タグ:フラワーエッセンス ( 322 ) タグの人気記事

感情の揺れ方にも色々あって

感情は揺れるもの・・・・とは言え、揺れ過ぎるとそれに振り回されて疲れてしまうことも。

「揺れる」といった時に、あなたはどんな揺れ方をイメージするでしょうか。

ブランコに乗っているような揺れ方?
遊園地の乗り物のような、ぐるぐる回るような揺れ方でしょうか。
風にたなびく布のような感じ?

色んな揺れ方がありますが、あなたがイメージした揺れ方は、もしかしたらあなたの感情の揺れ方と似ているかもしれませんね。

先日、ハーモニアス・リーダシップのモニターをお願いしている方から興味深い「揺れ方」のお話を伺いました。

その方は6年くらい前にうつ病と診断されたんですが、フラワーエッセンスを使い始めてからご自身の内側に起きる様々な変化に、「もしかしたらうつ病が改善するかも?」と手応えを感じられています。

その変化の一つとして、ご自身の「感情の揺れ」があります。

フラワーエッセンスを使うまでは中心点が無く、その為に果てしなく感情が揺れ動いていくような状態だったそうです。まるで嵐の中に放り出されて小さな布切れのようです。一体どこまで飛んでいってしまうのやら。

それがフラワーエッセンスを使い始めてからは、揺れることは揺れるけれど中心点が出来たような感じで、そこから揺れ動くような感覚に変わったのだそうです。ブランコだったり、遊園地の乗り物だったり、揺れる幅に限りがあるような感じですね。

これはご本人にとってはとっても大きい変化なんですね。しんどさが変わるんです。しんどいものが少なくなればエネルギーが高まってきますので、癒しのステップも進みやすくなります。

ハーモニアス・リーダーシップにはサンフラワーのフラワーエッセンスが含まれています。
サンフラワーはキク科の植物で、茎がまっすぐでしっかりしていますよね。そんなサンフラワーの茎のようなしっかりとしたものがその方の内面に育まれたことで、中心点が出来てきたんですね。

その他になかなか興味深い変化を感じられているようです。

もしかしたら、次のフラワーエッセンスセミナーで発表するかも?


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-03-14 20:14 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

感情の質を上げてみると

ここのところ、ご自身の感情とどう付き合っていくのかをテーマとした方のセッションが続きました。

溢れ出る感情とどう付き合ったらいいのか戸惑われる人、反対にどちらかと言うと感情表現が乏しい人。


人生の豊かさは感情生活の豊かさでもあると思うので、どちらのタイプもバランスよく表現しいていけたら、より良い人生が送れそうですよね。


マリポサリリーと言うと「母性の癒し」をテーマとした時に使われる代表的なフラワーエッセンスですが、こうした感情の質をあげていくときにも私はよく使います。

と言うのも、人の内面に作られる感情の器は、通常乳児期から幼児期の母親との密接な関係性の中で育まれていくからです。


マリポサリリーを使われていくなかで、「悲しいってこういう感情なんですね」と言われたときには、「ああ、この方の中で感情の器ができたんだなぁ」と感じました。


美味しいスープを作っても、器がなければ美味しく味わうことはできないでしょう。

器があるからこそ、それを味わうことができ、そして「ああ、幸せだなぁ」と感じることもできますよね。


幸せというのは、条件ではなくて感情で味わうもの。

「どうも幸福感に乏しい」と感じていらっしゃる方は、ご自身の感情を自分でしっかりと受け止めることができているかどうかをチェックしてみるといいかもしれませんね。





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する

SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers

[PR]
by sweetflowers | 2017-03-13 18:40 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

2つの思考の使い方

物事を理解する時には2つの思考の使い方があって、ひとつは対象を理解し易いように小さく分割するという働き方。学校の授業でノートを取る時に、段落ごとにまとめていくような感じですね。ひとつのことを深く見て分析していく時に向いている思考の使い方です。


ただ、あまりにも分析的な傾向が強くなると、「本質を見落とす」という事が起きてきます。

そこで必要になってくるのが、全体を見回して、パーツとパーツの下に横たわるものに目を向けて、そこに潜む関連性に気付いていくという思考の使い方です。

この全体を見回して洞察を得ていけるように働きかけるフラワーエッセンスが、シャスタデイジーになります。

フラワーエッセンスの性質は花の姿からの影響も受けますので、シャスタデイジーの姿からもう少しこのエッセンスがとんな風に思考力の働きかけるのか見てみましょう。


シャスタデイジーの花の色は、白です。白は汚れないものを象徴する色ですね。そこから、物事を深く理解するためには、思い込みなどがないフラットな状態であることが分かります。そしてまるく太陽のように広がって咲く花の形は、全体を捉える為にはより多くの情報を捉えていくこと、そしてそのためにはシャスタデイジーが真っ直ぐに伸びる茎を持つように、出来るだけ全体を見渡せる位置に立つことが必要なことが分かります。

同時に、白い花ぴらを中心でまとめる花心は自我をあらわす黄色で彩られ、固く真っ直ぐな茎は自我がしっかりと確立されている必要があることを伝えています。

そんな全体を捉え深く理解していく時に必要な要素に対して、シャスタデイジーのフラワーエッセンスはその人なりにうまく使っていけるように働きかけます。

人生の中で同じ学びを繰り返している、そんな時は学ぶ力が弱くなっていると言えるかと思います。その時に、もしかすると出来事と出来事を関連付けているものに気が付いていないがために、学びの本質にたどり着けていない場合もあります。

うまく変換が促されない時には、こうした面にも目を向けてみると良いかもしれませんね。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー

2016年11月のセッションスケジュール

メタフローラセッションのモニター募集中

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-12-04 14:53 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

小さなリスクテイク

インターネットの世界を歩き回っていると、時にとても辛辣な言葉に出会うことがあります。

社会に対する諦めや不信感からそういった言葉が生まれてくることもあるでしょうし、批判的ね目線で世の中を見ることから生まれてくることもあるでしょう。

その根底にある感情は様々ですが、「思考を使い過ぎる」と言うのもひとつの要因ではないかと思います。

本来エネルギーはハートを通して全身を巡っていきますが、思考を使い過ぎるとエネルギーが頭に集中しやすくなります。

エネルギーが巡らなくなったハートは冷えていき、熱に対して否定的になります。つまり、情熱的に生きていくことがばからしい、或いは「まじ、引くわぁ」な感じ(笑)

やりたいことがない、分からない、なんとなく無気力といった時には、ハートが冷えきっていることを伝えている時。

考え過ぎる人は、行動に移すことが難しくなることがあります。それは色々なことを想定するとリスクがあるように思えてきて、結果動けない。恐れが出てきてしまうんですね。

私も時々あります。

大切なことは、とにかく動いてみること。

それはやったって意味無いんじゃない?と思うような小さなことで十分で、そんな小さなリスクテイクが自分の中に再び情熱をもたらすきっかけになります。

こうした状況には、カリフォルニアワイルドローズが役に立ちます。

小さなリスクテイクはまるでバラの棘のように、微かにあなたの内面を刺激します。その刺激にハッと目覚める度に、あなたの周囲には既に愛すべきものがあった事に気付くでしょう。

情報に溢れ、ともすれば気力さえも失われていくような社会の中で、全力で生きていくことは大きなチャレンジなのかもしれません。そんな時代だからこそ、ハートを癒し、生きる勇気と情熱をもたらすカリフォルニアワイルドローズのフラワーエッセンスは、重要な働きをしていくのかもしれませんね。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-11-05 20:07 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

内面の美しさを表現する

自然の風景が魅せる美しさや繊細な旋律を醸し出す音楽の美しさなど、個々の好みはあったとしても言葉や国、人種や年齢などを越えて人の心に響きかける美しさがある一方で、人の外見的な美しさは文化や価値観によって大きく変わることもあって、それだけ社会性をともなうものでもあるんだろうと思います。

社会性を伴うと言うことはそれだけ人目が気になるものでもあり、特に今の日本ではナルシシズムな傾向も強いですし(トハイエ、人間の精神的清張においては必要な過程ではありますが)、その為に本来の自分の上に社会敵に回し美しいとされる仮面を被ろうとするのは無理もない事かもしれません。

人が生き生きとした魅力を放つのは、その人の魂の輝きが外側に溢れてきた時で、その魂の輝きに気付かず本来の自分とは異なる仮面を多い被せた時、魂は力を失います。

同じ大学にオリンピックに出場した選手がいて、ある日遥か遠くの方からこちらの方に歩いてくる姿が見えたんですね。顔なんか全然誰か分からないくらいに離れていたのに、びっくりする程その人の周囲が光り輝いていて、周囲からあきらかに浮き出ていました。

ああいうのをオーラがあるって言うんだなぁ、と思ったんですが、未だに印象に残っている位強烈な体験でした。

ああいう輝き、羨ましいですね。


フラワーエッセンスをお使い頂く中で、顔が明るくなる方がいらっしゃいますね。顔を覆っていた膜が1枚取れたような印象を受けるんですが、それこそ仮面を取った状態なんでしょうね。内側から発光するような感じです。

内面の美しさを表現することに特にフォーカスしているフラワーエッセンスとしては、プリティフェイスがあります。

「自分は美しくない」と言うセルフイメージによってその人が本来既に持っている内面の美しさを表現することができずにいるときに使っていきます。

この「美しくない」と言う思い込みは、過剰に外見を飾り立てると言った方向に表現される場合もありますし、反対に敢えて外見を構わないことで「美しくない」状況に自分を置くことに表現される場合もあります。

プリティフェイスはどちらの状況に対しても、そのかたの内面の美しさを表現する方向に働きかけてくれます。

結果的に美しさが増すこともありますし、過剰に飾り立てることを止めるといった方に出る場合もあります。部屋を美しく飾る、芸術に親しむなど自分の環境に内面の美しさを投影する場合もあります。

いずれにしてもその人らしさが現れてくるので、自然と生き生きしてきますね。

仮面を外すこともそうですが、フラワーエッセンスを使う中でバランスが取れてくると不要な所にエネルギーを使わなくなるので、それもあって生き生きしてくるのかなぁと感じています。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年8月の人気記事TOP10です☆

1. 「成功している人たち」がまったく使わない言葉
2. 今年も癒しフェアに参加して来ました
3. 夢に関するフラワーエッセンス2つと・・・
4. 魂に聖杯を抱いて
5. ベストシナリオを描く
6. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
7. 相手の話を「そのまま聴く」のに必要なこと
8. コーピングってご存知ですか?
9. 過食とフラワーエッセンス
10. 生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~

☆ ---- ☆ ---- ☆ --- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-10-02 12:12 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

全てがレゾナンス

時々ですが、「今日は1日このエッセンスと過ごす」と決めて、そのエッセンスを1日じっくりと使っていく、ということをしたりします。

先日はピンクヤロー。

「ハートの境界線」をテーマとしているフラワーエッセンスですが、その日使ってみて感じたのは、自分の中にあった怒りのベースには「至らなかった」という後悔の気持ちがあることに気付かされました。

その気持ちが自分の中でどうにも納めることができなくて、それが苛正しさとして表れていたんですね。

どこかにぶつけずにはいられないという、迷惑な話です(^^;)

このどうしようもなさに対してハートを集中的にケアするために、フローリッシュフォーミュラの中のセイクレッドハートと共にベネディクションオイルをハートと喉、下腹部に塗ってみました。

一挙にハートから緊張が抜けて前に倒れ込むような感じになりましたが、自分の心を傷つけないようにこんなにガードを張っていたのかと改めて気付かされました。

ピンクヤローのテーマの一つとして、「真の同情と慈愛」があります。

同情することは、相手の立場に立って親身にその感情に寄り添うことですが、ピンクヤローを必要とする方の場合は自分の感情ではなく相手の感情を自分の中に取り入れて一体化してしまう傾向があります。

状況によっては相手の弱った感情と一体化する事で自分のエネルギーも弱めてしまい、気がつくととても消耗してしまっているような場合もあります。

看護や介護、セラピストなど人をケアする活動の中で疲れやすいと感じる場合には、ピンクヤローを使うことで自分を保ちつつも相手を親身に思いやることができるようになってきます。

このピンクヤローが伝える学びについて、フラワーエッセンスレパートリーの中で「愛を与えることは、人の感情を吸収することではなく、自分自身を内から輝かせること、癒すこととは共感的に混じりあうことではなく、同情にあふれた存在感をもって接すること」だと記述されています。

このメッセージは、私がプラクティナーとしての在り様に対する一つの指針となっています。

さて、そこから更に展開させて、真のヒーリングパワーの発揮を助けるフラワーエッセンスとしてサンフラワーがあります。人それぞれの中にある太陽のような個人性の発揮を助けてくれるサンフラワーですが、そこには女性的な優しさだけではなく、健全な男性性もまた癒やしにとって大切なことが分かります。

人の中にある聖なる輝きに触れることで、自身の中にある輝きが溢れ出してくる。

そして既に自分の中にあったパワーに気付くことで、深い癒やしが起きてくる。

花とあなた。あなたとわたし。

全てがレゾナンスによって織りなされているのがこの世界、と言ったところでしょうか。






☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年8月の人気記事TOP10です☆

1. 「成功している人たち」がまったく使わない言葉
2. 今年も癒しフェアに参加して来ました
3. 夢に関するフラワーエッセンス2つと・・・
4. 魂に聖杯を抱いて
5. ベストシナリオを描く
6. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
7. 相手の話を「そのまま聴く」のに必要なこと
8. コーピングってご存知ですか?
9. 過食とフラワーエッセンス
10. 生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-09-11 15:36 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

理想を追求するが故に排除したもの

多数の知的障害者が犠牲となった痛ましい事件がありましたが、本当に衝撃的な事件だったと思います。

報道からは「ヒトラーの思想」といった言葉も出てきて、このようなジェノサイドのベースにある思想に私は改めて意識を向けてみました。

ナチスの行った政策は、元は健全性を高めるものでした。人格、人間の向上という考えから様々な政策を行い、例えば食事の健全さやスポーツの推進、理想的な家庭への啓蒙などむしろ素晴らしいと言ってもいいようなものです。

けれど理想の形を追求するあまりそこから排除されるものを外していこうとしたときに、残虐な行為へと向かっていきました。

これは、ルワンダで起きた大量虐殺でも同じで、優生学に基づく人為的な民族の区別から始まりました。

そして、こうも思うのです。

理想を追求するあまりそこから外れるものを認めないと言ったことは、私の心の中にも起きていないだろうか?

例えば、自分は関心があるけれどそれに関心がない人を責めてみたり。

自分が理想とするやり方に固執するあまり、人のやり方を見下してみたり。

過剰なまでに食事にこだわったり、或いは体のデトックスにはまったり。

顔のパーツがどうしても気に入らなくて、いっそグリグリと塗りつぶしてしまいたいと思ったり。

自分ができないことを認めたくなかったり。

その他、色々。

けれど、フラワーエッセンスの世界は、そんな排除してしまいたいと思う部分に光を当てます。それがあることを認め、自分なりに受け止めていく中で、認めたくなかったものの中に大切なものがあったことに気付かせます。

自分の中にも、そして他人の中にも。

それは自分の全てを愛する作業となりますが、そしてフラワーエッセンスはどれを使ってもそうした方向に向けてくれますが、取り分けこの全体性という側面に強く働きかけるのがホリー。

愛から切り離されている状態、嫉妬や妬み、疑いや怒りなど暗い感情にはまっているときにハートを愛で満たしてくれます。

自分と他人は異なる、と区切ったところから争いが始まります。けれど、肉体を持って生きている限りには、「私」と言う個が確立されていることもまた大切です。

そうした両極性の中で、如何にバランスをとって生きていくのか。

ホリーは自分という枠を広げ、その中に他者を含め愛していくよう働きかけますが、その働きこそが答えではないかと思います。

その意味で、これからの時代、やはり非常に重要な働きをしてくれるフラワーエッセンスのひとつだと考えているんです。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-09-07 20:33 | Trackback | Comments(0)

心の境界線を超えて

どうやっても相手と話が噛み合わないことがありました。

まぁ、向こうがしっかりとガードを張って相手を中に入れないぞ、としているときだったので、当たり前といえば当たり前だったんですが。

これも後から事情を説明されて謝られたんですけど、でももしあの時私も「もういいよ!」と相手をシャットアウトしていたらお互いに理解をすることはできなかったかもしれません。


その時の私を助けてくれたのは、プッシーポーズのフラワーエッセンスでした。


プッシーポーズは肌と肌との触れ合いが苦手といった、相手と自分の間にある境界線を超える恐れをテーマにしています。これはなにも肉体的な部分だけではなく、人の心の中にある境界線も含まれます。

例えば誰かに対して批判的な目で見てしまうときには、自分の価値観をベースにして相手を判断していることが多いです。価値を基準にして人を見ると、どうしても自分とは合う合わない、自分は正しいけれど相手は間違っているといった自分と相手の間にある「違い」に目が向いてしまいます。

これが心の境界線。

「私が理解できるのはここまで。だからそこから先のことは認めないわ」といった感じでしょうか。

この心の境界線を持ったまま相手と向き合っても、そこにはお互いに自分の考えに相手を寄せようとするパワーゲームや、違いがあることから生まれる恐れといったものが存在します。

自由を訴えながら自分の意見が通らないとなると拳を振り上げて相手を糾弾したり、力で自分の意見に従わせようとする。そんな「それ、自由な状態じゃないですよね?」と言いたくなるようなことが起きてくるのも、こうした心の境界線が絡んできます。

境界線は争いや拒絶が起こる場所、と言っても良いかもしれません。

その心の境界線を超えていくことは、やはり勇気がいります。少なくとも私は自分の中に葛藤が起こります。結構頑固なところもあるので、余計にそう感じるのかもしれませんね。

そうですね、心の境界線は価値観や思いこみなどが頑なになったものが壁となってできあがってくるのかもしれませんね。

そんなカチコチに頑なになった心の境界線に対して、プッシーポーズは和らげ、自分がここまでと思っていた枠をぐっと広げてくれます。不思議なんですけどね、ふっと「もしかしてあの人はこうだったのかな?」と視点が変わるきっかけができたり、「まぁ、そうだよね」となんとなく受容できたりするんですよ。

FESもプッシーポーズはこれからの時代にとても必要とされるエッセンスとしているようですが、私また同じように感じています。

心の境界線を越えていく、そしてクロスオーバーしたその場にこそ平和と愛が満ちあふれている、

そんなビジョンを見せてくれるエッセンスだから、と言っても良いかもしれないですね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年7月の人気記事TOP10です☆

1. 健康的に亡くなる
2. 「癒し」は必ずしも必要じゃない
3. 過食とフラワーエッセンス
4. 言葉って難しい
5. 使うタイミングを図る
6. フラワーエッセンス療法におけるセッション回数
7. 花と旅する時間
8. 「優しい嘘」は本当に優しいの?
9. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-08-31 19:55 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

他者への共感力にブロックがあると

現代を生きている私達がフラワーエッセンスを使うとき、時代性というのはやはり関連してくるだろうと思います。

私は、これからは「チームの時代」だと捉えています。

一人一人が自分の強みを知り、それを磨き上げ、そして自分が属するコミュニティへと還元していく。

それをどれだけ意識して物事に取り組んでいけるかで、実現するスピードも規模も変わってくるんじゃないかな、と思っているんですね。

エネルギーセンターで言えば第3チャクラと第4チャクラがテーマで、私が今扱っているケースもこの辺りに関するテーマが多いです。

そんな中で、私自身が気になっているエッセンスを何回かに分けてご紹介していきますね。


最初は、イエロースターチューリップ。

最近世間を賑わす事件のいくつかは、このエッセンスがもたらす「共感力」が欠如しているところから発生しているようにも思えます。

共感力というのはただ相手の言うことに「そうだよね」と同意することではなく、相手の思いを受け取り、そこに自分の感情を乗せて理解を深めていった上で相手に思いを返していく、そういう感情のやり取りの上で成り立つものだと思うのです。

相手の思いを受け取ることなく自分の思いだけを相手に投げかけても、そこにはお互いの感情的なやり取りが発生していないわけで、自分のことだけにしか関心がない状態に実はなってしまっているのです。

相手の思いを受け止めることがなければ、自分の行為や言葉が相手にどんな思いをさせているのか気付くことができず、結果的に人間関係を難しくしてしまうこともあります。

イエロースターチューリップは、相手の思いを受け取るための感性を繊細に高めていく働きをもたらしてくれます。その結果、相手の心に届く気配りと思いやりをその関係性の中にもたらしてくれます。

FESが報告を受けているケースとしては、チリの刑務所で受刑者に使われたケースがあるそうです。イエロースターチューリップを使うことで、自分のしたことに責任を持つこと、そして被害者がその時どう感じたのか?といった認識が生まれてくるんだそうです。

被害者がその時どう感じていたのか。

他者への共感力に対するブロックがあると、この部分がよく理解できないんですよね。

そしてこれは、エゴの問題とも関連してきます。

第3チャクラはエゴのテーマを持っていますが、それは「自分さえよければ相手はどうだっていい」「自分だけ満たされれば周りが困っても気にならない」といった身勝手さに現れてきます。

同時に、社会的なテーマはそれを目にした私たちにもこう問いかけてきます。

「あなたの中にも、それはありませんか?」

私もまた「ああ、あの時私はとても身勝手だった」と心苦しく思うものもあって、そしてできれば蓋をしてしまいたい気持ちでもあるんですが。

ただ蓋をすると、今度はそれを自分の中に無かったことにしようとして、同じような状況にある人を責めることで自分の中から目をそらそうとしてしまうんですよね。過剰なあるべき論に陥ってしまいます。

そこでもう一歩、自分の中に踏み込んでいくには、「それは本当に自分を愛することなのか?」と言う思いが必要になります。



フラワーエッセンスは、花の命を捧げられて作られています。それは犠牲的なまでの、無条件の愛だとも言えます。

その一歩を踏み込んでいく後押しを、フラワーエッセンスなら必ず果たしてくれる。

そんな思いもまた、持っています。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年7月の人気記事TOP10です☆

1. 健康的に亡くなる
2. 「癒し」は必ずしも必要じゃない
3. 過食とフラワーエッセンス
4. 言葉って難しい
5. 使うタイミングを図る
6. フラワーエッセンス療法におけるセッション回数
7. 花と旅する時間
8. 「優しい嘘」は本当に優しいの?
9. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-08-28 14:53 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

夢に関するフラワーエッセンス2つと・・・

FESのフラワーエッセンス療法では、それを支え理論のひとつとしてユングの分析心理学も取り入れています。そうした背景もあり、フラワーエッセンスを使用する過程でクライアントが体験する夢についても注目していきます。

フラワーエッセンスを使用している期間中に印象的な夢を見た際にはメモをとっておいて頂き、セッションの場でプラクティショナーと共有する中でイメージを自由に膨らませ、夢との関係性をクライアント自身が深めていく中で、そこに秘められた無意識からのメッセージを受け取り、気づきを得、癒やしのプロセスを進めていきます。

プラクティショナーの所に訪れないとしても、そうした夢のメモを残しておくと後から振り返ったときにその夢を見たことがひとつの転換点であったことに気付いたりして、興味深いものがあります。

さて、その夢。

夢に関するフラワーエッセンスとして対照的なアプローチをとる2つのエッセンスがあります。

ひとつはスターチューリップ、そしてもうひとつはマグワートです。

スターチューリップはその人の内面で起こる様々な感情や内なる声をキャッチできる繊細さを育ててくれますが、その繊細さが育つことで夢を見ることに対しても働きかけていきます。普段あまり夢を見ない方が夢をよく見るようになるといった変化や、「メッセージ性のある夢を見るようになった」といったような夢による現状分析を助けるドリームワークの後押しとしてもスターチューリップは役立ってくれます。

一方マグワートは、夢と現実(夜と昼)の境がその人の中で混沌としているような場合に、切り替えのリズムをもたらしてくれます。例えば夢を過剰に見る人や、夢と現実の区別が付きにくいくらいにリアルな夢を見る人、またそれ故によく眠れないといった場合に、夢と現実の区切りをつけて現実に対応していきやすくしてくれますし、夢の質が上がるので夢からのメッセージが受け取りやすくなったりもします。

どちらのエッセンスも夢からのメッセージを受け取りやすくなりますが、内面の繊細さを高めたい場合にはスターチューリップを、夢うつつな感じの場合にはマグワートを、と使い分けていきます。

FESのフラワーエッセンスは現在150種類ほど販売されていますが、実に細やかで多様だと個人的には感じています。

最初はどう使い分けていくのか分かり難い部分もありましたが、花を観察していくことや情報を得ていくことの他に実際に使ってみること、そして実際にいろんな人と出会っていくこと、そしてその中で体験したものをフィードバックする中で少しずつ「そうか、これはこういう状況の時に使っていけるんだな」と言うことが分かってきましたし、何よりエッセンスに対する理解が深まったと感じています。

それはまた自分の中にしっかりと根付くと共に、私自身の器も広げてくれたのではないかと思っているんですよね。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

8月27日開催。旅するようにフラワーエッセンスを学ぶ講座。
花と旅する時間

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


2016年7月の人気記事TOP10です☆

1. 健康的に亡くなる
2. 「癒し」は必ずしも必要じゃない
3. 過食とフラワーエッセンス
4. 言葉って難しい
5. 使うタイミングを図る
6. フラワーエッセンス療法におけるセッション回数
7. 花と旅する時間
8. 「優しい嘘」は本当に優しいの?
9. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-08-15 20:02 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)