するすると

友人達の間では「一人旅上手」と言われることがある私ですが、上手かどうかはともかく何度か一人でふらふら(危ない?)を繰り返すうちに自分なりの楽しみ方を覚えてきたのは事実です。ポイントは「決めすぎないこと」、これだけです。「旅先でこれだけ楽しめればOK」という目的を1、2個決めたら、あとは拘り過ぎずにその場を楽しむ、と言う感じでしょうか。

ところで、先日本当に久しぶりに「やすらぎの部屋」の美保さんにフラワーエッセンスを選んで頂く機会がありました。背中を押してもらえるようなエッセンスが欲しいと思って伺ったのですが、最終的に選ばれた4本のエッセンスには「ロックウォーター」と「ジニア」のエッセンスが含まれていました。「ああ!ロックウォーター」と思わず声を上げてしまったほど自分では思い付かなかった選択でしたが、でもそれは「そうか!それが必要だったんだ、忘れてた!」と瞬間的に納得してしまう程に今の自分にはぴったりのエッセンスだったのです。

 前に進もう。
 前に進まなきゃ。

そう思いつつ、どうしても前に進めなかったのは「ジニア」のように無邪気に楽しむ心と、「ロックウォーター」のように力を抜いて、川の流れがそうであるように、「ただそこに在る」ことを忘れていたのだなぁ、とエッセンスを前にして気が付いたのでした。

さて、そのエッセンスを飲み始めて1週間ほど経った今の私は、余分なことは考えず、ただひたすら自分の目の前に現れた出来事だけを見つめて日々を過ごしています。それはまるでハードル競争のようで、例え上手く飛び越えられなくてハードルを蹴り倒したとしても、顔を前に向け、ただただ目の前に現れるハードルを飛び越えていく、そんな流れの中にするすると入ってしまったようです。

なんて書きつつ、本当は「怖くなっちゃうから、余計なものは見なかった振り!」をしているのが正直なところ、なのでした。でもね、「余分なものは見ない」というのも、その時を楽しむコツ、のような気がしています。
[PR]
by sweetflowers | 2005-10-07 00:00 | フラワーエッセンス
<< 職人の渋皮煮 赤と青の間 >>