でっぱりはバランス

お仕事でグラフを作成される方もいらっしゃるでしょう。
先日、私も仕事で作成したグラフをお客様に提示したところ、中身ではなく、デザインで駄目出しをくらってしまいました。(はい、不意を衝かれました)理由は「ラベルがでっぱってないから目立たない」ということで、確かにグラフの枠内に収まるように配置されたラベルは、確かに目立たない。ラベルの役目を果たしていない、とも言えそうな感じ。

ある住宅メーカーのデザイン部門で働かれたことのあるその方の言葉に、思わず「なるほどねぇ」と答えてしまいました。

さて、でっぱることは確かに人目を惹きますし、それを効果的に使っていくことで逆にバランスの取れた美しさが作り出されたりします。それは私達一人一人についてもきっと同じ事が言えるのだろうなと、思います。一人一人のでっぱている部分を削ったり叩いたりして引っ込ませていくのではなく、上手に際立たせていく。そうすることで、逆説的ですが、全体のバランスが取れていくのでしょう。

そんな一人一人の個性を際立たせていくお手伝いをさせて頂ければと思い、この度フラワーエッセンスやその他のヒーリングテクニックを使ったセッションを始めることに致しました。詳細はメインサイトを立ち上げましたので、どうぞそちらをご覧になってみて下さい。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-11-10 19:09 | 日々のあれこれ

物の意思

最近、なにやら石と縁がある。思うに、6月に訪れた芦ノ湖近くにある水晶屋で買ったブレスレットがきっかけだったように思う。そのブレスレットはつけるとその周辺がほかほかと暖かく、しばらくの間私の右腕にいた。それからしばらくしていきなりレムリアとアメトリンがやってきたと思ったら、ターコイズの小さなジュエリーもやってきた。そして昨日。友人が以前からお世話になっていると言う自由が丘にあるお店で、新たなブレスレットを作って頂いた。

そのお店では叶えたい願い事を店主に伝えると、その願いをサポートしてくれる石を選んで作ってくれるのだ。私が3つ、願いを伝えると、店主はしばらく黙った後「最初の2つは大丈夫です。もともとお持ちになってるものですから。でも、最後の・・・・。これはうーん」どうやらまだタイミングではないらしい。いや、自分でもそうかなと思いつつ伝えたものなので、そんなに真剣に悩まれると返って申し訳ない気持ちになってくる。かくして約1時間後に組み合わされたブレスレットは、それでも3つの願いをサポートしてくれるよう最大限の配慮で選ばれたものが出来上がっていた。(本当に感謝!)目の前に出された石たちを見たとき、自分の気持ちにこんなに違和感の無い組み合わせがあるのだな、と感心してしまった。

ところで、先般の芦ノ湖で買ったブレスレットはどうなったかと言うと、しばらくして父の手元に行くこととなった。何の気なしに父の手首にはめた瞬間、「ああ、これはあげちゃってもいいや」と本当に強く自分の中から声が沸きあがってきたのだ。「これ欲しい?」と父に聞くと、両手でOKサインを作られてしまったら、やっぱり行くべきところがあるのだろうと思ってあげてしまった。

どうやら物には「そこに行きたい」という意思があるらしい。
自分が選んでいるようで実は選ばれているとしたら、なんだか不思議な気がしてくるのである。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-11-06 13:26 | 日々のあれこれ

リセットする言葉

社会人となって5、6年が過ぎた頃。後輩が退職するその日の挨拶で「楽しんで仕事することをモットーとしてきました」と話したことが、その時の私には結構衝撃的でした。

 果たして自分は楽しんで仕事をしてきたのだろうか?
 そんな気持ちで取り組むよう意識したことはあるだろうか?

遅ればせながら自分の仕事に対するスタンスを、改めて見つめ直させてくれる言葉だったのです。

その日以来、ふとした拍子にその言葉が思い出され、そしてそんな時は大概楽しんでいる余裕さえ失っている時だったりするので、思い出す度に改めてスタートラインに立ち直すような、今やそんなリセット力を持った言葉となっていたりします。

 なんで楽しくないのかしら?
 この仕事を楽しむ為にはどう考えたらいいのだろう?
 今起きていることをどう捉えなおしたらいいのだろう?
 どう行動していったらいいのだろう?
 どんな気持ちでいるようにすればいいのだろう?

そう。
楽しむと言うことはとっても能動的なことなのです。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-11-05 01:08 | 日々のあれこれ

こだわりを持って

今日はチャリティイベントのシルバーアーチ当日でした。ここ1ヶ月ほど忙しい日々でしたが、何とか無事終了いたしました。わざわざ足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。私自身、とても楽しい時間を過ごすことができました。

ところで、昨日同僚からテレビで宇多田ひかるさんがテレビで話されていたことを教えてもらいました。彼女は自身の歌を作詞される時、10年後も心に残る歌を作りたいと思って作詞をされているそうで、その為に一度歌詞が出来上がっても自分が納得するまで何度も見直し、そうして自分の中でこれでよし、と思えた時に初めて発表するのだそうです。

誰の基準でもなく、自分が定めた基準の中で、できうる限りクオリティの高い仕事を提供していく。彼女の歌が多くの人の心に響くのは、そんな意気込みが背景にあるのだろうなと、改めて刺激を受けてしまいました。

さて、本日のイベントでは、おかげ様で私の予想以上にたくさんの方々とお会いすることができました。そして皆さんを通して私が改めて感じたことは、その方の持っている可能性は、今、その人自身が思っているよりも遥かに大きい、ということです。そうしてその可能性を広げていくのは、他の誰でもなく自分自身が行動を起こした時のみ可能なことだと感じています。今日起こし頂いた方々に、それぞれのやり方でご自身の可能性を広げていく糸口を提供できたとしたら、本当に嬉しいことだと思っています。そしてそれは、私自身がヒーリングを行う上でただ一つの、とも言える位の願いでもあるのです。

一人一人の人が、その人自身の可能性を最大限に発揮して生きていく。

そのお手伝いができることを願って、私自身も宇多田ひかるさんを見習いつつ、こだわりを持って進んでいきたいと感じています。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-11-03 23:02 | 日々のあれこれ

快適のヒント

原田真裕美さんが書かれた本の中に、こんな話が出てきます。

 街を歩いていて、黄色や点滅信号ばかりに出くわす時。
 そんな時は渡らずに待つように。
 無理して渡ろうとすることに慣れてしまうと、
 そうやって焦って無理をすることが生活のあらゆるところに出てきてしまう。

多くをこなすことに価値を置いてしまいがちな慌しい日々を指摘されたようで、思わずドキッとしてしまいました。

何の気なしに行っていることが、実は自分の生活のあらゆるところに影響を与えていることって、やっぱりあるのだろうなと思います。忙しくなると部屋が乱れる、なんていうのがその典型で、忙しくても思い切ってエイヤッと掃除をしてしまうと、それまでばたばただったその他のこともスムーズに進んでしまったり。

自分なりに快適で幸せに過ごす為のヒントは、生活のあらゆるところに隠れています。そのヒントを楽しみながら見つけ出していく余裕を持ちたいと、本を読みつつ反省していた私です。
[PR]
# by sweetflowers | 2005-10-23 21:50 | 日々のあれこれ