自主性には2つの段階がある

以前からちょこちょこ書いていますが、私は今サロンの運営と言う自分の仕事以外に、経営者団体の中で運営メンバーとしての活動も行っています。

今年の3月からはそこで立ちあがったある委員会のチームリーダーの一人として、自分自身を成長させていく日々を過ごしています。

「リーダーとして私は、どうありたいのか?」

そんなことを自問する時間も、増えました。

でも同時に、「実践の中でしか人の心を成長させていくことはできない」とも感じています。

さて、そんな実践の日々の中で、一番の課題となってくるのがチームメンバーにいかに自主的に動いてもらうか?というところです。

ただ単に仕事を振るのではなく、「どうしたらその人自身の成長に繋がっていくのか?」、「どうしたらその人にとってやりがいのある状況になっていくのか?」、そんなことを考えながら仕事をお願いしていきますが、必ずしも私が思う方向へと進む訳でもありません。

自分の伝え方が悪いのだろうか?
相手の本音を聞き出せていないのだろうか?
信頼関係を築けていないのだろうか?

そんな風に自らに矢印を向けて試行錯誤をしていくことは、気付きの連続でもありますね。

そして気が付いたのが、「自主性には2種類あるのだ」ということです。

1つ目の自主性は、「好きなこと、得意なことをしている時に発生する」ものです。

「早起きは苦手だけれど、ゴルフに行く時は苦もなく早起きできる」といった話しがありますが、これと同じ自主性ですね。

この自主性の段階ではわざわざ難しいことにチャレンジしようとは思わないですし、苦手なこと、大変なことを引き受けて成長しようとも思わないことが多いでしょう。人生で言えば、うまくいっていたり特に問題が無いと感じている時には、そこを敢えて飛び出そうとも思わない、そんな感じの状態です。

でも、人生は、というか人の心は面白いもので、成長したいと思うんですね。そして成長したいと思っているのにその人の中では今いる場所から出ていきたくないと抵抗を感じる時に、心はわざとバランスを乱すようなことをして成長するように働きかけるのです。

もやもやする。
イライラする。
なんだか訳が分からないけど不安。

そんな信号を出して。

そうやって成長をしたいと感じた時に、2つ目の自主性が生まれてきます。

つまり、自分の今までの枠組みを超えるために、苦手なこと、面倒なことにもチャレンジしていこうという自主性ですね。

リーダーになる人は、この2つ目の自主性を持っている人だと私は感じています。

そしてもっと言うなら、わざわざ心が信号を出さなくても、自らの意思でそこに飛び込んでいける人です。

これは2つ目の自主性の段階にいない人から見たら、とてもチャレンジングで怖いように見えるかもしれません。

でも自主性があると、そこは楽しい冒険へと変わっていくんですね。


あなたの自主性は今、どの段階にありそうですか?
そして、次の段階へと進んでいきたいですか?

進んでいきたいと感じたら、その方向へと運んでいってくれる心の力を信じましょう。

あなたの豊かな未来を創るために!

d0018315_10322917.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

本来の自分を輝かせて生きたいあなたへ

夏至の日の特別セッション

心を成長させ、あなたの人生を豊かにする
フラワーエッセンス・コンサルティング

21日間、毎日ワークを行うことで
自尊心を高め、夢を実現できるあなたになる
最高のワクワクをもたらす21日間プログラム


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

[PR]
by sweetflowers | 2018-06-17 08:34 | リーダーシップ
<< 心のプレゼントしていますか? 幸せな人は「区別」が上手 >>