こころが柔軟になれば

先日、ふと思いついて窓に虹の絵を描いてみました。

水ぶきすれば消すことができる画材を使って、窓ふき前のいたずら書きです。

たった一つの絵を加えただけで、窓越しに見える景色が色鮮やかになりました。


今朝、まだ雪が残る路地を歩いていると、ある家の外壁に雪だるまが描かれた画用紙が貼られていました。
「屋根から落ちる雪に注意!!」の文字が書き加えられて。

上を見上げると、確かに積った雪が落ちて気やすような屋根。しかも3階建てなので、落ちてくる勢いが凄そうです。

よく通る道なのに、普段の私の目線では全く気が付かないことでした。

状況や視点が変われば、見えてくるものも変わります。

いつも同じだと思って、そこにある可能性に目をつむってしまっていませんか?

出来事も。
自分自身にも。

こころが柔軟になれば、見えてくるものも変わります。

d0018315_22052738.jpg










第二回プラチナブロガーコンテスト
「自由部門に応募します」



[PR]
by sweetflowers | 2018-01-29 22:08 | 日々のあれこれ
<< 自己無価値感から起こる「自覚の... 主体性とはなんなのでしょう? >>