「信じられる自分」を未来に置いて

「人を信用できない」と話す人がたまたま続いたので、改めて考えてみました。感じたことは、「人を信用できない」のではなくて「自分を信用できない」と言う理由もひとつあるんだろうなってこと。

「こんなに良くしてくれるなんて、何かあるんじゃないか」

そう思う心の奥には、「私なんかに良くしてくれる訳がない」「私はこんなに良くしてもらえるほどの人間じゃない」という思い込みもあるように思います。

一方で裏切られたりすると、辛いという気持ちと同時に「やっぱりそうだった」という予定調和的な安堵感もあったり。「そうじゃなきゃおかしいと思ったのよ」というエゴの声が聞こえてくるような感じです。

実は自分は人から良くしてもらえる存在だ、愛してもらえる存在だと言うことを素直に受け止められる人は、自分を信じることができている人だと感じます。欠点があったり、良い人でなかったりしても、それでも自分は良いんだと思えると、つまり自分の評価を他人に委ねるのではなく自分で決めるという自主性があると、他人が自分にどう接しようがあまり気にならなくなります。

他人に評価を委ねてしまうと、他人が怖くなっちゃうんですよね。

それからちょっと乱暴な考え方ではあるんですけど、「別に裏切られたって構わないし、私は困らない」と自分に言い切ってしまう、という方法もあります。そういうと自分の中のエゴが慌てて「いや、あれも困るしこれも困る」と騒ぎ立てたりしますが、「そうだね。それでも別にどうってことない」と言い続けることで本当にどうってこと無いなって気持ちになってきたりするんですよ。

そうやって気持ちがフラットになったところで、選択し直してもいいわけですしね。

そして「別に私は構わない」と自分に対して言い切るのは、実は自分を信じているというメッセージを自分に送ることでもあるんです。「最悪なことが起きたとしても大丈夫な自分」を先に認めちゃってることになるので。

「信じられる自分」を未来に置いて、そこに向かって現実が展開していく。そんなやり方でもあるんです。



☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

8つのステージで、あなたの最大限の人生をサポート
フラワーエッセンス・セッション

受けたその日が、新しいあなたの誕生日
バーストラウマ・セッション

SweetFlowersのセッションメニュー


10月の人気記事TOP10です☆
1. 一見面倒見が良い親子関係の危険性
2. 恋愛レメディ!?
3. 未消化の感情が残っていると
4.婚活にフラワーエッセンスは使えるのか?
5. バーストラウマってご存知です か?
6. 悲しみを表現していく力
7. 好転反応について
8. 猜疑心で相手を見ること
9. 魂の可能性を思い描いていくこと
10. 時に「うんっ!?」と思うこと


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら → フラワーエッセンス・セラピー&ヒーリング SweetFlowers
[PR]
by sweetflowers | 2015-11-15 00:57 | 心のはなし
<< お客様の声~バーストラウマ・セ... 健全な男性性を育ててくれるフラ... >>