対症療法を超えて、可能性を開いていく為に

セッションで目標設定を意識するようになったのは、アメリカにあるFES本部で行われたインテンシブセミナーに参加した時のことでした。

以来、クライアントを今の状態だけで捉えるのではなく、可能性と言うより大きな視点で捉えていくこと、そしてクライアントが気付いていない可能性を刺激し、人生の中に定着させていく為に漸進的に目標設定をし、クライアントの癒しの道のりを引っ張っていくことを心がけてきました。

先日の記事で実際にセッションで使用したカウンセリングシートをご紹介しましたが、この方は「お部屋をきれいにする」というのが目標のひとつでした。

仮に「お部屋をきれいにできない」理由を、「仕事が忙しくて、疲れてしまうから」とクライアントが答えたとしましょう。

その答えを聞いて、「疲れが軽減されるように」とオリーブのフラワーエッセンスを選んだり、「ぐずぐずして先延ばしにしてしまう心の状態を、前向きな意識にさせよう」とホーンビームやタンジーを選んだりするのは、その症状の根底にある感情に対してアプローチしているものの、あくまで症状をベースとして選んでいるという点で対症療法的と言えるかと思います。

一方で、「お部屋をきれいにすることで、この人は自分の中のどんな可能性を開花させようとしているのだろう?」と考えるのが、私が行っているアプローチになります。

この2つのアプローチを、ケースバイケースで使っていきます。

例えば、精神的にショックを受けている状態でいらっしゃった方には、まず最初にそのショックを落ち着かせるフラワーエッセンスを使って頂きます。この時には対症療法的な選び方をします。そして症状が落ち着いてきたら、包括的なアプローチへと切り替えていきます。

この方の場合、幼少期に母親と離れて育ったこともあり、母親とのスキンシップの体験があまり多くはありませんでした。

こうした方の場合、自分へのケアがおろそかになりやすい傾向が見られます。そしてそのことに気が付かないために、自分が疲れて気力が無くなるまで頑張ってしまうところがあるのです。

そこで、「自分を育む」意識を育てる(これは母性的な意識になります)マリポサリリーやスプレンディッドマリポサリリーといった母性をテーマにしたフラワーエッセンスをお使い頂くことにしました。

そして自分へのケアが適切にできるようになることで気力が充実し、結果的にお部屋をきれいにする余裕もできてくるようになるんですね。

こうした私が行うアプローチは、全てのケースに有効な訳ではありません。

特に即効性を期待する方には向かないなぁ、と思います。

けれど、私のセッションを受けて満足されている方達の反応を見ると、「自分が想定していたよりもはるか遠くにまで運んでもらった」と感じている方が多いようです。

こうしたアプローチは、セッションを始める最初の段階からプラクティショナーが意識的にクライアントの魂が持つ可能性の大きさを意識して、セッションの道筋を考えていく必要があります。それは今起きている症状だけに目を向けるのではなく、その人の内面のどんな部分・・・感情的なものなのか、肉体に対する意識なのか、思考の使い方なのかといった様々な要素を考慮しながらどの部分に働きかけることが必要なのかを包括的に捉えていく必要があります。

その内面の要素を8つに分けて、「この部分をこんな風に改善していこうね」と書いているのが、私がお渡ししているカウンセリングシートになります。

カウンセリングシートをクライアントに渡す際には、「この部分が変わってくると、こうしたことができるようになるよ」といった可能性も一緒に伝えるようにしています。

ご自身の可能性を、ワクワクしながら育んでいきましょう。

あなたの豊かな未来を創るために!

d0018315_23104020.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

人見知りだったり、人に心を開いてお話しするのが
苦手なあなたにおススメ
2018年4月のお茶会:人との出会いを充実させたいあなたに

あなたの豊かな未来を創り出す
Sweet Flowersのセッションメニュー

コラムを更新中
人見知りで傷つくのが怖いあなたに

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

[PR]
by sweetflowers | 2018-04-09 23:46 | フラワーエッセンス
<< 変化の道のりは人それぞれだからこそ 「変わりたい未来がイメージでき... >>