夢のクレンジング

1週間ほど前。友人の家に遊びに行った際にその場にいた方がアメジストを持っていた。「良ければどなたか貰って下さい」という言葉に、ずうずうしいかな?と思いつつも「私欲しいです」と頂いてしまった。なにしろぱっと見た時に、とっても心惹かれる石だったのだ。そしてたまたまその場で話題に出たチャパラルのエッセンスが気になって、その晩飲んで寝てみることにした。

チャパラルは「魂のクレンザー」とも言えるエッセンスで、日常の中で知らずに受けている様々な情報を少しデトックスしたくなったのかもしれない。

そして眠りにつく際にふと気になり、頂いたアメジストを手にして眠りについた。

とにかく目まぐるしく夢を見た晩だった。くるくる回るコーヒーカップに乗っているような、というのだろうか。そのくせ朝目が醒めるとどんな夢を見たのかさっぱり覚えていない。とにかく目まぐるしく何かを見ていた、という印象だけが残った。そして不思議なことに寝る前に手にしたアメジストを、朝起きた時もしっかりと握っていたのが印象的だった。まるで磁石かと思うくらいに、ぴったりと私の手の中に収まって・・・。

翌日も同じように試してみることにした。その日もやはり目まぐるしく変わる夢を見て、そして朝起きるとやっぱりアメジストはしっかりと手の中に握られていた。まるで逃げようとして必死に何かを掴むように。

そして3日目の朝。起きるとアメジストは私の手から離れたところにコロン、と転がっていた。それから数日後。私は朝起きた時にやっと、その日見た夢を覚えているようになった。

多分、エッセンスを飲み始めた数日間は、自分の中に溜め込んだ不要な情報を夢の中で消化していたのだろうと思う。にしても、あの目まぐるしさは普段如何に自分が余分なものにさらされ、吸収しているかを表しているのかと思い、少しげんなりとした。

ところで手元にあった本をふと見てみたら、アメジストは安眠をサポートしてくれる石なのだそうだ。だとしたら、心惹かれたアメジストを手にした晩にチャパラルのエッセンスを飲み始めたのは、そんな風に石が私をサポートしてくれていたのかもしれない。
[PR]
by sweetflowers | 2007-04-15 21:49 | フラワーエッセンス
<< 斜めに切るか、縦に切るか 桜の季節に >>