりします。

でも自分とのコミュニケーションが取れてくると、こうしたニーズに気が付きやすくなってくるんです。

そうすると怒りを感じることに対する罪悪感が薄れてきたり、感じること、表現することがスムーズになってきたりもします。

じゃあその為にはどうしたらいいの?と言うことなんですが、「気付いていくこと」がとても大切なんですね。

その気付いていく為にプロセスをフラワーエッセンスはスムーズにサポートしてくれますので、自分自身とのコミュニケーションをもっと上手にしていきたい方にはおススメですよ。

d0018315_11315373.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


更に気付きを促していきたい方に
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-08-29 11:32 | 心のはなし

意図をフォーカスすると言うこと

先日何度かセッションを受けて頂いている方に、意図をフォーカスして創造することについてお伝えしました。

どんなお話しかと言うこと、
ご自身の意図を望む方に向けることについて「ご飯を食べること」を例にお話ししたんですね。

意図を向けると言うと、しっかり向けなくちゃ!と「うーーーーーん(-"-)」と力を込めて集中したりしませんか?
でも意図を向けると言うのは、力を込めるようなことではありません。

例えばあなたが「ご飯を食べよう」と思ったら、思うだけで後は自然とご飯を食べるために必要な行動を起こしていくと思うんです。これが「意図する」という感覚になります。

でもご飯を食べようと意図しても、途中で「あ、洗濯しなくちゃ」とか、「お掃除しなくちゃ」といったように意図を変えて、しかもそれに向かって行動してしまうといつまでたってもご飯は食べられません。

「洗濯しなくちゃ」と思っても、「いやいや、今はご飯を食べるんだ」と意図しなおせば、再びご飯を食べる方向へと物事が進んでいきます。

これが意図を望む方向に向け続けると言うことです。

ちなみに「ご飯を食べなくちゃ」と意図しながら「洗濯をする」、というのは葛藤が起きている状態ですね。

この場合は、本当にご飯が食べたいのか(欲求の確認)、ご飯は食べたいけれど気持ちが乗らないのか(逃避)、人に「すごい!」と思われるようなご飯を作らないと意味が無いと思っているのか(承認欲求)など、葛藤の要因をみていくのも手ですし、「ま、どっちでもいいんじゃない?」とコントロールを手放すと、すっと物事が進んだりしますね。

「ずっと集中していないとダメなんじゃないか」と思う場合は、コントロールをしないと安心できないと言う欲求が潜んでいるので、この場合は「信頼」や「安心」をテーマにフラワーエッセンスを選んでいかれるのがおススメです。

あるいは「信頼できても、信頼できなくてもどっちでも大丈夫」と心の中で呟くのもあり、です。

と言うのは、この言葉は既に信頼できていることがベースとなっている言葉なので。
信頼できているからこそ、「どっちでも大丈夫」と言えるんですよね。

といくつか書いてきましたが、ポイントはやはり「軽やかさ」でしょうか。

人間、不安になると力が入ります。力を込めないと!と思う時点で、信頼できていない訳で。

さて、この意図をフォーカスすることをお話ししたクライアントさん。
このお話を伝えるのには、やはりタイミングがありました。

セッションを重ねていく中で自尊心が高まってきて、自己信頼ができてくるようになってきたからこそ、このお話しが有効になってきたんですね。

だから「今はうまくできない」と言う方も、焦らずに、今目の前にあるプロセスを大切に歩んでいって欲しいなと思います。そのプロセスは必ず次のステップに繋がっていますから。


d0018315_22324705.jpg

---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

光り輝きたいあなたのために:個性開花セッション
自尊心を高め、あなたの才能を発揮することを後押しするセッションです。


SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-07-25 22:34 | お願い事を叶えるコツ

マリポサリリーから白の意味を考えてみる

フラワーエッセンスの性質はエッセンスが作られる花の色にも関係してきて、例えばピンクであれば愛情やハートに関するテーマを、黄色であれば勇気や自己表現と言ったテーマを持ちます。

先日ふと、白という色の持つ意味を改めて自分に問いかけたことがありました。

白と言うとやはり「真っ白」のイメージ、清潔さや穢れの無さ、無垢、浄化と言ったイメージで説明されることが多いのですが、果たして本当にそれだけなのだろうか?と思ったのです。

一口に白と言っても多彩で、青みが含まれる白や黄みがかった白、やや赤みを感じさせる白など、よくよく見るとそこにほんのわずかでも他の色が含まれているように思います。

それは白と言う色が何かを拒絶するような潔癖さではなく、他のものを常に含む許容性を持ったものであるからではないかと感じたのです。

白い花から作られるフラワーエッセンスは色々ありますが、母性をテーマとするマリポサリリーもまた柔らかさをまとった白い花です。

人の内面にある母性が未熟であれば自分と人とを分け隔てる潔癖さが表れたりしますが、母性が成熟してくると異質なものであっても受け入れようとする許容性が生まれてきます。例え穢れているように見えたとしても、それを受け止め愛することで穢れの中に既にあった清らかさを浮かび上がらせていくような、そんな育む力ももたらしてくれます。

その時、白と言う色が持つ無垢さは、何物にも捉われずに本質を見ると言う力を人に与えてくれるのでしょう。

本質を見て、判断することなくただ受け止める。

マリポサリリーの白い花から、白と言う色の持つ奥深さが垣間見えたように思いました。


d0018315_22403145.jpg


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-07-23 22:41 | フラワーエッセンス