タグ:マリポサリリー ( 15 ) タグの人気記事

マリポサリリーから白の意味を考えてみる

フラワーエッセンスの性質はエッセンスが作られる花の色にも関係してきて、例えばピンクであれば愛情やハートに関するテーマを、黄色であれば勇気や自己表現と言ったテーマを持ちます。

先日ふと、白という色の持つ意味を改めて自分に問いかけたことがありました。

白と言うとやはり「真っ白」のイメージ、清潔さや穢れの無さ、無垢、浄化と言ったイメージで説明されることが多いのですが、果たして本当にそれだけなのだろうか?と思ったのです。

一口に白と言っても多彩で、青みが含まれる白や黄みがかった白、やや赤みを感じさせる白など、よくよく見るとそこにほんのわずかでも他の色が含まれているように思います。

それは白と言う色が何かを拒絶するような潔癖さではなく、他のものを常に含む許容性を持ったものであるからではないかと感じたのです。

白い花から作られるフラワーエッセンスは色々ありますが、母性をテーマとするマリポサリリーもまた柔らかさをまとった白い花です。

人の内面にある母性が未熟であれば自分と人とを分け隔てる潔癖さが表れたりしますが、母性が成熟してくると異質なものであっても受け入れようとする許容性が生まれてきます。例え穢れているように見えたとしても、それを受け止め愛することで穢れの中に既にあった清らかさを浮かび上がらせていくような、そんな育む力ももたらしてくれます。

その時、白と言う色が持つ無垢さは、何物にも捉われずに本質を見ると言う力を人に与えてくれるのでしょう。

本質を見て、判断することなくただ受け止める。

マリポサリリーの白い花から、白と言う色の持つ奥深さが垣間見えたように思いました。


d0018315_22403145.jpg


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-07-23 22:41 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

相手に負担をかけない優しさ~マリポサリリー

フラワーエッセンスの働きとしては、その人の中のある性質に対して過剰あるいは不足している時にバランスを取ってくれるということ。

例えば、細やかさという性質も過剰であれば神経質になり過ぎてしまいますし、不足していれば見落としが多くなったりしてしまいます。その人の中で丁度いいバランスの細やかさであれば、その方の良さが最も発揮される状態になる訳ですよね。

それからもう一つは、バランスが取れた上で更にその性質を洗練させ、高めていくということ。

私はよく「成熟させる」という表現を取りますが、芸事でもあるじゃないですか、「円熟の境地」とか。ただバランスを取るのが上手になるだけではなくて、その性質が
十分に熟達して、ゆたかな中身をもつに至るところまで持っていってくれる、そんな働きですね。

私の知人でTさんという方がいるんですが、「マリポサリリーのフラワーエッセンスが成熟していくと、こんな風になるんだろうな」という一つの形を彼女にはいつも感じています。

マリポサリリーは母性や女性性の癒しをテーマとする代表的なフラワーエッセンスですが、もうひとつ、感情を成熟させていくという働きも持ちます。

Tさんは非常に感情が安定している方で、日常の中で色々揺れ動くものはあるでしょうが、それを上手にご自身の中で処理していかれる、そんな感じの方です。

感情との付き合い方には段階があって、爆発させたりあるいは抑え込んだりといった状態から、自分の感情を認めてそれをそのまま素直に表現していく段階、そしてその表現が更に成熟していくと、抑えることなく、でもさりげなく表出させていく段階に入っていくように思います。

Tさんはとてもさりげなく感情を表出させるんですが、それは、自分の感情によって相手の感情を無理に動かすことをしないからなんじゃないかと私は思っているんですね。自己完結してると言うんでしょうか。なのでこちらもとても素直に、その時の自分の感情のままにTさんに共感したり、時には自分が感じたことをなんのてらいも無く話すことが出来る。

非常にコミュニケーションが楽ですね。

そしてそれは、相手に負担をかけない優しさ、のようにも感じます。

そういう母性の発揮の仕方もあるんじゃないかな、と、Tさんを見ていると思ったりするんですよね。

d0018315_11242455.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


バーストラウマ・セッションがリニューアル。
4月30日までモニター価格で受けられます。
バーストラウマ・セッション

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2017-04-20 11:24 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

感情の質を上げてみると

ここのところ、ご自身の感情とどう付き合っていくのかをテーマとした方のセッションが続きました。

溢れ出る感情とどう付き合ったらいいのか戸惑われる人、反対にどちらかと言うと感情表現が乏しい人。


人生の豊かさは感情生活の豊かさでもあると思うので、どちらのタイプもバランスよく表現しいていけたら、より良い人生が送れそうですよね。


マリポサリリーと言うと「母性の癒し」をテーマとした時に使われる代表的なフラワーエッセンスですが、こうした感情の質をあげていくときにも私はよく使います。

と言うのも、人の内面に作られる感情の器は、通常乳児期から幼児期の母親との密接な関係性の中で育まれていくからです。


マリポサリリーを使われていくなかで、「悲しいってこういう感情なんですね」と言われたときには、「ああ、この方の中で感情の器ができたんだなぁ」と感じました。


美味しいスープを作っても、器がなければ美味しく味わうことはできないでしょう。

器があるからこそ、それを味わうことができ、そして「ああ、幸せだなぁ」と感じることもできますよね。


幸せというのは、条件ではなくて感情で味わうもの。

「どうも幸福感に乏しい」と感じていらっしゃる方は、ご自身の感情を自分でしっかりと受け止めることができているかどうかをチェックしてみるといいかもしれませんね。





☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する

SweetFlowersのセッションメニュー


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers

[PR]
by sweetflowers | 2017-03-13 18:40 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

女性性の成熟がもたらすひとつの変化

ハーモニアス・リーダーシップを一番最初に使ってくれたのは私の友人なんですが、その時に「これは、男性性、女性性をそれぞれ成熟させて、で、拡張して、でもって統合するんだよ」的な説明を私からされて、なんだかよく分からなかったらしいんです(笑)

私自身はこの説明で分かるんですが、でも確かにいきなり言われたら分かるような分からないような、な感じですね(^^;

分からないけれどとにかくまずは使ってみたところ、「女性性の成熟ってこういう事?」と感じた体験をしたそうです。

それは「自分は今まで男性の面倒をみるのが母性だと思っていたけれど、それはどうやら違うらしい」と言う気付きでした。

そしてその事に気付いたことがきっかけで、男性の好みがいわゆるやんちゃな感じの人から頼れる大人の男性へと変わったんだそう。面倒を見る側から、素直に男性に頼りたいという気持ちの変化もあったそうです。

これは男女関係の中で、自然な役割でもあるんですよね。マリポサリリーのような自分の中の女性性や母性を癒すフラワーエッセンスを使っていくと、他者を慈しむことができるようになると同時に、自分もまた他社から慈しみを受け取ることができるようになってきます。

女性性がもたらす受容性と言う性質は、そんな役割でもあるんです。

女性性が成熟したことによる、ひとつの変化とも言えますね。


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

あなたの可能性を、価値ある未来へと創造する
SweetFlowersのセッションメニュー

2016年11月のセッションスケジュール

メタフローラセッションのモニター募集中

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-11-27 13:14 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

ファッション一つとっても

ファッションは、その人の心を映し出すものでもあるようです。

例えば気持ちが後ろ向きの時には何となくダークトーンの服が落ち着いたり、逆に明るい色の服を着ることで心が明るくなることもあったり。

好き嫌いとは別に、女性らしい服装が苦手、という場合もありますね。

セッションなどでたまにあるのが、なぜか理由はわからないけれど女性らしい格好が苦手だ、というご相談。その人の中で何らかの葛藤があるわけですが、辿っていくとお母さんがあまり女性的な格好は好きではなかった、ということも。

かく言う私の母もサバサバしたタイプの女性が好きで、髪型もショートカットが好みです。これはきれい好きで長い髪が落ちているのが嫌だ、という理由もあるのですが。

ただねぇ、私の体型的にもボーイッシュなものは似合わないのよ、悲しいくらいに。

そんなわけで早々に母の好みは無視して、今に至っています。

母親とファッションと言えば、こんな方も。

母親をテーマとするマリポサリリー、女性性の痛みを癒やすハイビスカス、幼少期に受けた「自分は必要とされていない」という思いを癒やすイブニングプリムローズを使われたある方は、フラワーエッセンスを使っていく中で「私は母親好みの洋服を無意識に選んでいたんだなぁ」ということに気付いたそうです。

生まれてから3歳くらいまでは、子供にとっては母親は自分と一体なんですよね。そこから自我が芽生えて徐々に分離をしていくんですが、母親との関係性が密接すぎるとこの分離がうまくいかず、アイデンティティの一部(時には大部分)が母親になっていることが少なくないです。

とても仲のいい母と娘の関係を「一卵性親子」と言ったりしますが、それは必ずしも精神的に自立した大人同士として相手を認め合っているケースばかりでは無いようです。

先ほどのケースのように、自分の好み=母親の好みとなっていて、本当の自分が望んでいるものが実は分からない、ということもあるんですね。

そんなことから、フラワーエッセンスのセッションを受けていく中で服装が変わることがあります。

私、見逃しません(笑)

と、冗談はさておき、あなたの今のファッション。それはあなたの内面としっくりするものになっているでしょうか?

少しでも違和感があるなら、もしかすると本当のあなたが表現されたがってうずうずしているのかもしれないですね(^-^)


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

7月23日、8月27日開催。旅するようにフラワーエッセンスを学ぶ講座。
花と旅する時間
 7月23日の講座では、マリポサリリーもご紹介します。

感情的な充実が幸せな人生のバロメーター
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年5月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. フラワーオイル、こんな使い方いかがですか?
3. 「感情は信用できない」というあなたに
4. リトリートその2
5. 過去に感謝を、未来に祝福を
6. 花たちが与えてくれる時間
7. 感情表現には色々な方法がある
8. 花粉アレルギーとおばさま方との関係性
9. リトリートその1
10. 幸せのバロメーター

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-06-17 19:04 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

「頑張りすぎる」を両親との関係性からみてみると

「頑張る」という言葉は江戸時代から存在しているそうですが、語源としては2つあるそうです。

一つは「眼張る(がんはる)」が転じて「頑張る」になったとする説で、 「目をつける」や「見張る」といった意味から「一定の場所から動かない」という意味に転じていって、さらに転じて現在の意味になったとするもの。

もうひとつは、自分の考えを押し通す意味の「我を張る(がをはる)」が転じて、「頑張る」になったとするもの。

どちらも印象としては、硬さや強さを感じさせますね。

その印象もあってか、頑張りすぎると体も心も硬くなるような気がします。

この「頑張る」、ひいては「頑張りすぎる」心の状態を2つのフラワーエッセンスからみてみましょう。

父親との関係性を癒やすベビーブルーアイズと、母親との関係性を癒やすマリポサリリーです。

先日の記事で少し触れましたが、子どもは父親との関係性を通して社会と自分との関係を学んでいきます。

育ってくる過程であまり父親との接点がなかったり、感情的なサポート(これ、大切です)があまり感じられなかった場合、父親から自分はしっかりと守ってもらえているという安心感を社会に反映していくことが難しくなります。

そうすると「自分にはあまり味方がいない、応援してくる人がいない」と無意識レベルで感じることになって、自分のことは自分で守らなくては、という意識が強くなります。その意識が、時に頑張りすぎにつながっていくことがあるんですね。

こうした頑張りすぎにベビーブルーアイズを使っていくと、社会に対する信頼感が育っていくと同時に自分を守るためにまとっていた精神的な鎧が外れて、その人が本来持っている素直さが表面に出てくるようになってきます。

一方、母親との関係性からは、子どもは帰属意識(自分はここにいていい、という意識)を得ます。

なので、「母親から十分なサポートを受けなかった」と子どもが無意識にでも感じていると、「自分はここにいてはいけないのではないか?自分は必要とされていないのではないか?」という意識を持つようになります。

その思いをどうにか埋めようとして、頑張りすぎてしまうんですね。

こちらのタイプの頑張りすぎにマリポサリリーを使っていくと、「自分は愛されている、必要とされている」という感覚に支えられた状態で周囲の人と暖かい感情のやり取りができるようになります。

「頑張りすぎる」をひとつとっても、その要因は様々。

ご自身が何を満たそうとして頑張りすぎているのか、をみていくことが大切ですね。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

最高の自分を生きたいあなたに。
フラワーエッセンス・セッション

自分の存在を肯定していくプロセス
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2016年2月の人気記事TOP10です☆
1. 過食とフラワーエッセンス
2. 自立心、独立心を失ってしまったとき
3. 癒されたかどうかのバロメーター
4. 婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. 人との関係性を深めていく
6. バーストラウマ・セッションを始めた理由
7. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
8. 自分本来の思考の働きを取り戻す
9. 批判されると怒る人
10. イライラしやすい人も増えているようですが

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-03-29 19:37 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

悲しみを癒やす女性的な力

母性的、女性的な力というのは、とても奥深いレベルで働きかけてくれるかな、と感じることがあります。

悲しみに暮れているとき。

段階にもよりますが、頑張って前向いていこうよ!といった男性的な陽の力では対応しきれないときがあって、そもそもそれが有効に働きかけるのは立ち上がる気力がある、つまりはある程度エネルギーがある状態です。

でも、悲しみが強いときには、まずはその悲しみを吐き出すこと、それも安全で安心して吐き出せる場所が必要です。

子どもの頃に理由もなく悲しくなると、「とにかくご飯食べれば元気になるから」という訳の分からない理由と共に差し出された温かい食事。それを頂くと、自分の奥深いところからほっとして、なんだか大丈夫になってくる。

今の自分がどうであろうが、ただ差し出される暖かさに包み込まれていく。

そうした力が女性的な力になります。

人が本当に悲しみから癒されていくときには、こうした女性的な力が必要です。

とは言え、いつもそうしたサポートを得られる訳ではないので、時にはフラワーエッセンスの力を借りてみても良いでしょう。

母性愛で包み込むマリポサリリーやマザーアースと繋がる安心感をもたらすレディスマントルなどが助けになるでしょうし、ホリーのように愛する力を取り戻してくれるようなものも心を慰めてくれます。

そうして少し元気になったときには、立ち上がった自分の背中を押してくれるような男性的な力を持つエッセンスを使われてみるのも良いですね。

人は、男性性と女性性をバランス良く使っていくことで自分の可能性を十全に生きていくことができます。悲しみを癒すときにも、上手に二つの力を使っていけると良いですね(^-^)

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

フラワーエッセンス普及協会の会員向けニュースレター(Vol54号)に、小松郁子の臨床ケースレポートが「クライアントの魂の成長を包括的に捉え、統合の方向へと導いた際立った例」として掲載されました。

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

自分ではどうにもできないと感じる感情の癒やしに
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


2015年12月の人気記事TOP10です☆
1. 引っ込み思案な人に暖かい心の交流をもたらすエッセンス
2. 行き詰まった状況の突破口は
3. 感情表現にリアルさがないとき
4. 人生で起こることは
5. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
6. 人前で話すことが苦手な人に
7. 相手の発言を押さえつけること
8. 逆転させる言葉
9. 揺らぐのが自然だから
10. 見事な遅刻振りの彼女が

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2016-01-07 18:14 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

優しく自分を育むマリポサリリー

子どもが発達していく初期段階での母子間のやり取りのことを母子相互作用と言って、この母子相互作用が何らかの要因によって欠如した状態をマターナル・デプリベーション(母性剥奪)と言います。

1950年代にボウルビィによって、母性喪失の問題が体系化されていきましたが、ボウルビィは孤児院の乳幼児を観察する中で孤児院の乳幼児が通常の家庭で育つ乳幼児よりも病気に対する罹患率が高いこと、また身体的・情緒的・知的発達が遅い理由として、このマターナル・デプリベーションを挙げています。

フラワーエッセンス療法においても、発達の初期段階におけるテーマはまず最初に取り組まれることも多いですし、他のテーマ、仕事や健康・肉体との関係性、恋愛や結婚といった親密な人間関係などに取り組んでいるときにも深い関係性をみせてきます。

一方で人の根源的なテーマでもあるので、そこを徹底的に取り組もうとすると終わりがなくなってもしまうので、自分の人生の目的が果たして本当にそれなのか?という未来に目を向けながら必要に応じて適宜取り組んでいくことも大切じゃないかと思います。

ざっくりとした言い方になりますが、問題があろうが無かろうが幸せになっても良いわけで、完璧になるまで待っていたらそれこそ人生が終わってしまいます。

とは言え、完璧にならないと幸せになれない、愛されないという危機感は、このマターナル・デプリベーションとも関係してくる場合が多いので難しいところです。

実は自分はもうすでに愛で満たされていた、と気付くのは感覚的なところが大きいので、何ヶ月或いは何年も取り組んだ後にある日いきなり一瞬で満たされる、ということも起こります。まるで、自分が持っている愛情の器の大きさを探っているみたいだと思うときもありますし、大きいが故に見失っているのかもしれないと思うときもあります。

海の中にはいってしまうと、海の大きさが分からなくなってしまう。

そんな感じでしょうか。

さて、母性をテーマにしたフラワーエッセンスとしてはマリポサリリーが代表的です。ゆりかごの中で安心して眠る子どものような感覚を使った人に与えるとともに、心理的にも肉体的にも人と優しく触れあえるようにし、親密な人間関係を作り上げていくときにも助けになります。

「優しく自分を育んでくれる感じがする」と表現した方がいらっしゃいましたが、自分の中に既に存在している母性愛で自分を満たしていく、そんなフラワーエッセンスですね。




☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

受けたその日が、新しいあなたの誕生日
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


10月の人気記事TOP10です☆
1. 一見面倒見が良い親子関係の危険性
2. 恋愛レメディ!?
3. 未消化の感情が残っていると
4.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. バーストラウマってご存知です か?
6. 悲しみを表現していく力
7. 好転反応について
8. 猜疑心で相手を見ること
9. 魂の可能性を思い描いていくこと
10. 時に「うんっ!?」と思うこと


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-11-29 16:15 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

他人に厳しい人って実は

この間、お友達の話を聞きながら「それってどういう心理状態なのかなぁ」と思ったこと。

あなたは他人に厳しい人ですか?他人に対して、常に不満を感じていますか?

以前、見るからに厳しそうな方に「私は自分にも他人にも厳しい」と言われて、それはすごいなぁと思ったことがありました。何となくですけど、自分にも厳しいんだったらそりゃあ厳しいこと言われてもしょうがないかな的な気分になっちゃって(^^;)いや、あんまり厳しいこと言われたくないのは本音ですけど。

まぁそれはさておき、やたらと他人に厳しい人って実は自分に厳しく当たっている人なんですよね。

で、何で厳しくなるかって言うと理想が高いからで、でも理想が高いからといって他人にも厳しくなるわけではなくて、理想の基準に自分が達してないなぁと感じているときに理想と相対して自己評価が低くなってしまうんですね。「こんな私じゃダメ!」みたいな感じで。

その自己評価の低さを「でも、今の自分はそうだもん、しょうがないよね」とか「今はそこまで行ってないけど、でもあそこを目指して頑張ろう」とかね、そんな風にその理想に到っていない自分を認めてしまえればそれはそれで力になるんですよね。なんだけど、それを認めてしまうと自分の中に痛みを感じるようなときには、抑圧してしまうんです。そうして抑圧したものを今度は他人に投影して、「ほんとにあなたってダメね!」なんて怒りとともにぶつけてみたりして。

ぶつけられた方にしてみれば、ビックリしますよね。「そこまで言わなくても」という気持ちだと思います。

さて、こうした状況に対してフラワーエッセンスを使うとすると、どんなアプローチが考えられるでしょう。

バターカップやサンフラワーと言った自己評価や自尊心を扱うものを使っていく、と言うのも一つの方法です。また、そもそもできない自分をありのままに受け入れられていないことが自己価値の低さにつながっていますので、自分を優しく育んでいけるようにマリポサリリーを使ったり、完璧でない自分を許していけるクラブアップル、マイルールを厳しいまでに守ろうとするタイプに使っていくロックウォーターなどが候補に挙がってくるかもしれません。

いずれにしても、周囲の人を厳しく切ったところで自分の望むように他人が動いてくれるわけではありません。北風と太陽の物語にあるように、暖かさによって自然と人が動いていく、その方がずっと楽に人との関係性を築いていけるんじゃないかと思います。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

バーストラウマってご存知ですか?

9月27日開催
「人生を成功と健康に導くバーストラウマの癒し」

SweetFlowersのセッションメニュー


8月の人気記事TOP10です☆
1. バーストラウマってご存知ですか?
2.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
3.過食とフラワーエッセンス
4. キーワードは「分離感と思い込み」
5. 相手の話に耳を傾けること
6. 一口に無駄使いと言っても
7. 自分の感情を認めることで、自己否定から解放されていく
8. コピペとかパクリとか
9. バーストラウマ・セッションへのご質問について
10. 生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-09-14 18:20 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)

理屈じゃなくて安心する感じ

一言で母性と言っても色々な側面があって、ちょっとした変化に気付いて「いつもと様子が違うけれど大丈夫?」と細やかに気を配っていくのも母性ならば、「大丈夫よ」と優しく育んでくれるような母性も合りますね。

知り合いのSさんと先日話をしていて、話自体は大したことない「こんなことあったんですよぉ」といった話だったんですね。で、Sさんも普通に返事を返してくれていた感じの、ほんと、どうってことない会話だったんです。

だけどSさんと別れた後に、自分の中が満たされて落ち着いている感じがしたんですね。

「Sさんの持ってる母性はすごいなぁ」と思ったんですが、この理屈じゃない、どうってことないんだけど「よし、なんか分かんないけど元気になった!」って感じは、母性がもたらしてくれる大きな要素だなぁと改めて実感した次第です。

安心したって感じたおかげで、「そうか、私実はちょっと不安だったのかも?」と気付いたくらいに見事な安定感でした。

ところでこうした安心感、安定感自分の内側に感じることができるように働いてくれるのが、マリポサリリーのフラワーエッセンスです。

使ってみると、ほっと肩の力が抜けるような優しい感覚に包まれていく。そんな性質を持っていて、ちょっとしたことだったら「まぁ、しょうがないわねぇ」と許していけるような感じでしょうか。

「そう言えばSさんはいつもゆったりした雰囲気だなぁ」なんてことに気がついたりして、見習いたいところです。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

5/10(日)開催!受講生募集中
はじめてのフラワーエッセンス講座

「私も可能性の扉を開きたい!」
そう思った方は、こちら↓のセッションをどうぞ☆
SweetFlowersのセッションメニュー


3月の人気記事TOP10です☆
1.生まれてきた目的に気付いていく~ワイルドオート~
2.人から批判されたときに、どんな反応をしますか?
3.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
4. 「行動しない」ことで自分に送るメッセージ
5.過食とフラワーエッセンス
6. コントロールとアドヴァイスの違い
7. 部署が異動になってショックなんです
8. 恋愛レメディ!?
9. 天のしずく~辰巳芳子”いのちのスープ”
10. 日だまりのようなコミュニケーションを助けてくれるフラワーエッセンス

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-04-30 20:01 | フラワーエッセンス | Trackback | Comments(0)