花の写真

私の場合、フラワーエッセンスのセッションの最後に、花の写真のカードを使ってお客様用に選んだフラワーエッセンスの説明をしていきます。

なんとなくビジュアルがあるとお互いに分かりやすいような気がするので、そんなスタイルになったんですが、そんな時たまに(よく?)言われることが・・・・。

それは「これ、実は嫌だなぁと思った花なんです」とかいう言葉。

ごめんなさい。わざとはないんですけどね。

でも「嫌だ」と感じる花の場合、その方の中の何かが反応している訳なので、あまりにも拒絶反応が強い場合には無理には薦めませんし、もし「使ってみる」と言われた場合には「ちょっとチャレンジになるかもしれませんが」という言葉と共に飲み方の注意なども伝えていきます。

それでも不思議なものでその方の中から花の写真に抵抗を見せていた部分が変わると、同じ花の写真を見ても「なんであんなに嫌だったんだろう?」と感じたりもするので、侮れません。

選ぶ側の私もなぜか目について離れない花があって、それを見せると「嫌だ」と言われたり逆に「好きだ」と言われたり、なんにせよ反応があったりするので「花が教えてくれてるんだろうなぁ」と思ったりもします。

セッションをしているといつも感じるのは、お客様と私の二人だけではなく、そこには花たちも共にいるということ。

そうやって私たちをサポートしてくれている花たちからの、小さな声を聞き逃さないように。

心を落ち着けて向き合えるように、心がけていますが・・・・・。

さて、どうなんでしょうね。

いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2009-11-03 21:11 | フラワーエッセンス
<< マグワートのオイル 朝一杯の白湯 >>