「ほっ」と。キャンペーン

フラワーエッセンスの先に

 数日前から、「EarthEmbracement」の真木さんに教えて頂いた本、「内なる惑星」を読み始めました。ちょっと読む時間がないのとじっくりと読み込む必要がある本なので、ペースは相当遅いのですが、1400年代後半のイタリアで活躍したフィチーノの説く「魂の哲学」は本当に興味深いものがあります。

 本の前半に「彼は身体から撤退することをアドバイスしてはいない。そうではなくて、彼は魂が中心であることを認識せよと主張しているのだ。」という記述あって、これを読んだ時には「時間掛かるけど、読み始めて良かった!」と単純に思ってしまいました。

 なんとなく身体は置き去りにしてしまいがちだけど、心も身体も今自分が持っているもの全てを十分に使って生き切っていくことが、人生を味わい尽くすことになるのだろうなぁ、と思いました。
 フラワーエッセンスも心へのアプローチを取っていきますが、その段階で心にかかっていた様々な枠を取り外し、今、自分が十分に持っていることに気付いていくこと、そしてそれを惜しみなく味わうことがその先にあるものなのかもしれないなぁ、と感じました。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-04-09 11:15 | フラワーエッセンス | Trackback(1) | Comments(2)

勝手に命名:並列お仕事用のエッセンス

 ほぼ同時並行の仕事を3つかかえて、なんだか良く分からん!だったここ数日。
 駄目元で(というのも失礼ですが)「並列お仕事用」と勝手に命名した組み合わせでフラワーエッセンスのトリートメントボトルを作り、日中何度か飲むようにしてみました。

 選んだエッセンスは3つ。
 インディアンピンクとナスターシアム、それからコーンのエッセンスです。

 インディアンピンクは、ばたばたした中でも必要な箇所に落ち着いて焦点を当てられるように。
 ナスターシアムは、どうしても頭を使った作業が多いので、頭脳と体のバランスを回復させる為に。
 コーンは、ストレスを感じる中でぼんやりとしがちな状態に対して、しっかりと地に足をつけた感覚を保てるように。

 そんな視点で3つのエッセンスを選んでみました。

 私は仕事柄頭脳労働が多い為、忙しくなってくるとぼんやりとした感じになることが多いのです。また、体のバランスが崩れてくるせいなのか、なんとなく風邪気味のような状態になったりします。
 でも昨日くらいから、考えようとするとかちっと固まってしまっていたような頭の働きが、少し回復してきたように感じます。

 ナスターシアムとコーンを使うことで、頭に集中しすぎていたエネルギーが、バランスを取り戻してきたのかもしれません。

 今月一杯くらいはばたばたしそうなので、もうしばらくこの「並列お仕事用」エッセンスのお世話になろうかな、と思っています。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-04-08 00:43 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

感情を表現する

 昨日は久しぶりに声楽のレッスンに行きました。
 先月は先生が仕事でウィーンに行っていた為、ずっとお休みだったのです。

 最初に久しぶりに発声練習をしてみると、「郁子さん、ちょっと横になってもらえる?」と言われて、なんと!首から肩にかけて先生にほぐされながらの発声練習となったのです。
 「声帯は筋肉なんです。特に首の付け根が凝ってると、詰まってるって私たちは言うんですけど、声が出ないんです。寝ている状態は体に力が入っていない状態ですからね。体のどこかに力が入ってると、気持ち良く声は出ないんです」とのこと。
 確かにその通りで、ほぐしてもらうと、あら不思議。喉に詰まることなくスムーズに声が出て行くのです。
 更に先生が足の筋肉を緩めてみると、これまた高めの音もすんなりと出て行く。
 「面白いですねぇ。郁子さんは足の力が抜けると出やすいみたいですね。普段立ってる時、力いれて立ってませんか?」

 仰る通りでございます。先生。
 O脚気味なのを気にして、もう癖になっておりました。

 「やっぱりねぇ。唄を歌うときはお行儀悪くなって下さい。足の力を抜いて、体中の余分な力を抜いて唄うのが一番いい体勢なんです。声にいい悪いは無いんです。自分と言うたった一つの楽器を使って、気持ち良く唄って欲しいんです」

 レッスン中、何度も何度も先生は仰います。
 気持ち良く唄うこと。力を抜いて自分の感情を素直に表現すること。
 先生のレッスンを受けた帰りには、いつも気分が軽くなる。

 「向こうで一緒に仕事した仲間とも話していたんです。自分の感情を普段の生活の中でそのまま表現していくことはとても難しい。でも、その感情を素直に表現していく為に芸術は生まれたんじゃないかって。感情を表現しているように見える彼らでさえ、そう感じているのねぇ」

 感情を表現するって、自分をとっても信頼することが必要だなって、最近感じています。
 「この感情を表現しても、自分は大丈夫」そんな安心感が根底に無いと、必要以上に抑えてしまったり、恥ずかしく感じたりしてしまうのだと思います。

 恥ずかしいと感じる心の為に、「ピンクモンキーフラワー」というフラワーエッセンスがあります。この花の写真を見るたび、「あっかんべー」と舌を出しているように見えて、変な花、と思っていました。
 自分の感情を表現した時に、周囲から受け入れてもらえなかったり、うまくその感情の伝えようとしていることを伝えきれなかったかもしれない。そうしていくうちに自分の感情に信頼がもてなくなってきているのかも?
 でも、受け入れられなくても「あっかんべー」と舌を出して、自分の本当に感じていることを大切に育んでいけたら、もっと素直に唄えるようになるかしら?

 そんなことを感じた昨日のレッスンでした。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-04-04 20:21 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(2)

はじめまして☆

 数年前にフラワーエッセンスと出会いました。
 フラワーエッセンスは花のエネルギーを転写したものを服用することで、心のバランスをとっていくツールです。
 このツールを使い続けていく中で、自分の心の変遷は一つの旅のようだと感じるようになりました。

 大好きな旅と共に心に触れる様々なことを、この場で書き綴っていけたらと思っています。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-04-03 12:40 | Trackback | Comments(0)

ハーモニー・オブ・フラワーズ

FESが提唱しているメタフローラマップに基づいたフラワーエッセンス・セラピーで、SweetFlowersにいらっしゃるお客様の約7割の方が受けられているメニューです。

メタフローラマップは、人間の魂が成長する過程を8つの分野に分け、今現在その人の人生で起きている課題がそのうちのどの分野が機能不全となっているために起こっているのかを見ていきます。

そのことにより、本来の原因により集中して取り組んでいくことができ、表面上の問題の解決だけではなく、機能不全により人生のあらゆる面で起きている同様の課題に対しても働きかけ、変容とも言うべきプロセスを促していくことができます。

こちらのセッションではそうした理由もあり、1カ月に1回のペースで5回以上継続して受けて頂くようになっています。(セッションを終えるまでの期間は個人差があります。一般的にその課題のもととなっている要因がご自身の深い部分にある場合には、時間がかかります)

プラクティショナーと共に歩む数カ月は、ご自身の内面を見つめ、共有し、新たな一歩を踏み出す勇気を得られる日々となるでしょう。

しっかりとご自身の課題と取り組んでいかれたい方にはおススメのセッションです。

<ハーモニー・オブ・フラワーズ>
 形式:対面セッション
 料金:10,000円 / 回 1回90分
 ※料金のお支払いは、毎回のセッション時にお支払いください。
 日時:10:00~19:00の間でご希望の開始時間をご指定ください。


HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
セッションのお申し込み・お問い合わせはこちら → お申込フォーム
[PR]
# by sweetflowers | 2001-06-21 08:21 | セッションメニューについて