タグ:セントジョンズワート ( 6 ) タグの人気記事

最近、セントジョンズシールドオイルを使っています

少し前からふと思いつきまして、セントジョンズシールドオイルを毎日使ってみています。

このオイルにはセントジョンズワート、ラブライズブリーディング、ボラージュのフラワーエッセンスとゼラニウム、アンジェリカ、セントジョンズワートのエッセンシャルオイルが加えられていて、様々な意味での光と闇のリズムが崩れた際に、内面の光を保ち続けていけるようにサポートしてくれます。

このオイルを入浴後、みぞおち、ハート、第3の目の辺りに軽くマッサージをするように使っています。

みぞおちの辺りって、知らず知らずのうちに感情的なストレスをため込んでいたりするんですが、このオイルを塗るとふっと力が抜けてリラックスできるんですよね。

それから3つのフラワーエッセンスの働きのおかげか、気持ちがなんとなく落ち込んでいたり、緊張感があったり、悲観的になりやすい時にも、ほっとさせてくれたり、なんとなくでも「よし、大丈夫!」な気持ちの方向に持っていってくれるんです。

そしてそして、これは私がとっても気に入っている使い方なんですが、入浴後に足の裏全体に塗ったりしています。

足の裏って、皆さんご存知のように全身に関係するつぼや反射区があるでしょう?それだけ様々な情報がある場所、でもあるんですよね。

私の場合は塗るたびに全身の力がすっと抜けるので、「あ、こんなに私って力入れてたんだ」と思ったり、「なんだか頑張ってたんだなぁ、私」とちょっとだけ涙が出てきたりして、そしてそのせいか眠りも深い深い(^^)

無意識に押し込めていたもの(闇)が意識できるようになって(光)、その二つが私の中で統合されるんでしょうね。

さて、このオイルの名前にもなっているセントジョンズワートの花は、丁度この季節、夏至の頃にまばゆいばかりの黄色い花を咲かせます。

植物が健やかに育っていく為には太陽の光が必要なように、人の内面ものびやかに成長していく為には光が必要です。

でも、今の時代は色んな情報が溢れていて、容易に自分の中にある光とのつながりを失ってしまいます。

そんな時にセントジョンズワートのフラワーエッセンスは、本来その人の中にある光と再び繋がっていけるように働きかけていきます。

明るさと言うのは誰かや何かに明るくしてもらうものではなくて、ましてや無理して「明るくなる」ものでもないんですよね。

ただ自分の中に既に光があることに気付いて、それをためらうことなく表していくだけ。

でもそれが、難しい部分でもあるのかもしれないですね。

d0018315_20341825.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


2017年の夏至は・・・・

 「2016年までに溜めたエネルギーを爆発させる年」
 「身の回りの分離と共生が進む年」


だから・・・・
 ・不要なもの(体験、感情、人間関係、居場所など)を手放していきたい方
 ・ご自身の内面の光を表現して生きていきたい方
 ・ご自身の才能に気が付きたい方、あるいはこれから発揮していきたい方


におススメのセッション↓を特別にご用意しました。

「6月21日限定:夏至の特別セッション」

6月21日15時までにセッション料お振込み完了で受けられます。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-06-19 20:36 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

なんとなくだるい症状がある方に

今日から12月。今年もあと1ヶ月を切りました。

街中ではクリスマスツリーも飾られ、明るい雰囲気に溢れているようにも思えますが、これからの冬の時期に気持ちがなんとなく晴れない、落ち込みやすい、疲れやすいといった症状が出てくる方もいるかもしれません。

そうしたなんとなくこの時期が苦手という方は、季節性の鬱症状かもしれません。

明るさが不足しやすい冬の時期には、人の心の中の明るさにも影響を与えることがあります。この場合、マスタードやセントジョンズワートといった光をその人の心にもたらすフラワーエッセンスを使っていくことで、気持ちが楽になったりなんとなくだるい症状が軽減される場合があります。

理由が分からない症状には、精神的なものが影響している場合も意外とあります。

もし思い当たるようであれば、一度フラワーエッセンスを試されてみると良いかもしれないですね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

受けたその日が、新しいあなたの誕生日
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


10月の人気記事TOP10です☆
1. 一見面倒見が良い親子関係の危険性
2. 恋愛レメディ!?
3. 未消化の感情が残っていると
4.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. バーストラウマってご存知です か?
6. 悲しみを表現していく力
7. 好転反応について
8. 猜疑心で相手を見ること
9. 魂の可能性を思い描いていくこと
10. 時に「うんっ!?」と思うこと


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-12-01 18:13 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

セントジョンズワートについてもう少し

昨日の記事に引き続いて、セントジョンズワートについて、もう少し。

セントジョンズワートは光の治療薬と呼ばれているということは、昨日の記事でも書きました。太陽の光とか熱に対して神経が敏感な人は、例えば夏の暑さが苦手だったり、光に対してアレルギー症状がでたりしますが、セントジョンズワートはそうした光に関するテーマに対してバランスをもたらしてくれます。

また光と闇というテーマで見てみると、怖い夢を見るというようなときは夢の世界で霊的にネガティブな存在から影響を受けていたり、その結果として朝起きると何故か疲れているといった状態になったりします。

セントジョンズワートは、そうした闇に対して輝く光のエネルギーで守ってくれるので、寝付きの悪さや浅い睡眠など睡眠に関する障害を改善していけるように働いてくれます。

小さいお子さんは不安感からひどい寝汗や夜尿症といった症状がでる場合もありますので、そんな子にもセントジョンズワートは強い味方になってくれます。

睡眠に関して上記のような状況があるようであれば、セントジョンズワートを試されてみると良いかもしれませんね。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

3月末まで!キャンペーン中です。
フラワーエッセンス・メールセッション


1月の人気記事TOP5です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.過食とフラワーエッセンス
4.家族の流れに区切りをつける
5.やろうとしても、ついずるずる先延ばしにしてしまう

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-02-27 18:23 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

季節性の鬱症状に

光と闇のバランスをテーマとしたフラワーエッセンスに、セントジョンズワートがあります。

セントジョンズワートは光の治療薬とも言われるハーブで、鬱症状を和らげるとも言われています。

フラワーエッセンスでも同様に、光を必要としている精神状態に対して光を注いでくれる働きがあります。

冬の季節には日照時間が短くなることもあり、季節性の鬱症状を起こす人も少なくないですし、日本海側など冬に晴天が少ない地方に住んでいる方の中にもこの時期なんとなく気持ちが落ち込みやすいという方も多いようです。

そんな状態の時にセントジョンズワートはエネルギー体を光で満たし、不安を軽減する方向へと働きかけてくれます。

また、セントジョンズワートも使われているコンビネーションとしてイルーミンがありますが、イルーミン(明かりを灯す)の名前の通り、落ち込んだ心を軽くし、明るさへと向いていけるように助けてくれます。

震災時に被災地で混乱状態を過ごされた方にイルーミンを使って頂いたことがありましたが、「あの時自分は辛かったんだなぁ」と気づくことができたと言うことでした。

つらい出来事に対して自分の奥深いところに押し込んで無かったことにしてしまうことがありますが、それが無意識の中で重石のようになって前に進んでいくことを阻むこともあります。その方は奥に潜んでいたその感情にもう一度光を当て、認識することで、ご自身の中で氷のように滞っていた感情が動き出し、前へ進んでいく力へと変えていかれたんですね。

気持ちが落ち込むと、体を動かすのも重く感じるようになったりします。普段だったら何てことないことができない、というのは辛いものです。快適な毎日を過ごせるように、花の力を上手に取り入れてみてくださいね。

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

只今キャンペーン価格で受けられます!
フラワーエッセンス・メールセッション



1月の人気記事TOP5です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.過食とフラワーエッセンス
4.家族の流れに区切りをつける
5.やろうとしても、ついずるずる先延ばしにしてしまう

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-02-26 20:44 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

自分の中にある光

友人が、セントジョンズワートとラングワートのフラワーエッセンスを飲んだ体験をシェアしてくれました。

彼女はここしばらくの間、いくつかのフラワーエッセンスを飲み、自分自身を見つめていくプロセスを進めていました。そしてセージのエッセンスを飲み、自分のハートの中にしっかりとした安定した場所があることに気付いた後、セントジョンズワートとラングワートという二つの組み合わせを試してみることにしたのです。

セントジョンズワートはとても強い光を持った花で、その光で恐怖から私たちを守ってくれる、そんなエネルギーを持ったエッセンスです。

彼女はセントジョンズワートのエッセンスを飲んだ時、その光が自分の奥深くに差し込み、そして「自分の中にこんなにもたくさんの光があったのだ」ということに気付き、涙がびっくりするほど溢れだしてきたのだそうです。

セントジョンズワートのエッセンスは光で守ってくれるだけではなく、私たちが普段見ないようにしている奥深いところに光を届けてくれる、そんな働きも持っているように私は感じています。

それは、その奥深いところに恐怖が潜んでいるからなのだと思います。

その恐怖に光を注ぎ込むことで、闇で見えずにいた光り輝く自分を見つけていけるようにしてくれるのではないでしょうか。

そしてワングワートは体の奥深くにある光を再生する、そんなエッセンスですが、「自分の中にある光を感じられるよう底上げをしてくれたように思う」と友人は話していました。

何かを感じるということはハートで感じていく訳ですが、あまりにもそれが奥深くに沈んでいると感じることも難しい。

そうした奥深くに押し込めてしまったものを、ハートで感じられるところまで押し上げてくれる。

ラングワートにはそんな働きもあるのでしょうね。

控えめに、でも着実に何かを積み重ねていく。
そんな彼女が自分の中にあった光に気付いていくというプロセス。

なんだか良い話だなぁ、と私も嬉しくなっちゃいました。

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2010-02-01 11:43 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

変化の時

d0018315_14493797.jpg

ここ何ヶ月もの間、自分にとって変化の時期なんだろうなぁ、と感じつつ、内面的にはなかなか苦しい時期を過ごしてきました。(なんて書くと他人事みたいなんですけどね)

「変化の時だから、無理せず、ゆっくりと進んでいって」と人から言われ、自分でも言い聞かせつつ、それでもじりじりとした感じは、やはりどこかで自分をすり減らしていくものがあるようにも思います。

「いつまで」と期限が切られていることであれば、そこを明確なゴールとして進んでいくことはできると思うのです。けれども、人生の中で起きることはやはりそういった類のものではなく、明確でないものをそれでも信じて進んでいく、そんなパラドックス的な明確さを求められているように感じています。

そんな一見暗いように思える中でもただただ手探りで迷うのではなく、しっかりと一歩ずつ踏み出していくには、自分の中にある「光」を信頼していくしかないようです。

そんな状況の中、先日よりセントジョンズワートのエッセンスを飲み始めました。セントジョンズワートの花はまさに光を放つ姿をしています。そして鮮やかな黄色の花にもかかわらず、その花をつぶして取れるオイルは、錆びたような赤色をしています。「キリストの血」とも言われるこの色を持つ花は、その苦しみを抱えながらも鮮やかな光を放っていく勇気を教えてくれているように、今の私には感じられるのです。
[PR]
by sweetflowers | 2007-08-19 14:53 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)