2018年 09月 11日 ( 1 )

自己決定の有無が幸福感を左右する

西村和雄・神戸大特命教授(経済学)と八木匡・同志社大教授(経済学)が発表した日本人の幸福感に関する研究によると、


「日本人の幸福感には、会社や学校を自分で決める『自己決定』の有無が、
 『年収』や『学歴』よりも大きく影響する。
 『自己決定』は、『年収』の1・4倍の影響力がある。

 就職や進学を『自分の希望で決めた』人は最も前向きだったが、
 一方で親や友人など『周囲のすすめで決めた』人は、
 最も不安感が強く、前向きさに乏しかった。」

のだそうで、これは私が個人セッションを行っていても感じるところでもあるのです。

進学も就職も母親の言う通りに決めてきた人。
父親が怖いから、自分の意見は言わずに育ってきた人。
失敗しないように、そこそこできるラインを狙って行動を決めてきた人。
家族の期待を背負って、ただただ頑張ってきた人。

自分の「やりたい」を押し殺して生きてくると、いつの間にか自分のことが分からなくなってしまうんですよね。

自分のことが分からないから、とりあえず人から褒められそうなことをやってみるけど満足感が無い。
満足感が無いから、幸福感も感じられない。

つまりは、主体性があるかどうかで幸福感も変わるってことなんですよね。


さて、主体性を発揮する時、そこには責任が伴います。
リスクテイクが必要なんですね。

なので、主体性を発揮しない方が安全!と判断する場合もあります。

でもそれって本当に安全なのか?ですよね。

だって自分を押し殺して生きていたら、どんどんエネルギーが下がってしまいます。
心だっていつもなんだか「自分だけ損してる」「可哀想な私」なんていう犠牲者意識や自己憐憫でいっぱいで、ちっともワクワクしない。

心がワクワクしないということは、エネルギーだって十分に回らない訳ですから、どんどんマイナスのスパイラルに入ってしまいそうです。

これって自分のベースラインがどんどん下がっていくことですから、私からしてみたら怖いことだなぁと思うんですよね。


さて、じゃあどうしたら主体的になれるのか?なんですが、これは心の痛みを癒していくことが必要です。

心に痛みがあると、どうしても前向きになれなかったり、自分を被害者にしてしまったりするんです。
けれど痛みが無くなってくると、自然と心が自立していくんですね。

自立すると、主体的になってきます。

だから、幸福感を今よりも高めたかったら、心を癒していくことが大切なんですね。


「自立していく為に、どんな風に心を癒していったらいいのかな?」

そんな風に迷われた時は、ご相談にいらしてくださいね。

あなたの豊かな未来を創るために!

d0018315_21554099.jpg

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

花の魔法で、あなたの人生を今よりもっと豊かにする
心のライフデザイン・コンサルティング

毎月楽しみながら、あなたにあった豊かさをアップ

新月の豊かさアップヒーリング

21日間、毎日ワークを行うことで
自尊心を高め、夢を実現できるあなたになる
最高のワクワクをもたらす21日間プログラム


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

[PR]
by sweetflowers | 2018-09-11 07:06 | 幸せな人生を生きるヒント