タグ:中国 ( 3 ) タグの人気記事

そしてタクシーの過激さは増し

d0018315_22325519.jpg
ホテルから仕事先へはタクシーで30分ほど。朝晩タクシーで移動しているが、これが本当に怖い。最初に乗った時に既にびびっていたというのに、「こんなのまだ大人しい方だよ」という言葉通り日を追うごとに(まるで計画されていたのかと思うほど)すごい運転のタクシーに乗車してしまう羽目になっていった。昨晩など最終日の度胸試しみたいに、今までで一番怖い運転だった。

少しでも先に進むもうとやたら車線変更はするし、対向車が車線をはみ出して向かってきたり、目の前で方向転換する車もあるし、その合間に人が横断していく。そして相当なスピードを出したタクシーは、クラクションを鳴らしながらぶつかるまでは前に突き進んでいく。いったい何度「ぶつかっちゃう!」「人轢いちゃう!」と思ったことか。フロントミラーにぶらさがっている「交通安全」(だと思う。商売繁盛じゃないよね?)のお守りをいったいどこまで信頼したら良いのだろう?と思った。

ホテルに無事着いた時の疲労感は、まさにジェットコースターを降りた時のそれと同じでございました。ああ、疲れた・・・・。

なんとなくだけれど、日々の生活で積み重ねているこの感覚が、バイタリティを生むのではないかと思ってみたりした。

そんな訳で一応今のところ無事過ごしている。そして今日。午後の全日空便で日本に帰る。空港に行く前にやっと少し時間ができたので買い物に行ってみる予定。もうしばらく、ぼてぼての自分の肉体なりに感性を研ぎ澄まさせて出かけてこようかと思う。
[PR]
by sweetflowers | 2006-08-04 09:57 | My Trip | Trackback | Comments(2)

クラクションで目覚める2日目

d0018315_2232275.jpg
大連と日本の時差は1時間。大連の方が1時間遅い。面倒なので時計は日本時間のまま。1時間マイナスすればいいや、と思っていたら、寝ぼけていたのかそれともそれも時差ぼけなのか、何故か1時間時間を間違えたまま朝食に向かってしまった。窓から見える大連駅の時計を見て、自分が1時間時間を間違えていたことに気が付いた。

それにしても、大連駅のすぐ近く、という立地条件のせいだろうか。早朝から鳴り響くクラクションの音で、眠い筈なのに実にあっさりと目が覚めてしまった。時差1時間、と言われると一昨日まで日本で暮らしていた生活リズムから1時間ずらして過ごそうとしてしまうけれど、でも地球の流れの中では別にきっかり1時間時間がずれている訳でもないのだ。ただ単にそういう決まりごとの上に、なんとなく納得して体の機能を合わせるわけで、人間の体って順応性が高いなぁ、と思ったりする。

ホテルから仕事先まではタクシーで30分ほどだが、これがまるでカーチェイスのようだ。ただでさえスピードに弱い私は、イメージの中ではブレーキべた踏み状態で、タクシーを降りるまで足に力が入ったままだ。車線なんてないだろうな、と思えるような状況を見ると、なんだかんだ言ったって、日本は規律正しい国だと改めて思ったりする。とは言え、あと3日はこのドキドキ感を味わう訳で、帰る頃には少しは慣れているだろうか?

そんな訳で大連2日目。やや疲れ気味。
[PR]
by sweetflowers | 2006-08-02 00:16 | My Trip | Trackback | Comments(0)

大連到着!

d0018315_223021100.jpg無事、大連に辿り着きました。朝、30分寝坊した時にはきゃーっ!という感じでしたが・・・。
とは言え、エコノミーが満席とのことで、ビジネスクラスにアップグレードされたのでラッキーでした。出掛けにいい機会だとばかりにレイキで「快適な旅となりますように」とシンボルを送ったお陰でしょうか?

大連はここ数年で大変乗用車の数が増えているらしく、大変な混雑。かつ、信号がほとんどないので、走ってくる車の間を抜けるように横断していく人がたくさん。それに道端のエンストやちょっとした事故などしょっちゅうの様で、東京でこんなにクラクションが鳴ってるのを聞くことなんてないよ、と思うくらいににぎやかでした。8車線もあるような道路も平気で横断していけるような度胸が必要なようで、「私はここでは一生道路を横断できないのではないか?」と一瞬まじめに思ってみたりして。なんでも「コツ」はひたすら前に進むこと、だそうで、前に進む分には車が避けてくれるけど、後ろに下がると却って危険なんだそう。なんて、結構深い言葉かも?

d0018315_22303719.jpgそれにしてもペットボトルで売られている緑茶、ですが、甘いのです。初めて飲んだ私は「これは?」と確かに飲んだことある味の記憶を辿る様に何度も飲みなおし、余程不思議そうな顔をしていたようで周囲から爆笑されてしまいました。しばらくして「ああ!午後の紅茶と同じ味だ!」と思い出しました。ちなみにキリンの生茶も売っていますが「低糖」の文字が。こちらもしっかり甘いようです。

そんな訳で、写真をアップしようと思ったら、ケーブルを忘れてきちゃった。ので、写真は帰国してからアップするとして(いや、仕事なのでそんな撮ってないですが、さすがに)、気力と体力がある限り、できるだけブログをアップしようかな、と思っています。まだ、元気がある大連初日、でした。
[PR]
by sweetflowers | 2006-07-31 23:48 | My Trip | Trackback | Comments(0)