人気ブログランキング |

2019年 05月 17日 ( 1 )

お互いの愛し方、愛され方を理解していますか?

「正直『なんでこんな人に?』と思うような人にだってパートナーがいるのに、こんなに頑張っている私にはパートナーができないんでしょうねぇ?」

そんなつぶやきが思わず漏れた、ある日のセッション。
でも、同じような想いを持ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

こうしたことへの答えの一つとして、「自己受容」がよく挙げられます。
つまり、「自分を受け入れることができると、他人からも受け入れられるようになる」といった理由です。

でも、実際のところそうとは言えないことも多くて、正に「人を愛するのに理屈は要らない」からこそ、私たちは愛し愛されることに戸惑いや恐れを感じてしまうのでしょうね。

さて、心理学者でもあり精神分析学者でもあるボウルビィによって確立された「愛着理論」というのがあります。

これは人と人との親密さを表現しようとする愛着(アタッチメント)行動に関する理論ですが、その後様々な研究がおこなわれ1980年代に入ると「大人のアタッチメントと恋愛」について研究されるようになってきました。
そして以下の4つのスタイルに分けられるようになりました。

1.自律・安定型
  他者と近い関係になることが比較的たやすくでき、

  「親しくなりすぎて大丈夫?」「なんだか孤独な感じがする」といった

  関係性に関する不安を持ちにくいタイプです。

  また他者を頼り、頼りにされることもごく自然にできます。


2.とらわれ型(不安・アンビバレント型)
  パートナーと常に一緒にいたがるといった

  非常に高い親密性や承認、応答性を求めます。

  「私が相手を思うほど、私のことは好きではないのではないのか?」

  といった不安を感じるタイプです。


3.拒絶・回避型(愛着軽視型)
  自立や自己充足が重要で、相手と一定の距離を取り、

  依存したり、依存させることは好まないタイプです。

  感情を抑え隠す傾向があり、

  拒絶することで相手と自分の距離を保とうとする傾向があります。


4.恐れ・回避型(未解決型)
  近い関係を求めているものの、
  近くなりすぎたら傷つけられるのではないかという不安があるタイプ。
  人から信頼されることに負担を感じるので、
  相手を完全に信頼したり、依存することが難しい傾向があります。

フラワーエッセンスを使って心が癒されてくると、1.の「自立・安定型」に近づいていきます。
なので、セッションでは通常この「自立・安定型」を目指していくようにしています。

なんですが・・・・。

誰だってそんな完璧ではないし、普段「自立・安定型」に見えたとしてもストレスがかかった時には他のタイプの傾向が強まる場合もあります。
それに、人って、人と人とのコミュニケーションを通して心が成長していくものでもあるのです。

つまり、自分が今どのタイプの傾向が強いのかを知ること、相手がどのタイプの傾向が強いのかを知った上で、お互いに認め合いながら心を成長させていくことがとっても大切なんじゃないかと私は思っているのです。

だってそうじゃなかったら、「完璧な自分」になるまでずーーーーーーーと一人ぼっちになりそうじゃないですか。


例えば、私は以前、「恐れ・回避型」の傾向が出てきたことがありました。

「不意にいなくなるのではないか」

という不信感が信頼感を上回ってくる感じですね。

なので、その時は素直に「そういうことを言われると不安になるんだよね」と自分が感じていることを相手に伝えます。

そこで「そうか」と受け止めてこちらが安心できるような方法を提案してくれる人もいれば、「面倒くさい人だな」となって距離を置く人もいるでしょう。

でも、それはそれでお互いが心地よい距離感で付き合っていけばいいと思っているのです。

自分が「とらわれ型」だと感じているなら、あらかじめ相手に「一人になると不安でたまらなくなるから、会えない時には一言優しい言葉をかけて欲しい」と伝えておくのもひとつの方法ですね。同時に相手に頼るだけではなく、自分一人で楽しめるものを探してみると良いでしょう。

「拒絶・回避型」であれば、お互いプライバシーを尊重するように気遣いながらも、時には素直に自分の気持ちを相手に伝えていくことを心がけてみるといった方法もあるでしょう。そう、自分の気持ちを伝えることで、自分も報われるんでよ。


また、こうした反応は関係性の中で生まれてきますので、いつも同じタイプの対応をするとは限りません。

「恐れ・回避型」の対応をとった私が別の相手とは「拒絶・回避型」の対応をとるときもあります。心地よい距離感があるので、そこを越えてこられると「ちょっと・・」となるんですよね。

そんな風に相手と自分との関係性の中で対応が変わってくる面もありますので、自分の思うように相手と接することができなくても、そこから目の前にいる相手とどういう関係性を作り上げていくかを考える方が、ずっと心の成長を促してくれるのではないかと思います。

そしてその時に大切なことは、変に大人の振りして「自分が我慢すればいい」なんてしないこと。我慢をしたら愛されるわけではないのです。

お互いのニーズを上手に満たしていく工夫は、自分も相手も大切にすることでもあるんですよね。


人は成長していきます。そしてその心の成長に合わせて、関係性も常に変わっていくのです。その時は距離をとった方がうまく行った関係性も、お互いの丁度いいタイミングでより親密になることもまた起きてくるのです。

そしてフラワーエッセンスを使って心を癒していくと、こうした自然に人間関係が成熟していくということを受け入れていけるようになります。
相手の成長を待てるようになるんですね。

でも、ここでも大人の振りして頑張って待とうとしたり、待つのが辛いと感じるなら、まずは自分の心の成長に取り組みましょう。


頑張って愛される必要もないし、頑張って愛する必要もない。

お互いがお互いの今を認めて、その上で自分と相手の成長を願っていける。
心が成長すれば、そんな本当の意味での「愛すること」が実現できる関係性が出来あがってくるんですね。

心は成長していきます。
だからこそ、色んな可能性を誰もが常に持っています。

より自由な心で、よりワクワクする人生を!
d0018315_11430441.jpg

更新を通知する


☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆

初めての方は、まずはこちらから
お試しセッション

花の魔法で、あなたの人生を今よりもっと豊かにする
心のライフデザイン・コンサルティング

☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆ ---- ☆


いつも読んで下さってありがとうございます。
宜しければクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ 人気ブログランキングへ

HPはこちら↓
自立した大人の女性のためのセラピールーム Sweet Flowers

by sweetflowers | 2019-05-17 12:32 | 美しく豊かな人生を生きるヒント