私たちの内面と花とが響きあっていく

人生はよく川の流れに例えられたりしますが、一人のクライアントを何年かかけてみていくとある期間で区切ってみるのとはまた異なるものが見えてきて興味深く思います。

ある方に、何回目かのセッションでワイルドローズのフラワーエッセンスを選んだことがあります。金融系の会社で働く女性でしたが、自分の人生に対して一歩引いたような感じと言うのでしょうか、体験することで傷つくことを恐れるがゆえにどっぷりと自分の人生につかることを避けている、そんな印象を受けました。

なので、セッションでもはっきりしないんですね。本質的なところに入りそうになると例え話ですりぬけていく、どことなくつかみどころがない、そんな感じです。

ワイルドローズは淡いピンクの野バラから作られますが、その今にも消えてしまいそうなピンク色が彼女の人生にヴィヴィットさが欠けている、つまり体験の浅さとよく似ているようにも思われました。

それから数年後、彼女は大切な人を失います。そしてそのことをきっかけに、自分の人生に対してより積極性が増していくようになります。この時に選ばれたのは、カリフォルニアワイルドローズ。ワイルドローズよりもずっと濃いピンク色の野バラから作られたものです。

大切な人の死は、彼女を過去に出会った様々な人たちと再び出会わせました。

それは必ずしも「また会えて良かった」と言うものばかりではなくて、過去に嫌な思いをさせられたことにまた向き合わなくてはいけない人たちも含まれていました。

そんなバラの棘が刺さった時のような痛みを体験しつつも彼女が人生を前進し続けることができたのは、カリフォルニアワイルドローズの後押しがあってのことだろうと思います。

「私はこうしたい」という意志を積極的に示すようになってきたのも、この頃からでした。

新しい体験と言うのは、未知のものに対する恐れもまた伴います。

「心が痛むような思いをするかもしれない」という恐れから、痛みを避けて、心を麻痺させることで「やりたいことなんて何もなかった」ことにする。

でもそれは同時に、「やってみたい」という情熱の炎もまた消してしまうことでもあるんですよね。

淡い色のバラから鮮やかな色のバラへと移り変わっていく。
彼女の内面の成長が花たちによって映し出されていく。

私たちの内面と花とが響きあっていきながら成長の過程を経ていく。

それがフラワーエッセンスの興味深いところです。





人生は未知との遭遇の連続ですね。

d0018315_22392479.jpg



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-06-11 22:40 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

「こうありたい」や「これがやりたい」が見えてくると時間の使い方が変わってくる

会社でシステムエンジニアをしていた頃と確実に変わったことのひとつが、時間の使い方。

自由度が上がった分(私の場合、かなりハードな仕事時間だったので相当自由度が上がりました)、最初はうわ~い!と好き勝手に使っていたんです。

でも、ある日気が付きました。

「まずい、仕事しなくちゃ!」


フリーランスのお仕事は自分がどう働くかによって収入が変わるので、のほほんとしていたら大変なことになっちゃうんですよね。

それで考えました。

「どう働いたら、私は幸せなんだろう?」

働き方って色々ありますよね。

最近よく聞く、「あまり働かない、でもお金を稼いでる」というライフスタイル。

でも、実際にそう言っている人たちに話を聞いてみると、働いていないんじゃなくて仕事が好きなこととリンクしているので働いている感覚が無い、ということなんですね。

で、私は・・・と言うと、「なんでそんなに働くのが嫌なの?」というタイプなんです。
自分がやっていることが楽しいので、単純にそれを一番にやっていたい。

「10年後の自分は、仕事でこんなことをやっていたい」
だから、それに繋がっていくことにも時間を使っていきたい。

そうなんです。
「こうありたい」や「これがやりたい」が見えてくると、1日の時間の使い方が変わるんです。

私の時間は私が管理できるもの。
だから、私がこうしたいと思うものに優先的に使っていく。
自分で自分に予約を入れていくのです。

そしてそして、これを意識するようになったら人に振り回されることも少なくなりました。
やるやらないを自分で選択しているので、不満もストレスも少ないのです。

コツは、理想のスケジュールを決めること。

それも心の底から、思いっきり!わくわくできるものを。
出来上がったら、きっと意外な自分も見えてきますよ。






どうやったらいいの?と言う方のために。
6月24日にワークショップを開催します^^

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-05-29 20:30 | セミナー/ワークショップ | Trackback | Comments(0)

インナーチャイルドへの父性的なアプローチ

癒しの道のりにおいては、時にイメージの力がそのプロセスを力強く後押ししてくれます。

例えば、印象的な夢を見た時。
ノートに書き留めてもらったり、あるいは絵に描いてもらったり。時にはその夢について話をしてもらったり。そうすることで無意識の世界で起きていることに、意識の光を当てていきます。

それから、ファンタジーや民話、神話の中でも、ふと惹かれた登場人物に自分の内面を映し出してみたり、ストーリーを自身の内的成長のプロセスと重ね合わせたりすることもあるでしょう。

先日、バーストラウマ・セッションのご感想をお寄せくださったM様から、その翌日に起きた出来事の報告がありましたのでシェアを致します。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


こんばんは。

セッションは終了してるんですが、後日談です。


お礼のメールをお送りした翌日、

「ここから違う場所へ行ってみよう」と誘った私の手を、小さな手がしっかりと握って立ち上がり、大人の私と一緒に歩き始めているのをはっきりと感じました。

思わず涙が出ました。


誰の言うことにも耳を貸さず、泣き続けて、甘えて、周りを思うようにコントロールして、それが当たり前だとふんぞり返って、それでも気に入らなくて、何もかも気に入らなくて、この世界が大嫌いで、このままでいてやるんだ!と誓って、絶対に変わろうとしなかったのが今までの私=小さな手の存在でした。

「千と千尋の神隠し」に出てくる巨大な赤ん坊のような感じです。


その子が、離れようなんて一度も思ったことない居心地のよかった場所から立ち上がって、自分の足で歩き始めたなんて奇跡です。。。


それから、「人と喜びを分かち合っていく」というテーマで、ローズクォーツでアクセサリーを作っていただきました!

このテーマ、大切にしていきたいと思います。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

M様は、ご自身のインナーチャイルドを「千と千尋の神隠し」に出てくる坊と重ね合わせていました。映画をご覧になった方であれば、M様のインナーチャイルドがどんな状態であったかがすぐイメージできるでしょう。

欲望で驚くほど大きくなっている姿・・・・そこには意志の力(男性性がもたらすもの)を見ることができません。

「千と千尋の神隠し」は象徴にあふれた映画で、思春期を迎える頃の主人公、千尋が名前を奪われる=それまでのアイデンティティを失い、再び名前を得ていく=新たなアイデンティティの獲得という個性化のプロセスを表現している・・・・そんな解釈をする人もいます。

M様は以前から
自分とこの映画の登場人物とを重ねてみたり、時にはある人物の持つ要素に憧れたりと、作品の中に様々な自己を投影したり空想してみたり、と楽しまれていたようです。

甘えん坊で制御の利かない坊が映画の最後の方では一人で立つことができるようになりますが、これはそのまま「自立」を意味していると言えるでしょう。

一方でM様のインナーチャイルドは、一人ではなく大人のM様と手を取り合って歩き出します。

これは興味深いイメージだ、と思いました。

インナーチャイルドをただ抱きしめて受け入れてあげるのではなく、手を取って導いていく=父性的なアプローチだな、と感じたのです。

今回のセッションにおけるM様の課題は男性性でしたのでそのテーマとも重なりますし、今までいた場所から動きだしていくといった能動性も男性性ですね。

父親と共に旅をする少年。

そんなストーリー、なんだか色々湧いてきそうです。


ところで、余談として教えてくださったのですが、M様はこの4月から小学校のPTA役員にチャレンジされているんだそうですよ。すごいチャレンジ!

PTAというのも、子どもの世界に大人の導きが入っていく場所ですよね。
小学校だと千尋と同じくらいの年の子たちになりますし。

すごい、すごい。
ちゃんとリンクしている。

無意識の世界と意識の世界が融合していますね。


今はセッションの中で得たものを実地訓練している日々だそうですが、私にとってもそれは喜びです。

なぜなら、あなたが自らの手で人生を切り開いていってくれることを私は望んでいるから。

そのために使えるツールは渡したけれど、実際に使うのはあなたなので。

どんな旅路が待っているのでしょうね。

いつかまた、そのストーリーを教えて下さい。


d0018315_01582977.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


6月9日(金)開催!
2017年6月のお茶会:花と響き合う時間

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-05-26 02:03 | ヒーリングあれこれ | Trackback | Comments(0)

自分の幸せに責任を取っていますか?

いきなりですが・・・・。

あなたは自分の幸せに責任を取っていますか?


私は・・・「全く取っていない訳ではないけれど、人任せなところもまぁある」・・・と言う感じです。
みなさんはいかがでしたでしょうか?

ある時、セッションの場で「あなたは自分の幸せに責任を取っていない」と私から言われたクライアントは、「衝撃的なまでに意味不明な言葉だった」と後から話されていました。

そんなに意味不明な言葉だとも思わないんだけど・・・などという私の言い訳はさておき、その人は受けた衝撃のままに自分に対して「私は自分の幸せに責任を取っていない」という言葉を投げかけ続けました。

その方は、長年セラピーやヒーリングなどを受けてきていました、ご自身でも色のワークショップなども行っていましたので、自分自身を見つめていくことはそれなりにやってきたと言えるでしょう。

なんですけど、数回目のセッションの際に私がどうしても気になったのが「あなたにお任せします」という姿勢だったんです。

私は対面セッションの際には、できるだけクライアントの方にも意識的に参加してもらうようにしています。「自主性」が無ければ、本当に癒されることはないと思っているので。

「あなたにお任せします」というのは自分の人生のハンドルを他人に預けてしまうことですから、自分が本当に行きたいところになんか行ける訳ないんです。

そんなこんなの意見のやり取りの中で出てきた「
あなたは自分の幸せに責任を取っていない」ですが、その方は自分に問いかけ続ける中である日ふと、気付いたそうです。

「私は他人に決定権を譲ることが多い。だから人と一緒にいるのが嫌なんだ。」

深い気付きですよね。

その人は「他人から攻撃される」という恐れを持っていたんです。
そしてその恐れを支える理由、「子どもの時に家族から攻撃された」とか「過去生で魔女狩りにあったから、だから人が信頼できないんだ」とか、を強く握りしめていました。

怖さはある種の鎧で、その人の傷ついたものを守る役割もあるんですよね。
だから手を離すわけにはいかない。

人に決定権を譲ることは他人から攻撃されないで済む、ひとつの方法だったのでしょう。
でも一方で相手のペースで振り回されていく危険性もありますね。
そうなると自分で相手に決定権を譲ると言う選択をしたのに、心の奥底には「自分は振り回された」という犠牲者意識が積み重なっていく。

その意識が、更にそう感じさせるような出来事を選択させていたのかもしれないですね。

だけど、その恐れのベースにあったこと、自分で決定すると言う選択肢を捨てていたことに気が付いた時、その方の生きる姿勢が変わりました。

それは、例え困難なことであってもそこに自らの意志で向き合っていく、という姿勢です。


キラキラした誰もがうらやむようなものを手に入れた訳ではないですし、全ての問題がクリアになった訳でもないです。むしろ、まだまだ困難な課題が山積みで。

でもそんな中、時にめげたりしながらも再び立ち上がっていく。
よく頑張っていると思います。


起きる出来事を選択することはできなくても、生き方は選択していけますよね。

その生き方を選択していくことが、「自分の幸せに責任を取る」と言うことなのかもしれないですね。


d0018315_16284909.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


バーストラウマ・セッションが対面でも受けられるようになりました。
限定!お得なモニターセッションのご案内

6月9日(金)開催!
2017年6月のお茶会:花と響き合う時間

6月24日(土)開催!
ワクワク過ごせる毎日を作る~理想のスケジュール作成ワークショップ

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-05-24 16:41 | 96%の可能性を生きる | Trackback | Comments(0)

行動すればするほど疲れてしまうのは、なぜ?

何かを実現する時に、行動していくことはやはり大切です。

なんですが、こんな方はいらっしゃいませんか

「動けば動くほど・・・・・疲れる」


これは、行動を起こす理由に目を向けていく必要があります。

行動を起こす理由には、4つの理由があると言われています。

1つ目は「報酬」。
「これをやったら褒められる」といったような、目の前にニンジンをぶら下げる系の欲求が行動を起こす理由になっている時です。

2つ目は「罰」。
「これをやらないと怒られるからやる」といったような、痛みを避けようとする欲求が理由となっている場合ですね。

「報酬」も「罰」も自分の内面からの欲求から行動すると言うよりは、「これをやったら褒められる/怒られる」、「これを手に入れたら誇らしい」、「これをしないと周囲から変な目で見られる」というような自分の外側で起きるものが行動の起点になっています。

行動する理由がこの2つの理由が多いなぁ、という人は自分が行動するスイッチを自分以外のものに委ねている訳ですから、なんだか分からないけれど振り回されているように感じたり、とっても疲れるなぁと感じることが多いはずです。それに行動する理由も脈絡が無いので、「あんなに動いたのに、何一つとして形になっていない気がする」なんてこともあるかも。

行動する理由としては、少し未熟な理由だとも言えますね。

それから3つ目は「利他の心(奉仕の心)」。
周囲の人やコミュニティのためになることをやろう、そんな思いが行動の理由になる場合ですね。

でもこれも、一見「利他の心」のようで根底には「あの人は素晴らしいと認めてもらいたい」といった承認欲求が潜んでいる場合には、1つ目の「報酬」に当たりますので注意が必要です。

見分け方としては、「それをすること自体が楽しい、満足」で「誰に褒められなくてもただ自分の心の欲求に従ってしている」かどうかになるかと思います。自分の内面にあるものが行動の起点になってるんですね。

そして4つ目が「自分自身の内的成長」になります。
それを行うことで自分自身が成長できるという気持ちが、行動の起点になっているような状態です。
自分を自分でひっぱっていける、自分に対してリーダーシップが発揮されている状態でもありますね。

「利他の心」も「自分自身の内的成長」も基準はあくまでも「自分」ですから周囲から振り回されることも無いですし、例え自分の行為が他人から認められなくても「なんで認めてくれないの?」といった欲求不満になることもありません。

自分の選択で行うことも止めることも選択できますし、うまくいかなかったとしても「あの人のせいでこうなった」という被害者意識も持ちません。

自主的に動いていくことが、人生をシンプルにしていくコツとも言えますね。

じゃあ、どうしたら自主的に動いていけるの?と思ったあなた。

例えばラークスパーなどリーダーシップをテーマとしたフラワーエッセンスを使うのも、ひとつの方法です。

と同時に、あなたの心のどんな欲求が自主性を発揮することを阻んでいるのか?も見ていけると良いですね。

私のところでは、フラワーエッセンスを使って頂きながらご自身に選択の力があることを時に徹底的に意識して頂きます。

と言うのも、長年選択することを他人にさせ続けてきた方の場合、被害者意識がとっても強くなっているので繰り返しやっていかないと変化を起こしていくことが難しいのです。

次回のブログでは、このご自身の選択を見続けた方のケースをご紹介しましょう。


d0018315_19535846.jpg


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


喜びから行動していけるようになりたい方に
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
# by sweetflowers | 2017-05-23 19:54 | 96%の可能性を生きる | Trackback | Comments(0)